30代前半と40代後半では求められるものが違う

転職 勘違い

 

キャリアや求められているものを『30代前半、30代後半、40代前半、40代後半』に分けて考えると良いかもしれません。
一括りに30、40代といっても、30代前半と40代後半のケースでは会社が求めるものや転職活動のプロセスなどがまるっきり違います。転職活動の予見も含め平均的な考え方を、5才刻みで年代別に整理すると有効かもしれません。

 

 

30代前半(30歳〜34歳)

 

転職市場に関しては、この年代より若い年代を対象とする求人情報及び転職件数が圧倒的シェアを占めますが、まだまだこの年代を対象としている求人情報は多くあります。この年代はプレイヤー単体としての実績・スキルの他に、着実にマネジメント能力が求められてきます。

 

通常であれば未経験職種に挑戦できるのはこの年代までと考えられています。組織上のマネージャー(課長)職位でなくても、プロジェクトマネージャー、またはチームリーダーなど、インフォーマルなものでも十分に売りになります。

 

30代後半(35歳〜39歳)

 

35歳を境に求人件数が大幅に減少しますが、幹部候補、そして次期リーダー候補といった、この年代に特化したものがあるのが特徴です。

 

この年代であれば企業はプレイヤー以上にマネージャーとしての経験をはじめとして、その実力に注目し、一般社員と経営者層との橋渡し役(中間管理職)という形で組織上のマネージャー(課長)職位程度の経験・実力を欲しています。

 

40代前半(40歳〜44歳)

 

仕事の専門性が高いレベルにないと、プレイヤー単体における求人情報は非常に少なくなるのが現在の状態です。応募可能ではあるのですが、この年代よりコストパフォーマンス、フットワークの軽さ、柔軟性、組織上の人的バランス等で若年層に選考で負けてしまう可能性が思いのほか高いでしょう。

 

たとえば、ある企業では40歳以上の管理職経験者を対象のメインとしているように、この年代でマネジメント経験がないと転職活動は苦戦するだろうと予測出来ます。人材を探している企業は組織上のマネージャー(課長)職位〜シニアマネージャー(部長)クラスの経験・実力を求めます。

 

40代後半(45歳〜49歳)

 

通常のキャリアであれば、ビジネス歴の集大成としてキャリアをまとめていく時期です。この層は優れたサラリーマンたちが流動しにくいので、企業の求人情報が出るケースだと、経営層に近い高待遇のエグゼクティブ人材募集か、または賃金が安価で誰でも可能な仕事の下層求人か、のいずれかで2極化してきています。

 

一般的に、企業はシニアマネージャー(部長)程度の経験・実力を求めます。この層の人材を扱う人材銀行によると、対象者を「概ね40歳以上の管理的職業、専門的・技術的職業に従事してきた方を対象」としています。

 

 

 

以上の様な感じですね。

 

上記のようなマネジメント能力がないケースだと、年相応の専門性・技術性が必須でしょう。いずれにせよ、30、40代は人材を探している企業から「即戦力」を期待されているように思いますので、選考過程でこの力が不足していると判断された際、ポテンシャル(潜在能力)はさほど加味されずに不採用となる可能性が大きいと考えておいてください。

 

今までと全然違う?最新の選考フローとは?就活生のごとくSP13を課すところも

30、40代の選考過程といえば、履歴書・職務経歴書において書類選考を行い、次に面接選考を行うというのが、一番オーソドックスなパターンでした。

 

ではありますがこの頃は、試験や課題を課すところも多くなっているようです。この背景には、書類、そして転職の際の面接では見破りにくい点を補いたい人材を探している企業側の思惑があります。たとえば適性検査。就活生のケースではは定番ですが、これを30代、40代の転職希望者にも受験させる動きが生じてきています。

 

これに関しては中学・高校レベルの基礎学力を問う能力検査と性格検査の2つで組み立てされていますが、ビジネスパーソンとして必要最低限備えておくべき学力すら乏しい人がいて、転職して入社した後になってからミスマッチが発覚し問題化していきます。こういった転職者を事前に除外するために、30代、40代の転職面接者にも課す動きが出ているのです。

 

転職には言い訳無用、すぐ対策を!

『今さらこんなテストって、意味があるのか?これまでの実績や経験が重要ではないのか?』という気持ちは重々わかりますが、採用権限は企業側が100%です。

 

文句、不平を言っても仕方がありません。適性検査が課される多くの企業に受かりたければ、テスト勉強をするだけです。言い訳をつくって何とか避けようとし、即座に勉強に取り掛かる行動力、あるいは勉強を続ける継続力に欠けているから、仕事の転職が決まらないのです。

 

むしろ同世代のライバル達も同様に回避傾向にありますから、抜きに出る勝負どころなのです。今までと選考フローが違うからといって、避けることなく、逆にライバル達を蹴落とすチャンスととらえて取り組んでみてください。

 

【30代、40代からの転職!】今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由


厳しい30代、40代の転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと断言出来ます^^


転職エージェントは、無料で活用出来て、30代、40代の転職条件の厳しい状況においても、それぞれにフィットした良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


『特技、スキルの無い30代、40代の転職希望者』でも条件が少しでも良い所で働ける様に全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


全国各地において職業を転職したいのであれば『リクルートエージェント』がイチ押し!


『30代、40代の方の今よりもいい条件で』の転職を検討中であるのであれば、管理人がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』となります。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>



リクルートエージェントは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、普段知ることの出来ない非公開求人を一番数多く取り揃えており、給料、ボーナス、年収などは勿論の事好待遇の企業の求人情報が集まっていることが特徴ではないでしょうか。


年収の増収、待遇アップに対してはうってつけの転職エージェントだと言えます。


大企業の関連会社など、業績が長年安定しており、景気に左右されない、好待遇の求人情報がほとんどで、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接についての受け答えに至るまで念入りに取り組んでくれます。


非公開求人に対しては優良求人が豊富にありますので、リクルートエージェントにお願いする事によって思わぬ働き口と出会える事があることも考えられます。



30代、40代は新卒や第二新卒と比べると不利ですが、強みも当然ありますので、その部分を活かすのは、いかにいい転職エージェントに登録し、利用するかという所だと思います^^


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>

 

関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。
40代の転職を上手くヤるために必要な心構えについて
40代からの転職で上手くヤるために必要な心構えについてです。どういった意識を持てば転職が成功するのでしょうか?
30代と40代の転職市場の昔と今について
転職市場も一昔前と比べて大分変わってきています。どのような変化が起こっているのかも知ることが大変重要な事です。