転職エージェントは誰でも登録出来るとは限らない

転職エージェント デメリット

 

転職エージェントはだれでも無料エントリー出来るというわけではないです。転職エージェントは1人転職させることによって、高額のコミッションを転職先の企業からもらいます。(報酬の35%)

 

>>転職エージェントの利用料が無料の理由と、求人サイトとの違い

 

そのため、あまりにもビジネス歴が悪すぎる転職者の場合であれば、転職エージェント側が『エネルギーをかけるだけ無駄』とジャッジして、転職エージェント無料エントリーの段階で拒否されてしまうこともあります。以下に詳しく説明したいと思います。

 

どんな人が転職エージェント登録審査に落とされる?

 

30代、40代の職務の経験がない方であれば不安だと思います。決して全ててではありませんが、落とされる確率が高い人には特徴があると考えられます。

 

  • 年齢の割りに仕事の転職回数が多い
  • 転職前の職歴がすべて短い
  • 30代に入ってくると、主任等の役職職務経験が求められる
  • その他、職務経験等のウリが無いケースは厳しい

 

このような特徴を持つ転職者は、残念ながら転職エージェントからしても、手間ヒマかけても転職(転職エージェント側の売上げ)させる事が非常に可能性が低い、と判断されてしまう可能性が考えられます。

 

 

転職エージェント側も売り上げを達成させるために、あなた自身ではウリではない良い点さえも拾ってくれるという可能性もあります。

 

 

ですので、『どうせ自分なんて、、、』と勝手に思い込む必要はないのですが、もし上記のような項目に当てはまるのであれば、厳しいかもしれませんがこれから相当頑張らないと今後については暗いと思ったほうがいいです。

 

 

上記の特徴にあてはまる人は、まずはそんなに背伸びをして理想を高く持たないことです。まず、仕事を変える事についてじっくりと理解して、あなた自身がどういった立ち位置なのか、あなたのポジションがどういった感じなのかを正確に把握する事が大事です。

 

 

最初は自分の給料は度外視して、職歴を上げると思って、転職の際の面接であなた自身から低賃金を提案するという風にして、一歩一歩職務経験を転職する企業で積んでいくというくらいの努力や気合い等が要求されるのかもしれません。

 

 

 

最初から転職する企業の理想で大企業・高賃金は厳しいですので、取り敢えず勉強させてもらうつもりで自分の給料は度外視、そのような感じでチャレンジする方が、30代や40代であれば仕事の転職はうまくいくことががほとんどだと思います。

 

 

そうして新天地で頑張り、何かあなた自身のウリを生み出すことができたら、次からはもう少し上の処遇・働きたい企業に転職することも不可能ではないです。

 

 

30代、40代のケースでは、『この仕事の転職がラストチャンス!』と思い、気合いを挿れすぎてどんな事柄でも好条件を求めてしまうものなんですが、まず一歩一歩地に足の着いた就職活動、仕事の転職活動を行う事が重要です。

 

:

転職エージェント お勧め


関連ページ

転職エージェントのメリットについて
30代、40代が転職をする際、転職エージェントに登録することは必須です。メリットについて書いています。
転職エージェントのデメリットについて
転職エージェントに登録するデメリットはあるのか?いいことばかりではない??
転職エージェントが無料の理由と、求人サイトとの違い
なぜ私たちは転職エージェントを無料で利用することが出来るのでしょうか?その仕組みと通常の求人サイトとの違いについて説明します。
転職エージェントが非公開求人が多い理由を教えます!
魅力的な『非公開求人』が転職エージェントには沢山。でも、キャリア豊富な人に知って欲しい求人が、なんで非公開求人なんでしょうか?
複数登録が基本!理由と選び方
転職エージェントの登録は複数が基本です。その理由と選び方について。