経理の転職は簿記

転職 経理

 

ここ数年企業のアウトソーシング化が進み、経理の正規雇用社員の募集人数は少なくなっているのではないでしょうか。

 

 

 

経理の仕事は営業と比較してノルマに追い立てられるような事は少なく、月末とか決算時期は忙しいものの、時間外業務が少なく、転職に関しましてもつぶしの効く注目されているポジションではないでしょうか。

 

 

 

しかし、30歳を越えると決算書が読めるレベルのハイレベルな経理、あるいは中間管理職ランクの求人だけしか無いことが多く、そんな簡単には正社員登用が見つかりません。

 

 

 

簿記2級だけの場合ライバルもたくさん、競争倍率の高い経理における正社員登用は困難だと思います。

 

 

 

ライバルと開きをつけて経理においての転職の内定率を上昇させる重要な最短ステップは、やはり簿記2級を上回る資格ではないでしょうか。

 

 

 

実務経験も重要な条件ではありますが、ワンランク上の経理職という身分で転職した方が、ライバルも少なく、給料、待遇面共にベストです。

 

具体的にどういった資格を取ったり持っていれば経理の正社員になりやすいのでしょうか?

 

英語中級(TOEIC600点以上)+ 経理はニーズがある

 

転職 経理

 

商社とか貿易、外資系の企業であると、英文に関してのコミュニケーションややり取りが不可欠ではないかと考えます。

 

 

経理を生業に取り組んでいる求人者で、英語が自信を持っている正社員は限られており、思っているほど簿記とTOEICの両資格を持っている人はあまり多くないです。

 

 

 

TOEIC600点クラスであれば、3〜4ヶ月の学習で習得可能だという事です。ほんのその分だけで、転職における内定率がグンと上昇します。

 

 

 

経理と英語の能力を保持している人は、会社も正規雇用社員といった形で欲しがっていると推定しますし、際立って都心以外の地方だとしたら、ぐっと競争率が落ちます。

 

 

 

外資系の工場とかテクノロジーセンターと叫ばれているものは千葉や埼玉など都心の外に存在するのが数えきれないほどあり、能力のある求人者は都心に集められる為に、意外な穴場だったりするのです。

 

 

 

英文経理だとしたら条件も年収400万以上が土台で、英語を用いるといっても現実的にはメールにおけるコミュニケーション程度となっておりTOEIC600点などで申し分なくフィット出来てしまうということです。

 

 

 

海外営業と比較してバリバリ英語を喋って交渉実行するような場面は、考えているほど有りません。

 

 

TOEIC800点を超してくるなると、一層上位のポジションに就くということが可能となりますし、収入も年収500万より更に多くなってきます。

 

 

 

経理の仕事経験を持っているなら、英語はチャレンジしてマイナスはないと断言します。英語力の保持のための学習は必須条件ですが、年収の増収&転職のチョイスが大幅に広がります。

 

 

 

英語を勉強するだけで、不安定で年収300万円代の非正規雇用の経理とは比べ物にならないくらい、あなたの市場価値はアップするでしょう。

 

:

 

■資格簿記1級 + 実務経験で経理を自分のものにする

 

簿記2級は経理に限って言えば必須の資格で、言ってみれば運転免許みたいなものですが、簿記1級と言われると難易度がグンと困難そうになり、資格保持者はあまり多くないのではないでしょうか。

 

 

 

それに見合うだけの恩恵があり、転職に限って言えば簿記1級を保持していると会社からしたら喉から手が出るくらい手に入れたい人材だと断言できます。

 

 

 

実務経験が不足していると、簿記1級を持っていても効果がないと考えますが、非正規雇用と言っても経理の実務経験+簿記1級があるとすれば、正社員という形で転職するのは簡単ですし、出世することの道も一層広がります。

 

 

 

それを上回るキャリアとなると、公認会計士になってしまいますが、そこまでいけば独立もありますので、経理のキャリアという形では最高峰ではないでしょうか。

 

 

 

簿記2級持ちの経理は大勢いるのですので、一口に言うと代わりは驚くほど存在する現実です。非正規雇用となれば条件も雇用も不安定である故、早めに職業能力向上を準備するべきではないでしょうか。

 

■経理に頼りになる転職エージェントを使おう

 

とはいえ、上記みたいにTOEICとか簿記1級を持っていても、理想的な人材募集を探し出しられなければ意味がないと言えます。

 

 

 

ある会社の経理人材募集は、定時上がり、年休125日、年収400万以上と条件がすばらしく、求人規定も簿記2級&TOEIC600点以上と緩めでした。

 

 

 

しかしながら、手を挙げる人は3名だけしかおらず、正味3分の1で転職出来るというようなケースだったと聞きました。

 

 

 

大手求人サイトは、言うまでも無く希望者の母数が多く勝ち残るのは簡単ではないと言えます。採用したい人数も沢山いる分、ブラック企業も混じっており、取捨選択は難しいでしょう。

 

 

 

イチオシなのは、経理に強い転職エージェントで職場の変更活動を行うことではないでしょうか。経理に強い転職エージェントは、経理の求人母数が多く、エージェントも経理のプロフェッショナルという理由で合格をする人材募集、好待遇の人材募集、キャリアアップ可な社員募集など多様な要望に適合できることになります。

 

 

お薦めの転職エージェントはDODAでしょう。

 

転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

 

DODAは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を一番たくさん扱っており、年収や好待遇の会社の社員募集が集まってあることが特徴ではないでしょうか。結果として、好条件の人材募集を見つけることを希望しているならうってつけのエージェントとなります。

 

 

 

大企業の関連企業など、業績が安定しており給料の高い求人が当たり前で、更にはエージェントのアシスト体制も書類作成から面接における受け答えに至るまで念入りに対応してくれます。

 

 

 

加えて、人材募集は予めエージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業や職場環境に問題の見られる会社、いわゆるブラック企業の人材募集に引っかかる心配もないと断言します。

 

 

 

就職活動は不安な事が当たり前ですし、右も左も把握していないケースだとしたら、どう取り引きして自分を売り込むことが最善なのかわからないものです。

 

 

 

大手転職エージェントに無料登録しておけば、担当エージェントに多種多様カウンセリングとか質問ができますので、精神衛生上もグッと何の問題もなくなるに違いありません。

 

 

 

もっと言うなら、非公開求人には優良人材募集が数えきれないほどありますので、DODAを活用する点で思わぬ人材募集と出会える可能性があるのです。

 

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

 

:

転職エージェント お勧め


関連ページ

営業職から経理、畑違いの業種への転職は可能なのか?
営業があまり得意ではない、、という男性が、経理の業種へつきたい、、と思っている場合、転職は可能でしょうか?
正社員で働いている人が辞めたいと思った時の優先順位
正社員として働いている方が、優先順位として何を考えるべきなのか?
人見知りは営業はむいてない??転職出来ない年齢になる前に考えよう!
転職を有利に出来る時に、自分の性格に合った職場を探す努力をしましょう。
転職の際考える事|夢を持ち、そして自分を知ることから始める
転職の際、自分の事をしる事が大事です。そして、なぜ転職するのか?そこを明確にしておく必要があります。
転職の時の自分の長所の活かし方|会社都合での転職の際の考え方
転職の際、自分のセールスポイント、そして会社都合で会社を辞めた際の考え方について。
手取り20万以下でも結婚できる?ボーナスが無い会社に入ると未来がない
手取りが万円以下の男性は、結婚が出来るのでしょうか。ボーナスがない、もしくは寸志の場合お先真っ暗だと言えるでしょう。
仕事にやりがいが持てない、、そういった新入社員はさっさと転職すべき
新入社員が仕事にやりがいがない、、これは色々な理由があると思いますが、その理由が正当な理由であれば、転職を視野に入れるべきです。第二新卒転職は強いし、年々不利になっていくからです。
オタクや非リア充が働きやすい就職口、転職先とかあるのか?
人とコミュニケーションを摂るのがストレス、、という様な非リア充の人が働きやすい就職口について。
会社説明会の質問でNGな質問とは?聞いていいこと、駄目な事
会社説明会や企業説明会などで、質疑応答がありますが、暗黙のルールとして聞いては駄目な事が存在する事を知っていますか?
英語を活かした就活、英会話は武器になる!英語を武器にしたいからコレ!
外資系の転職、大企業の就職の場合、英語はスゴく武器です。ぜったいに有利ですが、その英語を活かす就活をするにはどうすればいいのでしょうか?
高卒のフリーターでも正社員になれる。目標を持って就職活動をしよう
高卒でフリーターとして働いている方は、自分は一生正社員とか、福利厚生が恵まれている職場へ働くことが出来ないと思っていると思いますが、そんな事はありません。
萌え絵師、プロ絵師になるにはどうすればいい?転職や専門学校について
若者に人気のプロ絵師になる為にはどうしたらいいのでしょうか?転職、または専門学校などについての情報。
退職後にするべき保険の事、社会保険、国民年金など
退職した後、まずは保険についての知識を知ることが大事です。国保などについて書いています。健康保険の手続き『国民健康保険』か『任意継続被保険者制度』を選択します。