スポンサードリンク

転職の際の上司への報告など

転職円満退職

 

仕事の転職をする際、絶対通過する経路として、在職していた今までの会社の『退職』があると思います。退職願を提出し受理されてから『退職』となるんですが、退職願を提出する際に上司とごたごたが生じやすいのです。

 

 

ですから、上司には早めに話し合いという形で報告をすることをお勧めします。社内規定で『退職は退職日の1ヵ月前に告知』なんていう風になっている場合は、それが切り出す目安となると思います。

 

 

しかし、業務の引き継ぎを理由にひと月前では厳しいケースもあります。相談は、勤務時間外に『プライベートな相談があるのですが』ともちかけ『熟慮した末の答え』という言葉で職の変更の覚悟が固いことをはっきり伝えることが大切だと思います。上司には、『脅迫型』、『泣き落とし型』、『改善型』の人間性があります。

 

けじめであるため退職願はきつちり書こう

 

今まで働いていた会社に退職の意思を正式に伝える手段が『退職願』です。上司に退職の意識を伝えてあったとしても、『退職願』といった文書を提出しなくてはなりません。

 

 

『退職願』が出ないと今までの会社として発表ができません。『退職願』については決まった書式があるから、円満退職のためにも、書式通りに書いておきましょう。

 

  • 表題は『退職願』とする。『退職届』『辞表』は避ける。
  • 書き出しは『私事』『私儀』。下段に置くことで、へりくだりを見せる。
  • 『一身上の都合』で仕事の変更理由は詳しく書かない。
  • 退職予定日を明記。規定にに対して1ヵ月後に合わせる。元号使用。
  • 届け出年月日を記入。書いた日ではなく、会社に提出する日とする。
  • 正式な部署名を記載する。社内用略号というものは使わない。
  • 氏名はあて名に対して下方に書き、押印する。
  • 提出するのは直属上司でも、あて名は最高責任者の社長。敬称は殿。

 

転職エージェント お勧め


 

引き継ぎ、財務処理のスケジュール

 

退職日が決めれば、上司と引き継ぎに関してミーティングしましょう。退職1ヶ月ほど前から1週間前で仕事内容の引き継ぎをし、引き継ぐべき事柄を整理し、スケジューリングした方が良いでしょう。

 

 

引き継ぎに万全を期して臨むことを狙うなら引き継ぎノートを作成すると有効です。仕事の内容や手順、資料の保管場所から収集方法まで、出来る限り詳しく記したノートを作成し、これをもとに対象に説明します。

 

 

さらに引き継ぎチェックリストに説明漏れを阻止するためV印をつけましょう。引き継ぎが済んだら、そのノートを後任者に渡すことをお勧めします

 

口引き継ぎの手配を上司にお願いする
口引き継ぎノートを作成する
口細々した雑務全体と社内での位置づけの説明
口業務内容についての細部説明
口個別業務の注意点と進捗状況
口個別業務同士の優先順位
口個別業務ごとの揉め事発生例と処理法
口個別業務ごとのこれからの見通し
口必要書類・資料の所在、保存法と実践法
口書類の書式と書き方
口参考図書・雑誌・新聞等情報源
口仕事内容に伴う人脈(社内・社外)
口取引先別仕事の経緯と仕事内容のポイント
ロ取引先別担当者の人柄・好み・接待に使用する店
口取引先別起きやすいゴタゴタと対処法
口先輩、それに上司の性格とつきあい方(社内)

口あなた自身の退職後の連絡先
口これらをまとめた『引き継ぎノート』を提供する
口残る在職期間の職務のスケジュールを調整する
口後任者を連れて挨拶回りを行う
口挨拶状を印刷

 

後任者を連れての挨拶回り

 

後任者を連れての挨拶回りは、社内の関係部署に限らず、社外のお得意様をはじめとして、関連・協力会社、仕入れ先などに大変重要です。

 

頭に入れておいてほしいことは、後任者を立て自分は脇役に回る部分なのです。後に人脈をつなげるねらいのためにも、挨拶回りは欠かせない仕事なのです。

 

1週間前になった時点で挨拶状づくり

 

仕事を辞める1週間前になったら、在職中にお世話になった面々にお礼の挨拶状を提出する準備を始めましょう。普段はもちろんの事つきあいのある人だけではなく、名刺を交換しただけの会社員、疎遠になっている人にも出しましょう。これが足掛かりでつきあいが復活するかもしれないし、新しい人脈が広がることも考えられます。

 

仕事を辞める当日に笑顔で挨拶するために最後まで気を引き締めていこう

 

−返却すべきものは返して、必要なものは受け取る
職場を去る当日は早めに出社し、デスクやロッカー周りを清掃してください。会社から貸与された備品は机の引き出しに収め、書類をはじめとして、情報の入ったディスクなど機密に関するものは、後でごたごたにならないよう、とくに配慮して返納しましょう。

 

 

今までの会社から支給されて、退職にあたって返さなければならないものは、担当部署に返却おこないます。たとえば、健康保険被保険者証、身分証明書、社員証、鍵など、名刺も余っているモノは返却し、通勤定期券は仕事を辞める日までに清算することをお勧めします。

 

 

新しい職場の会社に提出しなければならないものもあるから、今まで働いていた会社からは

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 離職票

の4種の書類を、しっかりチェックしてみて受け取りましょう。

 

 

全部が終わったら、上司や職場、お世話になった人たちに笑顔で挨拶しましよう。

 

 

転職先の会社が決まっていない時は?健康保険・年金・雇用保険の受給手続きをしよう

 

退職はしたが新しい仕事場が決まっていないというケースだと、すべきことがいっぱいあります。今まで勤めていた会社を辞めると、加入していた健康保険から脱退する必要があります。

 

 

脱退の手続きは会社がやってくれますが、その先はどの保険に入るかはあなた自身で決め、手続きをします。しかも『任意継続』を選択することができるのは20日以内の期限つきなので急がなくてはなりません。厚生年金からも脱退します。

 

 

仕事を変わる事(転職)の予定がなければ国民年金に加入するのが通常です。雇用保険の受給の登録もしなければなりません。これにはいくつか持参するものがあります。

 

  1. 雇用保険被保険者証
  2. 離職票
  3. 住民票または運転免許証
  4. 写真
  5. 印鑑
  6. 普通預金通帳

 

の6つです。これを持ってハローワークに行き、所定の手続きをしていきます。ここで受給資格が認められると、自己都合退職のケースでは、4ヵ月先に失業給付が受けられるのです。

 

 

その年のうちに再び就職が決まらないケースだと、翌年の確定申告をすれば、還付が受けられます。それらを待つより、新しい職場を探して早めに仕事を転職しましよう。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

関連ページ

転職を決めて退職する際の注意点|円満退職と辞めるタイミング
どのタイミングで会社に報告するのか?どのタイミングで転職活動をするのか?そういった悩みについて。
退職した後の税金の手続きと確定申告について
退職した後、確定申告や税金について。どういった手続きをしていけばいいのでしょうか?詳しく書いています。
転職の前に退職準備、辞める前に注意する事やヤるべき準備について
転職する際に、まずは会社を辞める準備をする必要がありますが、どういった所を注意する必要があるでしょうか?