転職が有利に出来る時期に、自分の適性をしっかりと見極める

自分の業種に対して適正なのか??生まれ持った性格なども関係すると思いますので、まず自分の性格を理解して、自分にあった業種なのかという部分を考えておくことが大事です。

 

営業 転職

 

もちろん、年齢的に若いほうが転職などでは条件が有利ですので、一度立ち止まって考えてみるという事も大事なのかもしれません。

 

 

良く人見知りとか内向的な性格の人間は営業が出来るのか? と聞かれますが、元々人見知りのケースでは見知らぬ人と出会うタイミングがたくさんある営業はストレスマックスなお仕事ではないでしょうか。

 

 

 

無口であっても愛嬌があったなら売れる、人見知りというものは克服出来る、といった精神論が通っていましたが、実際、人見知りの人間においては営業は鬼門となります。

 

 

 

経理とか総務など社内の人間と対応する事が色々ある部署のケースでは、人見知りであっても人間関係がある程度、固定化されており、営業の仕事のように他社の担当者と人脈を考えることが重要でありません。

 

 

 

営業職と広報は人見知りに向かない職業だと思います。
『しかし、数を重ねていけばいい事が見られるかも?』
と考える人間は一刻も早く真実を認めるべきだと思います。

 

 

 

何故かと言うなら、人見知りが営業の業種に向かない要因は単純明快である為です。

 

営業の仕事には断る技能が必須

 

営業職は取引先の条件に対しては、無理な場合は無理といわなければとんでもない事が起こります。ところが、人見知りは断るといった事にとてつもないプレッシャーを感じます。

 

 

 

気兼ね無い関係のケースではやんわり断るとい方法も不可能ではありませんが、ビジネスの場においては、歯に衣着せずに駄目なものは駄目!!と言わなければ場面において曖昧な行動をとれば、最悪のケースでは、取引先を激怒させてしまうのではないでしょうか?

 

 

 

人見知りは自分の意志を言えないと言う甘えを持ち、、周囲から守られてきた傾向が多いと思います。これに関しては女性に限らず男性もそうなので、自分の条件を察して貰えないととてつもないストレスを感じる性質が考えられます。

 

 

 

ビジネスに於いて、社内であればとにかく、外部の得意先に『察してくださいよ、内気なんですよ、人見知りなんですよ』とはいえません。さしあたって条件をぶつけあいネゴシエーションしていく営業の仕事には不向きではないでしょうか。

 

人見知りは初対面の人と話し合いするのに緊張してしまう

 

人見知りにおいては、熟知していない人を尋ねるシーンや、ショップに入る等の行動の部分には緊張が絶対条件だと思います。緊張と言われるのは相手に対しても伝わりますし、距離を置かれるといったことも当然です。

 

 

 

ターゲットのふところに飛び込むというプロセスがキーポイントとなる営業の業種に限って言えば、強すぎる警戒心とかプレッシャーは足かせとなります。

 

 

 

更には、いくらお喋りな人間につきまして、人見知りのケースではプレッシャーのためにほとんどコミュニケーションが進みません。ひと際他社の人間の場合、似たような話題を発見するのも困難で、そんな簡単には口火を切るコトが無理です。

 

 

 

ビジネスですから、淡々と話せばベターとイメージしても、人見知りは初対面の人間の前で失態を晒す事を極端に嫌がります。

 

 

 

取引先から見れば『ダメな人間だなあ』『何か任せるのは不安だな』と不信感を与えてしまって当然です。

 

人見知りの営業職の場合、ストレスを蓄積しやすい

 

取引先に『察して貰えない』。社内においても『察してもらえない』となると、もうどうしようもないと思います。人見知りが営業の仕事をやり続けていても、カフェなどでサボるようになるというプロセスが落ちではないでしょうか。

 

 

 

性格は変えられる、と自己啓発の本とかセミナーで散々言われますが、成人するに至るまでに培った価値観あるいは性格はそう簡単に変わりません。

 

 

 

努力のお蔭で変えられる人間も存在するでしょうが、全部の人間が努力において克服出来るというのは思えませんし、サクセスストーリーばかりじゃないと思います。

 

 

 

人見知りを克服する事が出来た人の影などで、数えきれないほどの人がフィット出来ず鬱病になったりして退職をしているのです。

 

 

 

人見知りと営業の仕事は相性最悪ではないでしょうか。どうしようもないのですが、文系と言う理由で営業の業種、という固定概念でにおいて就活とか職の変更を行なってしまった人はたくさんあり、全国の就活において『自分自身の性格で仕事内容にフィット出来るか』と考える着眼点が抜け落ちていると断言できます。

 

 

 

部署異動も有名企業以外はずいぶん単純にはいかないですから、早めに職場を変えることで営業の仕事から逃げる事をお勧めいたします。

 

 

 

体育会系のバリバリの人は『即退職するな!!変われるって!!チャレンジしてみろ!』と無責任に叫びますが、できないものは難しいでしょう。自分自身のウィークポイントを克服出来るパワフルな人ばかりだとは限りません。

 

 

 

仮に人見知りなのに営業の業種になってしまい、辞めたいと検討しているのであれば早めに仕事の変更の準備をしましょう。変わりたい、変われるかも、という様な考えはやがて『変わらなきゃ』『私自身が悪い』と自己嫌悪につながり、メンタル的に病んでしまって当然です。

 

 

 

無理をせず、自分に合った仕事を探していきましょう。転職出来るチャンスはいくらでもあります。

 

私が悪い、ではなく、適正がないから別の仕事にしよう、という風に考えましょう。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?

関連ページ

営業職から経理、畑違いの業種への転職は可能なのか?
営業があまり得意ではない、、という男性が、経理の業種へつきたい、、と思っている場合、転職は可能でしょうか?
正社員で働いている人が辞めたいと思った時の優先順位
正社員として働いている方が、優先順位として何を考えるべきなのか?
転職の際考える事|夢を持ち、そして自分を知ることから始める
転職の際、自分の事をしる事が大事です。そして、なぜ転職するのか?そこを明確にしておく必要があります。
転職の時の自分の長所の活かし方|会社都合での転職の際の考え方
転職の際、自分のセールスポイント、そして会社都合で会社を辞めた際の考え方について。
手取り20万以下でも結婚できる?ボーナスが無い会社に入ると未来がない
手取りが万円以下の男性は、結婚が出来るのでしょうか。ボーナスがない、もしくは寸志の場合お先真っ暗だと言えるでしょう。
仕事にやりがいが持てない、、そういった新入社員はさっさと転職すべき
新入社員が仕事にやりがいがない、、これは色々な理由があると思いますが、その理由が正当な理由であれば、転職を視野に入れるべきです。第二新卒転職は強いし、年々不利になっていくからです。
経理の転職|有利に正社員になるのはTOEICや簿記一級が近道
正社員を狙う転職の経理の方は、TOEICや簿記一級を習得すると有利になります。
オタクや非リア充が働きやすい就職口、転職先とかあるのか?
人とコミュニケーションを摂るのがストレス、、という様な非リア充の人が働きやすい就職口について。
会社説明会の質問でNGな質問とは?聞いていいこと、駄目な事
会社説明会や企業説明会などで、質疑応答がありますが、暗黙のルールとして聞いては駄目な事が存在する事を知っていますか?
英語を活かした就活、英会話は武器になる!英語を武器にしたいからコレ!
外資系の転職、大企業の就職の場合、英語はスゴく武器です。ぜったいに有利ですが、その英語を活かす就活をするにはどうすればいいのでしょうか?
高卒のフリーターでも正社員になれる。目標を持って就職活動をしよう
高卒でフリーターとして働いている方は、自分は一生正社員とか、福利厚生が恵まれている職場へ働くことが出来ないと思っていると思いますが、そんな事はありません。
萌え絵師、プロ絵師になるにはどうすればいい?転職や専門学校について
若者に人気のプロ絵師になる為にはどうしたらいいのでしょうか?転職、または専門学校などについての情報。
退職後にするべき保険の事、社会保険、国民年金など
退職した後、まずは保険についての知識を知ることが大事です。国保などについて書いています。健康保険の手続き『国民健康保険』か『任意継続被保険者制度』を選択します。