新卒、第二新卒が覚えるべき自己PRについて

新卒社員 第二新卒 就活

 

就活マニュアルには結構『コミュニケーション能力をアピールしよう』などと書かれていますが、新卒や第二新卒の人が、就職活動をする、あるいは転職する際、この通りにする方がいいのか?

 

転職エージェント お勧め


 

就職活動のケースでは、ひときわ新卒、第二新卒は就活成功マニュアルに従って『会話スキル』を自己アピールしがちではないでしょうか。

 

 

 

間違いなく、日経新聞のアンケートを見てみると会社が希望しているスキルに関してコミュニケーションスキルは第一位となっています。である故、就活生の殆どは『対話スキルを自己アピールするようでないとダメだ』と思い込んでしまうのも無理はありません。

 

 

 

ではありますが、冷静に想像してみれば、同一のコトをやろうかどうか検討している人はたくさんいるのです。

 

 

 

ひと際学校出たての人に関しての就職活動のケースでは、全然就活慣れしていなくて、手堅い感じにコミュニケーション能力を自己アピールしがち。

 

 

 

雇用担当者からしたら『こいつもか』となり、オリジナルの自己アピールポイントが海外ボランティアとかTOEIC800点など際立って目を引くもので無い限り、その他大勢と同時に埋もれてしまうのも無理はありません。

 

 

 

コミュニケーションスキル以外に於いて、会社好感度がすばらしく、加えてどんな人でも自己アピールすることが可能なスキルは何が存在するのでしょうか?

 

 

 

何かと言えば、問題点解決スキルではないでしょうか。具体的な自己表現ポイント、長所を検証していきましょう。

 

企業は求職者に学習能力や問題解決能力を希望している

 

問題解決スキルと聞くと、勉学の事かな? と考えるかもしれませんが、噛み砕いて説明してしまうと『トラブルに向けて改善ポイント、攻略案を検討して取り組むスキル』となります。

 

 

 

このことは就職面接あるいはエントリーシートのテーマの形で、就活マニュアルにも例という形でしばしば出てくる『アラスカで原住民に氷を売るにはどうしたらいいか?』と同様の問題と変わらない着眼点で考えれば理解しやすいのではないでしょうか。

 

 

 

この例の場合

 

『アラスカは寒いため氷のニーズが不足している→常識的には氷は売れる事はない』

 

といった箇所が問題点です。

 

それに対する解決案は

 

  • 『日本のおいしい水を氷にして、日本ブランドを付加価値にするといった形で訴求して販売する』
  • 『お風呂の温度調節、その他の温度調節用として訴求する』

 

など、アイデアは人各々ではありますが、理屈が通っており、その上現実の攻略案を出せばだいたい正解ではないでしょうか。

 

 

 

このような問題点解決タイプのテーマは数多くの企業が面接の際の試験に扱っており、このテーマを通して就活生の論理的思考力あるいは問題解決スキルを見定めているのです。

 

 

 

企業が問題解決能力を有している人手を求人している事は明確です。

 

 

 

尚且つ、問題解決スキルはどんな人でも手っ取り早く自己アピール欄に書けて、加えて会話スキルと比較してみても競争率が低いキーワードだと言えます。

 

問題解決能力を伝えるためにはPDCAサイクルに当てはめる

 

『バイトとかサークル活動を頑張ったありふれた体験だけしか持っていない! これじゃライバルと差別化することが出来ない・・』

 

…と、落ちる必要はないのです。

 

 

 

ありきたりな経験だろうと、問題解決のサイクルに当てはめれば、問題解決スキルを伝える事が可能だという事です。

 

  • 解決策(あなただけの優れた点)
  • エピソードスタート。問題点発生
  • その問題点に関する解決案の提示
  • 実践、行動
  • 成果のチェック
  • 解決策の結論をもう一度(自分自身の長所)

 

この仕組に当てはめれば、ありきたりなバイト経験やサークル活動においても、論理的で、その上問題解決スキルを訴求する事が出来てしまうということです。

 

 

 

当人の経験次第に従って、本質の欠けているテンプレートな『コミュニケーション能力』を訴求すると比べてみても、比較にならない位地に足のついた自己アピールが可能なのです。

 

 

 

企業が本当に必要としている働き手はお友達がいっぱい作ることができる能力では無く、トラブルにおいて解決案を出し行動出来るスタッフではないでしょうか。コミュニケーションスキルは、あくまで問題点解決をスピーディーに実施するためのスキルの一部分にすぎません。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
自己アピールがまるっきり思いつかない! と言う様な場合は、トラブルを攻略出来た経験を思い出し、上記サイクルに当てはめれば深い自己PRが実現できるでしょう。

 

転職エージェント お勧め


関連ページ

エントリーシート(ES)の書き方や、考え方のコツなど
面接でよくあるエントリーシート(ES)での質問ですが、意識する所はどういった所でしょうか。
エントリーシートの書き方、矛盾をなくして自己PRをしっかりとする方法
エントリーシートと面接での答えが違う人が多いですが、それは致命的です。しっかりと自分のやりたい事をアピールすること。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートに自分の過去に夢中になったこと、打ち込んだことが思いつかない
部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
自分を大きく見せる為のエントリーシートの書き方|嘘でも大袈裟でもなく、上手く書く方法
エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
エントリーシートのアピールポイント|趣味や特技で好印象ゲット
エントリーシートの書き方によって、随分と印象が変わります。内定率がアップするエントリーシートの書き方はあるのでしょうか?