スポンサードリンク

社会人は何時間睡眠が最適??

社会人になった時、環境の変化、飲み会、残業など、睡眠時間が取れないという悩みを持っている方が多いです。最適な睡眠時間、また睡眠不足の怖さについて説明しています。

 

社会人 睡眠不足

 

社会人になると、そんな簡単には休みが取れず睡眠時間が短くなってしまうタイミングが普通にあります。

 

 

ではありますが、睡眠時間が5時間を切るようになると、ヒトの身体に於いては悪影響が出始めると考えられています。

 

 

一般的に考えて理想的な睡眠時間は個人差が見られるものの、だいたい7時間と考えられています。

 

 

睡眠は脳の記憶を形成し、目とか脳、身体を休める働きが存在します。

 

睡眠時間が5時間以下になると、翌日、身体を起こすことが辛くなり、日中も集中力が維持出来ないケースになると考えられます。

 

 

それもあって無理を繰り返して短眠を続けていると、恐ろしい現象が起こります。

 

転職エージェント お勧め


 

睡眠時間が取れないと躁うつ病になる

 

寝不足が重なると、ヒトは脳が麻痺したりしびれたりして、疲れとか痛みを把握しにくくなるはずです。疲れ知らずの状態で5時間以下の睡眠であってもバリバリ働けるかのようになるでしょう。

 

 

しかしながら、アイデアを産み出す右脳の働きは低減する為に、簡潔業務や事務作業だけしか出来ない事になります。

 

 

加えて記憶力が低下し「現時点で、自分自身が何を行っているのか?」と意識することが薄れていきます。

 

 

このケースであると、想像以上にリスクな状況で、反動になってから鬱病になったり、メンタル的に崩壊し寝たきりになる確率が高くなります。

 

 

寝たきりという意味は、無気力状態になりメンタル的に起きれない状況を示しています。

 

 

そうなってしまうと、1ヶ月とか2ヶ月の場合は無気力状況から脱出出来ず、長期間にわたって、勤務困難とされる状況になってしまうかもしれません。

 

睡眠とメンタリティは強く関係しており、睡眠時間が減ると緊迫状態が想像以上に上がっていく事が分析にて示されています。

 

睡眠時間の個人差に関して

 

「90分の倍数の睡眠時間帯がスッキリ目覚めやすい睡眠時間なのだ。」と言われていますが、睡眠周期とか睡眠の質に対しては個人差があります。

 

 

年齢とか性別によっても、スッキリと起きやすい時間は前後しています。極端にいったら、自分にピッタリの睡眠時間が他人とまるっきり一緒であるという状態は存在しないと言えます。

 

睡眠時間の個人差は3つの種類に分ける事ができます。

 

ショートスリーパー

 

 

必須としている睡眠時間が平均と比較しても短く、およそ6時間以下の人の事をショートスリーパーと考えられます。

 

 

ショートスリーパーは体内時計を制御出来る遺伝子の特質にに対して発現するとある種の常識となっており、全人口の大体10%未満規模がショートスリーパーに相当すると予測されているはずです。

 

 

ショートスリーパーという意味は単純に睡眠時間が短い人というのではなく、短い睡眠時間だとしても健康的な日常生活を暮らす事が出来る人ということですので、労働が過密スケジュールで眠る時間が短い人はショートスリーパーではないです。

 

ロングスリーパー

 

 

ロングスリーパーは、必須としている睡眠時間が人と比較しても多量にあって、長時間眠ってしまう人の事を呼びます。ロングスリーパーの目安は大よそ9時間を上回る睡眠時間を要するといった点となります。

 

 

ロングスリーパーのケースでは、ショートスリーパーに比べると、社会的なトラブルを抱えやすいと言う様なデメリットが考えられます。

 

 

日本をはじめ世界中では、常日頃9時間も10時間も睡眠時間を得られるような社会生活を暮らす事が可能性が低いという理由でです。

 

 

加えて、睡眠相後退症候群といった、睡眠障害と混同されるケースも存在します。ロングスリーパーは全人口の約1割未満が該当すると予測されていると思われます。

 

一般的な睡眠の人

 

 

ショートスリーパーでもロングスリーパーでもない人は、普通の睡眠時間の、7時間〜9時間規模の睡眠時間がちょうど最適だと思える人々であるい定義されます。

 

 

殆どの人がこの通常の睡眠時間の時間内に収まり、大体80%程度が該当しています。

 

 

錯覚されやすいのは、自分自身は○時間眠っているのでショートスリーパーなのだとか、ロングスリーパーである、あるいは「睡眠時間は平均的だ」、「睡眠は足りている」、という様な思い込みとなります。

 

 

元々は、一人ひとりに求められる睡眠時間と言うのは遺伝的な条件と、その時々の脳とか体の疲労が驚くほどに影響を及ぼします。

 

 

しかし、人間の現実的な睡眠時間と言うのは、遺伝原因とか疲労度ではなく社会的なニーズに影響を受けて左右されているのではないでしょうか。

 

 

簡単に言うならば、朝は6時に起きて仕事場へ行き、帰りは時間外業務のあと終電で帰ってきてあっという間に眠る、と言う様なライフスタイルを実行すれば、否応無く睡眠時間は短くなると言う理由です。

 

 

要するに、あなた自身の今の睡眠時間(一言で言うと社会的必要に迫られて決まる睡眠時間)とそもそもみなさんの睡眠の種類(ショート、ロングスリーパーなど)は完全にフィットせず、そのズレを抱えたまま日常生活を続ければ絶対に何かしらの病気等を発症しやすくなるに違いありません。

 

転職エージェント お勧め


 

睡眠の質が重要

 

社会人 睡眠不足

例えて言えば、労働から帰ってきてベットにそのまま倒れて寝てしまった、ソファで寝てしまった、等々の睡眠は質が良くないです。

 

 

深く眠るという意識ができていない為に、睡眠の効果も薄く、疲労回復とかストレス解消といった効果が下がってしまって当然です。

 

 

これでは、仮に睡眠時間を手に入れても、短い時間の睡眠と一緒のケースになってしまうのも無理はありません。

 

 

お風呂に入って温まってから眠る、寝る前に牛乳を飲んで眠りやすくするなど、睡眠の支度を整えておくという考え方が必要だと思います。

 

短時間睡眠だとしても昼寝を実行すれば大丈夫

 

昼寝は短時間でしっかりとした深い眠りの効果を手に出来る為に、驚くくらい効果的だと思います。

 

 

15分、30分の昼寝などで深夜の1時間分の効果が得られると考えられており、昼寝の効果は世界でも認識され始めていると考えられます。

 

 

睡眠時間が5時間以下の人は、昼寝を導入したり、最悪でも質をアップする為にベットや布団、枕などにお金をかけたり、お風呂に心地よく浸かる事を習慣にチャレンジして睡眠不足を乗り越えましょう。

 

 

尚且つ、通勤電車とか車の中など、わずかなスキマ時間に寝る事を習慣化するコトで、睡眠不足を克服する事が可能になります。

 

 

睡眠不足は身体にあらゆる悪影響に直接つながります。きちんと睡眠をとるようにして、なるべく5時間以上眠れる様にする事をお勧めします。

転職エージェント お勧め


関連ページ

社会人の睡眠時間について|疲労回復の為に週末寝だめしたい
朝早く起きている社会人にとって、睡眠時間は非常に大事。みんなの睡眠時間や週末の寝だめについて。
自営業だけに限らずサラリーマンにもお勧めしたい昼寝|20分の昼寝で集中力を高める
昼寝の効果は昔から言われていますが、たった10分〜15分の昼寝をする事で集中力を増すことが出来ますし疲れも軽減出来ます。
ブラック業界のコンビニ、女性が深夜バイトをお勧めしない理由について
副業や実際の社員として、女性でもコンビニ勤務、深夜で働いている人が増えて来ましたが、防犯という観点よりも、お勧め出来ない理由があります。それは力仕事がハンパないからです。
子供の小さいシングルマザーが養育費以外に仕事で稼ぐ方法|30代の相場について。
子供が小さい状態で旦那と別れたシングルマザーは、養育費などをあてにせず稼ごう方法を考えています。