会社説明会で聞いていいこと。駄目なこと。

会社説明会 質疑応答 NG

 

会社説明会や企業説明会などで、質疑応答がありますが、暗黙のルールとして聞いては駄目な事が存在する事を知っていますか?

 

 

学生の就活で、先輩などから以下の様な事を聞く場合があるのではないでしょうか?

 

  • 『会社説明会において質問したほうが一次就職面接を突破する可能性が高い。』
  • 『会社の面接担当人事に顔を認識してもらえれば受かりやすい』

 

こんな感じですね。間違いなく鋭い質問を出来る学生は、一次面接を担当している人事の記憶に残ります。

 

 

ではありますが、もう一方では変な質問をしてしまった学生もまた悪い意味合と言うカタチでイメージに残ってしまうため、質疑応答のケースでは『してはいけない質問』というような考え方が幾通りか存在します。

 

 

会社説明会などに於いて恥をかいて印象が悪くなる前に、事前にしっかりとチェックしてみておきましょう。

 

転職エージェント お勧め


 

【NGな質問】給料やボーナス、年収をはじめとする福利厚生、資本金を聞く事は失礼にあたります

 

会社説明会 質疑応答 NG

 

質疑応答における失礼な質問の代表例は、調べれば理解できる事を敢えて説明会に於いて質問する事です。

 

 

給料、ボーナス、年収などや福利厚生等を含んだ条件はそもそも求人票に書かれていると思いますし、いきなり条件を聞くのも失礼な話ではないでしょうか。

 

 

資本金は勿論の事三年以内の離職率も四季報にのっているはずです。というよりも、三年以内の離職率を聞くのは、その企業に関するネガティブなデータをあえて掘り出すという内容でしかないので、思っている以上に失礼な質問だと断言できます。

 

 

ひどい学生であると『御社の開発取り組んでいる商品は何ですか?』と企業をろくにリサーチもせず訪問する学生もおり、間違いなく人事の『落とすリスト』に含まれます。

 

 

BtoCの企業、具体的に言うとお菓子を始めとして日用品など、身近な商品を開発実践中のメーカーの説明会にいって『御社の製品を店舗で見た事がないですが、どこで販売してますか?』などトラブルを起こすような質問も絶対にダメです。

 

『現実的にこんな質問してしまう人存在するの?』

 

と思う人もいらっしゃいますが、事実、説明会の場数を踏むと、こんな馬鹿げた質問をする学生が多いのです。社会経験などがないために仕方がないかもしれませんが。

 

 

調査すれば把握できるものは、敢えて質問しないようにしておきましょう。

 

残業時間など突っ込んで聞くのは??

 

残業時間について突っ込んで質問してしまう勇者も存在するのですが、やめておいたほうが賢明です。

 

 

本来は大きな会社だとするなら残業時間は部署とか季節に影響を受けて左右しますから、明確にどうこう人事が断言する事は出来ません。ブラック企業のケースでは『時期によります』と回答をにごすでしょうし、実際のところはは企業説明会の質疑応答に於いて正確な残業時間のデータが手に入る事はないです。

 

 

全く意味がないし、面接官の機嫌が悪くなる可能性もあります。人事からすれば『入社する前から残業の事考えてるんじゃない』と苛立ちます。

 

 

まずそういった質問をする人は、例外なく落ちると思っていいでしょう。

 

会社説明会の質疑応答において本質は理解出来ない

 

会社説明会はあくまで企業の表面上のデータを理解する所であると割り切りましょう。せいぜいエントリーシートのネタになりそうな情報を入手出来ればラッキーというイメージです。

 

 

会社の内部がどんな社内の雰囲気で、どんな文化が存在するかは入ってみなければ把握出来ません。本当の所は分からないものです。変に先入観を持ちすぎるのもダメです。

 

 

就職活動の通例儀式に近いものである割り切っておきましょう。

 

 

ちなみに、会社説明会で突然にエントリーシートを配る企業もいっぱいあるので、会社説明会に参加せず応募する、と言う様な企みは避けた方が良いでしょう。

 

 

就職面接が説明会の中小企業の場合であればともかく、大抵の企業は、求人に応募したいと思うのであれば会社説明会への参加は必須条件です。

 

会社説明会の質疑応答においては黙っていることが手堅い

 

会社説明会の質疑応答の時には、それほど質問するような事がなければ黙っていることが確実です。

 

 

質疑応答で顔を知ってもらおう! 鋭い質問をしよう! などというのは的外れな努力です。一次就職面接においても『何か質問はありますか?』と聞かれる為に、鋭い質問はそこで活かすべきでしょう。

 

会社は都合の悪い質問を言われても答えません。具体的に言えばサービス残業のたくさんある会社に時間外業務に関して質問しても

 

  • 『みなし残業といった形で残業代が出ます』
  • 『部署に左右されますが私の部署のケースでは残業はそんなにないです』

 

など、大人の解答を言われて終わりでしょう。

 

 

実際に知りたいデータは、会社説明会の質疑応答によって手に入る程思うようには出てきません。手堅くあなた自身の足で調査した方が良いでしょう。

 

 

ともあれ、会社説明会において鋭い質問を思案する位であれば、エントリーシートの欄を埋めるネタを調べる方がイイです。

 

:

新卒者の就活サポート『いい就職.com』を活用しよう!


学校を卒業してすぐの人の求人サイトといえばリクナビ・マイナビなどが注目を集めていますが、これらの求人サイトは個別に関してのエントリーシートのカウンセリングとか『アナタ自身がどんな仕事先が適しているか?』といった個別応対はしてくれません。



しかしながら、ここ数年は、新卒学生をマンツーマンにて支援してくれる転職エージェントならぬ『新卒エージェント』の求人サイトが出てきました。『いい就職.com』という求人サイトです。


バナーココに■■■■


いい就職.comは東京・大阪・名古屋・沖縄に拠点を持つ大手求人サイトで、リクナビとかマイナビに比べると個別サポート体制が手厚く、登録すると担当のエージェントがついてエントリーシートの書き方とか就職面接に関してのテクニックをレクチャーしてくれます。



その上、あなた自身の希望条件にふさわしい働き口を個別でピックアップしてアドバイスしてくれるため、リクナビなどに於いて結構な割合で見受けられる『どこの求人情報に応募したら大丈夫なのか分からない!』と言う様な混乱を防いでくれるに違いありません。



尚且つ、いい就職.comは求人情報を丁寧に審査していますので、ブラック企業に入ってしまう失敗の可能性も抑える事が実現可能です。



ミスマッチによる新入社員の離職が沢山あるこの頃、マンツーマンに於いて丁寧にあなた方自身にふさわしい働き口を指導してくれて、内定に至るまでアシストしてくれるサービスはいい就職.comだけです。



活用は100%無料で、新卒の就活生であればどんな人でも季節を選ばず登録出来ますから、ぜひ使ってみることをおすすめします。


■■バナー

関連ページ

営業職から経理、畑違いの業種への転職は可能なのか?
営業があまり得意ではない、、という男性が、経理の業種へつきたい、、と思っている場合、転職は可能でしょうか?
正社員で働いている人が辞めたいと思った時の優先順位
正社員として働いている方が、優先順位として何を考えるべきなのか?
人見知りは営業はむいてない??転職出来ない年齢になる前に考えよう!
転職を有利に出来る時に、自分の性格に合った職場を探す努力をしましょう。
転職の際考える事|夢を持ち、そして自分を知ることから始める
転職の際、自分の事をしる事が大事です。そして、なぜ転職するのか?そこを明確にしておく必要があります。
転職の時の自分の長所の活かし方|会社都合での転職の際の考え方
転職の際、自分のセールスポイント、そして会社都合で会社を辞めた際の考え方について。
手取り20万以下でも結婚できる?ボーナスが無い会社に入ると未来がない
手取りが万円以下の男性は、結婚が出来るのでしょうか。ボーナスがない、もしくは寸志の場合お先真っ暗だと言えるでしょう。
仕事にやりがいが持てない、、そういった新入社員はさっさと転職すべき
新入社員が仕事にやりがいがない、、これは色々な理由があると思いますが、その理由が正当な理由であれば、転職を視野に入れるべきです。第二新卒転職は強いし、年々不利になっていくからです。
経理の転職|有利に正社員になるのはTOEICや簿記一級が近道
正社員を狙う転職の経理の方は、TOEICや簿記一級を習得すると有利になります。
オタクや非リア充が働きやすい就職口、転職先とかあるのか?
人とコミュニケーションを摂るのがストレス、、という様な非リア充の人が働きやすい就職口について。
英語を活かした就活、英会話は武器になる!英語を武器にしたいからコレ!
外資系の転職、大企業の就職の場合、英語はスゴく武器です。ぜったいに有利ですが、その英語を活かす就活をするにはどうすればいいのでしょうか?
高卒のフリーターでも正社員になれる。目標を持って就職活動をしよう
高卒でフリーターとして働いている方は、自分は一生正社員とか、福利厚生が恵まれている職場へ働くことが出来ないと思っていると思いますが、そんな事はありません。
萌え絵師、プロ絵師になるにはどうすればいい?転職や専門学校について
若者に人気のプロ絵師になる為にはどうしたらいいのでしょうか?転職、または専門学校などについての情報。
退職後にするべき保険の事、社会保険、国民年金など
退職した後、まずは保険についての知識を知ることが大事です。国保などについて書いています。健康保険の手続き『国民健康保険』か『任意継続被保険者制度』を選択します。