第二新卒での転職でのポイント

第二新卒 転職

卒業後すぐ就職した新社会人が、最も仕事を辞める時期を知っていますか?

 

 

職種により変わるでしょうが、だいたい10月頃らしいです。 新入社員研修が終わるのがだいたい2ヶ月くらい。6月ごろから実際に仕事が始まるわけですが、この時期になると結構辞める、辞めたいと思う人が多いらしいです。

 

 

 

俗に言う5月病ですね。 徐々に社会人の辛さやキツさを把握してきたり、予測していた様な仕事内容、業務内容と違う、パワハラ、イライラ、友達ができない、同僚とコミュニケーションが取れない、、、などの理由で、10月には新卒社会人が一気に辞めるというイメージですね^^;

 

 

仕事を辞めた後は、実家で精神休養したり、コンビニとか日雇いでのフリーターになったりと様々ですが、若さがあるために、多くの場合は転職という選択になるでしょう。

 

 

しかし、6か月で辞めているという事自体マイナスですし、最初の職業履歴自体に傷が付いてしまっていると同じ事です^^;

 

 

転職をしたくても書類選考が通らないという事が殆どですし、求人が『経験3年以上必須』という様なの中途採用などで、応募できる会社、目的と成る企業が限られているため、希望の所に就職できないという事が殆どとなります。

 

 

 

一番最悪なパターンは、内定が取れないところに焦り、中途採用を大量に募集しているブラック企業に入ってしまい、また短期退職してしまうという事。 ですので、第二新卒での転職を実現させるキーポイントを押さえておくことが大事です。 第二新卒の需要は大きい!!という事実 「半年で辞める根性なしだし、たったの半年しか職歴が無いからブラック企業しかないな…」 第二新卒は、このようなネガティブ思考になり、働けるだけラッキーという感じで、ブラック企業に入ってしまうのです。しかしながら、ブラック企業に転職しても、また短期離職をして、転職を繰り返すだけです。30代、40代で平社員、新人というパターンですね。 しかし、今は人材不足の今、第二新卒はかなりの需要があります。 例え職歴が半年だとしても、若さは自分が思っている以上に大きな武器です。半年で退職したワケをハッキリと新しい会社に説明する事が出来れば、転職は可能ですので大丈夫。

 

 

 

新卒を採用する為には、企業は様々な採用コストがかかります。そのために、中小企業はしたくても新卒採用が出来ず、第二新卒の求人で、若い人材を補充しているという現状を把握しておきましょう。

 

 

 

中小企業の中には、実は会社の業績がすごく安定していたり、あるいは上り調子で、ボーナスも出るし有給などの休みもしっかりあるにも関わらず、新卒募集の広告費が出せない為に、第二新卒の求人だけをしている、という隠れホワイト企業もある事を覚えておきましょう。

 

 

 

このようなホワイト中小企業に入る事が出来れば、第二新卒でも勝ち組になることが出来ます^^

 

 

 

 

 

『オレにはブラック企業しかない、、』と後ろ向きに考えるのではなく「短期離職をPayする位の優良企業に入社しよう!!』と前向きに考えて動けば問題ありません。

 

 

■短期離職した理由をハッキリと伝えよう

 

第二新卒の転職で必ず聞かれるのが、『どうして短期離職したのか?』かという所。

 

  • 自分が思っていた所とは違った
  • 残業ばかりがあり、残業代が付かなかった
  • パワハラがきつかった
  • 同僚からいじめを受けた

 

など色々な辞めた理由があると思いますが、大事な事は新規採用担当者が『長く働いてくれそうだ』と思うかどうかです。

 

 

 

自分が担当の立場になって考えれば、ユトリ世代、さとり世代独特の『面倒くさい』『上司が嫌いだった』などの場合、内定も出しにくいですよね。

 

 

 

だからといって、言い訳ばかりを言ってても印象が悪いですし、どうせ働きだすとバレます。

 

 

 

ですので、素直に『最初、耐えられず短期離職したけれど冷静に考えたり、先輩に話を聞いて自分の考えが甘かった点を指摘された。そんな自分を反省し、今度は長く一生懸命働きたいです』と反省、改善を伝える事で印象がよくなります。

 

 

 

嘘を付いたり、 無理に真っ白な自分自身を訴えるなどしなくて大丈夫です。

 

  • なぜ短期離職したのか?
  • これからこの職場で前回の反省を踏まえどう行動するつもりか?
  • 短期離職しないよう、どういった所を注意する?

 

といったところをしっかりと述べるという意識を持ちましょう。

 

年間休日や会社の雰囲気をしっかりと確認する

 

第二新卒の企業の需要はあるのは事実ですが、第二新卒枠でブラック企業に入ってしまった!!という事がないように注意して下さい。本末転倒です^^;

 

 

 

短期離職を2回やっていると、別の人の第二新卒の就活生よりもかなり不利になります。  

 

 

 

第二新卒の転職でダントツに重要な事は、長く働ける会社に転職する事。

 

 

 

ブラック企業ではない、良い企業を選ぶポイントとして、目安となるのが一年間で取れる休日です。土日祝日休みという一般的な休みの場合、年間休日は120日以上という計算です。

 

 

 

転職の際、会社を探すのであれば、『年間休日は120日以上』で探してください。

 

 

 

ずっと働くのであれば、当然ですが会社の雰囲気も外せない要素です。

 

 

 

ブラック企業などであれば、説明会などで会社にいった時に雰囲気で分かります。フィーリングで「この会社おかしいな、怪しいな、、、」と思ったら、内定が決まったとしても、辞退する勇気が必要です。

 

 

 

ブラック企業を避ける、自分に合うかどうかを確かめる一番の方法は、転職エージェントを利用する事です。第二新卒専門の転職サイトもあります。

 

 

 

無料エージェントを用意しており、企業や会社の雰囲気とか業種について細かい情報が掲載されていますので、ミスマッチを予防出来ます。優良企業の求人も数多く持っており、自分一人で就職活動をするより非常に効率的です。

 

求人や総合的な就活のサポートには転職エージェントを利用する

 

転職エージェントは、今までは社会人がキャリアアップの転職の為に利用されていました。

 

 

しかし、少子高齢化のために若手の人手不足、人材不足が目立つ為に、第二新卒のサポートも、結構手厚い状態になっています。

 

 

 

20代に特化した人材募集も数多くあり、第二新卒の転職には是非おすすめしたいサービスです。 転職エージェントは、利用料は全て無料です。

 

 

 

転職エージェントは人材を募集している会社や企業にお金を貰っていますので、求職者になる私達は全て無料でサポートを受ける事が可能です。

 

 

 

転職エージェントは土日でも関係なくドコからでも利用する事ができ、求人者はキャリアについての相談、求人の斡旋をしてもらう事が出来ます。

 

 

 

転職エージェントに無料登録すると、担当エージェントが希望条件をヒアリングして、あなたへピッタリの業界、業種、応募することが可能な人材募集や求人について紹介してくれます。

 

 

それに並行して、オススメの人材募集を幾通りか選んで紹介して頂けるので、同時に仕事のキャリアの方向性を決める事が出来るのもメリットです。

 

  • 未経験OKの正社員求人
  • 正社員登用前提の契約社員

 

という様な求人を紹介してくれるので、あなたの希望に合った就職先を選択する事が出来ます。

 

 

 

自分自身の分析もキャリアプランも、あなた自身で熟考するといっぱいいっぱいになりますし、正しい判断が出来ないということもあります。

 

 

 

しかし、就職活動のプロであるエージェントにカウンセリングしてもらえば自分では見つける事ができなかったキャリアの可能性が出て来ます。

 

 

 

さらに、給与交渉などもエージェントを仲介して開始できるので、スタート時の年収が通常よりも上がる確率がグッと上がります。

 

 

 

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえば心配なく作成できるので、就職活動で一番時間&手間のかかる箇所を大きく省略する事が出来ます。

 

 

 

当サイトでお勧めしている転職エージェントはDODAです。 DODAは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の人材募集が特徴です。

 

 

 

待遇の良い求人を探すには外せないエージェントです。

 

 

 

更にDODAは、一流企業や大企業の関連会社など、業績が安定し、なおかつ好待遇の求人が多く、またエージェントのサポート体制も書類作成から面接での受け答えまで丁寧に指導してくれます。

 

 

 

求人は前もってエージェントが審査をしていますので、離職率の目立つ企業や労働環境に問題の見られる企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクは限りなくゼロです。

 

 

 

若くて二度目の就職であればなおさら、就職活動は不安な事がほとんどだと思いますし、どう動いていいか分からないと思います。

 

 

 

優良のエージェントに無料登録しておけば、担当エージェントに多種多様のカウンセリングや質問ができますので、精神衛生上グッと気軽になると思われます。

 

 

 

しかも、非公開求人には優良求人が数えきれないほどありますから、DODAにお願いすることで思わぬ求人と出会える事も可能です。

 

 

ぜひ転職エージェントを参考にして、転職・就職を達成させましょう。自分自身の入社可能な求人を理解すれば、人生の選択肢が一段と広がります。

 

 

 

ミスマッチを回避する為にもエージェントを使ってしっかりと選んでいきましょう。

 

 

 

空白期間が空いてしまうことに焦りを感じて、転職を早々にしてしまうことがあります。

 

 

 

ですが、何よりも良くないのは適当に転職を確定してしまい、ミスマッチのために短期離職してしまうことです。

 

 

 

いくら20代とか若い内は転職がやりやすいといっても、二回も短期離職をしてしまった場合、大きなハンディになってしまうので、転職のミスマッチを避ける目的のためにも転職エージェントを利用して、念入りに求人を検討して選ばないといけません。

関連ページ

契約社員は第二新卒として、好条件の正社員として転職は可能??
契約社員として20代働いてきた人は、第二新卒扱いで正社員になることは出来るでしょうか?
新卒者が退職して、失業保険を受け取りながら転職することは可能?
失業保険をもらいながら、新卒は転職することは出来るのでしょうか?
新卒社員、第二新卒の悩み、上司に放置されている、、対応策
上司に放置され、何をしていいのかが全くわからない、、、こういった方は結構います。
新卒社員のタメ口は改善できるのか?先輩社員や会社の考え方
タメ口を使ってくる新人が結構いますが、それを改善するのは先輩社員の役目です。
新入社員は上司と仲良く!絶対に嫌われては駄目です
新入社員であれば、上司と仲良くする事が大事です。結局は自分の為になります。
立ち仕事のツラさ|20代前半は1日15時間を超える勤務に耐えられるか?
立ち仕事の小売業について、立ち仕事なのですが、ちゃんと考えて働く準備をしておくことが大事。
『マンガ学科』って一体何?漫画家以外の就職は不可能なのか??
最近大学にデキているマンガ学科。これって漫画家以外の潰しは効かないのか??調べてみました。
かまってちゃん、新入社員がめんどくさい^^;それぞれの立場から、、
新入社員で面倒なタイプ。自分がどういったタイプなのか、また、後輩がこんな場合どうする??
新卒社員は電話に出るべき?慣れない業務で困った(^_^;)
新卒社員は『知らない自分が電話に出ても、、』と遠慮してしまうと思いますが、実は電話に出ない新入社員って嫌われるのを知っていますか?
第二新卒でも条件のイイ働き口はある!2年目で将来性がないと感じる会社にいる必要はない
右も左も分からない新卒社員でも、1年位働きだすと、だいたいの会社の状態が分かるもの。先がないと感じたら、速攻で第二新卒転職を考えるべきです。
【新卒の悩み】バイト先に就職?フリーターとして生活するリスクとか。。
バイト先に就職してしまおうか、、と悩んでいる若い人は多いです。フリーターとして働いたほうが気楽だし、まあまあお金もいいし、、という感じだからです。
新入社員が貯金をするのは可能?手取り約20万円でどれ位貯金をデキるか?
有事に備え、しっかりと貯金をするコト。そうすれば色々な時に余裕が出来ます。
新卒の就職活動の注意点、ブランドイメージにとらわれず、自分の個性が出る職場を選ぶべき
新卒の方はどちらかといえばブランドイメージ優先で就職活動をしているのではないでしょうか?若い時はブランドイメージというのは大変大事な事ですが、実際に働くにおいてどのような部分が一番意識する必要があるのか?という所を書いていきたいと思います
新卒のエントリーシートでよく出る課題『困難を乗り越えた経験』について
新卒の場合でエントリーシートでよく出る課題で困難を乗り越えた経験を書かせるものがあります。困難を乗り越えるというのをなぜ書かせるのか?またどのような答えを求めているのか?という事を考えましょう。