コンビニ業界は疲れる、、ブラック業界で正社員になるのはリスク??

コンビニ 正社員

 

小売業で比較的給料が高いコンビニですが、正社員として働くと思っている場合、注意する所などはあるのでしょうか。

 

 

コンビニ業界に入社、職を変えるのであれば心の準備が必要だと言えます。コンビニ業界は小売業になるので、基本ブラック業界と言われていますし、おまけに24時間365日営業の仕事となります。

 

 

勿論の事、休みも少なく、100%週休二日制で、店長より一段と上回るのOFC(オペレーションフィールドカウンセラー)になるためには出世街道にのっても3年はかかります。

 

OFCになるに至るまでは副店長、店長とダントツに勤務条件の過酷なポジションをこなしていかないとダメでしょう。

 

 

コンビニに於いて勤務する難点は下記の通りでしょう。

 

  • 長時間勤務
  • 体育会系の暴力的な会社文化
  • ノルマシステムによる自爆営業

 

詳しく見ていきましょう。

転職エージェント お勧め


 

コンビニ正社員は長時間労働

 

学校を卒業してすぐの人で入社後に6か月間は定時で帰れます。この時点ではフルタイムのバイトと同じ様に楽ではないでしょうか。

 

 

しかしながら就職後に半年程続けると確実に副店長に抜擢され、そこからは土日というものは無くなるでしょうし、休日に休めるか否かはバイトに左右されて決まります。ゴールデンウィークや盆休み正月もコンビニは動いていますので、連休も取れません。

 

 

サービス業の宿命とは言え、世間が休んでいる折に休めないというものは驚くほどメンタル的にキツイと言えるでしょう。

 

 

加えて副店長、店長の頃はOFCに徹底的に下の感じでしごかれるのが習わしです。ノルマをかせられて自爆営業を強いられたり、OFCに暴力を振るわれたりする状態も当たり前です。

 

 

さすがに最近では暴力に対しては厳しくなりましたが、体育会系においてノルマ制度が存在するのは違っていません。

 

 

副店長、店長のポジションは離職率や鬱病発症率が群を抜いて高確率の役職と言えるでしょう。就業時間も驚くほど長い為に、コンビニ業界で生き残れるかは、このポジションで耐えるかどうかで決まります。

 

ノルマをこなさないとキャリアアップ不可能

 

ノルマと自爆営業は小売の文化と嘆かれているようですが、事実、ノルマ達成をしないとすれば出世することは可能性が低いと言えるでしょう。

 

 

尚且つノルマは多くの場合無茶ぶりと言えるでしょう。

 

『おでんを一日100個売る』
『クリスマスケーキ完売』

 

などが挙げられます。

 

 

もちろん、地域に影響を受けてノルマ達成はだいたい難しい為に、売れ残りを出さないために店長が自腹によって買い取る自爆営業をしています。

 

 

出世することと言っても、自爆営業は労働法において違法となります。それがまかり通って存在するのですから、小売業の闇の深さは本当に想像以上だといえるでしょう。

 

 

そうは言っても出世さえしてしまえば自爆営業考える事もなくなり、給料やボーナス、年収は勿論の事休日も多数取れる様になるので自爆営業は上を目指すことへの取引と似ているのかもしれません。

 

エリアマネージャーになれば給料やボーナス、年収は跳ね上がる

 

店長を3〜5年前後積極的にこなし、ノルマも実現してやっとOFCになり、かつ業績が評価を得ているとDMと表現されるエリアマネージャーになる事が叶います。

 

コンビニ 正社員

 

DMになれるヒトは一握りで、キャリアとコネが重要です。加えてここを出世した場合ゾーンマネージャーになり、いわゆる本部の人間といった身分で企業幹部です。

 

 

現場労働を卒業後、これらの頭脳職場、デスクワークにうつると収入は年収800万〜1000万程度になってきます。

 

 

入社開始してから5年〜10年かけて、35歳位で何とか本部の人間になれるのです。本部の人間になれれば、何とか普通以上の条件を手に入れられるのです。

 

 

もしもコンビニ業界に新卒の方の就職、仕事を変えたいのならば、この地点を目的に努力することが大切だと思います。そうするためにはせめて5年は現場に命をかける腹づもりが必要だと思います。

 

 

体育会系が理由で予想外にハードな業界の環境ではあるのですが、コンビニ業界は企業規模が大きくキャリアアップ出来た場合に条件が驚くほどに改善させるので、小売業の中ではダントツに金銭的なアドバンテージがあると断言できます。

 

 

野心家で体力を持っている人にお薦めできます。

 

 

その他の人は、思っている以上に続かないから、計画性のない気持ちで入る事は避けた方が良いでしょう。

 

 

仕事しやすい職場に就職、新しい職に就くなら、転職のエージェントを使って順調な経営の企業の求人情報をアドバイスしてもらいましょう。

 

 

転職エージェントは、フリーターや無職はもちろんの事の就職、再就職異業種からの仕事を変わる事(転職)全部に適合しているのです。

 

 

転職を考えている方であれば、転職エージェントに登録する事をお勧めします

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

関連ページ

ブラック企業がなくならない理由、なぜブラック企業が栄えるのか?
ブラック企業が栄え続ける理由。それは特別な事をしているからでしょうか?
ブラック企業で過労死寸前!!早めに転職準備を!危険信号を察知する
23時帰宅、、、という社会人は多い様です。まず健康が一番です。
外食産業などのブラック企業はびこる業界からの脱却と転職活動
労働環境がどんどん悪化していると言われている外食産業ですが、脱却方法は転職、もしくは別の職場となります。