30代、40代特有の、転職活動中に陥りやすい失敗とは?理想を追い続けるがあまりにチャンスを逃してしまう

転職 プライド 40代

 

経験豊かだからこそ、次が決まらない罠と言うものあります。自分自身にプライドがあったり、前務めている所が大きかったり、、そういったどうでもいいプライドを持っている転職者は、新しい会社でも扱いにくいのです。

 

30代、40代の転職希望者は『ビジネス経験がきちんとある分だけ次の転職先が決まりにくい』という逆説的な場合がよくあります。というのも、経験豊かだからこそ、それなりに務めてきたというプライドがあり、これが邪魔して入社する決断がそんな簡単にはできないのです。

 

たとえば、なんとか内定を獲ったとします。そうすると欲が出てきて、ここは前職よりも年収が安いし、規模も小さい。仕事の転職活動を続ければ、一層いいところが見つかると過信して、安直にその内定を蹴ってしまうのです。

 

ところが、現実はそう甘くありません。内定を蹴ったからといって次が決まる保証は全くありません。実際はいたずらに空白期間が長くなって、状況が悪化することの方が比較にならないほど多いのです。

 

 

30代、40代の転職失敗のケースなどを観たり、知恵袋などで調べたりすると、一部上場メーカーで財務畑を歩んだ40代後半の男性。出世競争に遅れたのを不服に思い、自己都合退職後、次の新しい職場も簡単に決まるだろうと思っていましたが不採用通知の連続。

 

転職活動を始めて10ヶ月後位なってやっと、内定を獲得できたのですが、前職に比べると殆どの会社規模が小さく、給与も2割減に同意できず内定辞退。その後、活動を継続するも1年半以上も次が決まらないため、あの時決めていれば‥・後悔の日々を過ごす事になり、結局今は転職貧乏状態でパート勤めという事です。

 

別の例として、専門学校を卒業後、複数の会社でルート営業に働いてきた49歳。転職エージェントを利用して複数の内定が獲れるようになった途端、急に欲が出て、内定先に対する回答期限を延ばして条件を天秤にかけようとした結果、全部の内定先から内定取消を告げられたという方もいます。

 

もっといいところがあるはず、という心情は理解できますが、時と場合によっては譲歩することも必要で、まずは会社に入ってしてそこで頑張ってもっと上を目指せばいいのです。タイミングはそう巡ってこない、と肝に銘じておいてください。

 

結果が出たにも関わらず失敗する2大パターン

 

せっかく内定獲得したにもかかわらず、次の理由からいとも楽に内定を辞退してしまうというパターンが1つ。

  • 前職と比較してみても規模が小さい会社だから
  • 前職と比較してみても知られていない会社だから
  • 前職よりも年収が安くなるから
  • 前職と比べても休みが少なくなるから
  • 前職と比べてみても役職が下になるから

 

30代、40代の転職者に、仕事を変えることのチャンスはそう巡ってこない。こだわりは捨てて、入社後の頑張りに於いて不利な条件を改善していくくらいの気概が必要です。

 

もう1つのパターンは、複数内定を獲得できたにもかかわらず、条件を並べようとして回答を保留し続けたために、転職の意思なしと判断されて内定取消になってしまうというモノ。しっかりと優先順位をつけておくなどし、その状況に伴い、満足できる最善の決断をすることが重要になってきます。

 

内定を獲ることが最終的なゴールではない。入社して継続勤務できるか、その視点こそが最重要

仕事を変えたら給料やボーナス、年収が100万円アップした!みたいな、人材ビジネス会社の宣伝広告を見たことがありませんか?

 

そういった状況は、実は驚くほどの営業成績を上げないと高額な給与がもらえなかったりと、高いのにはしっかりと裏があります。

 

そんな夢物語よりも、仕事の転職を果たした後に次の転職後に入った会社で腰を据えて働けるか、ということの方が大切なのを忘れてはなりません。

 

30代、40代の転職者ならば、転職は今回で最後にして、定年まで不安なく働きたいという人が大部分。そうであるはずなのに、ちょっとした目先の好条件に釣られて、全く違う決断をしてしまうという事例は沢山ありますので、注意が必要です。

 

30代とか40代の仕事の転職は、長く働けるかが最重要

30代、40代の転職者であっても、内定を獲ることはそう難しくありません。

 

しかし現実は、内定獲得よりも新天地で継続勤務することの方が遥かに難しいのです。実際、前職よりも好条件で仕事を変える事ができた人でも、今まで培ってきた経験、更にはスキルが役に立たずに、1年足らずで退職せざるを得ない状況に追い込まれるヶ-スもあります。

 

新しい職場では即戦力としての期待も大きいですから、今までの職歴により染み付いた仕事のスタイルで結果が出ないとなると、窮地に追い込まれること必至です。

 

そして、辞めればまた仕事の転職活動をしなければならないのです。短期間で転職を繰り返す人をジョプホッパーと呼びますが、日本ではこういった人は全く評価されません。30代とか40代の転職の成功は、短期的に年収が○○万円上がった!ではありません。仕事を変わった後、長く働いてあなた自身のキャリアをしっかりと形成できるか、なのです。

 

30、40代が好条件に釣られて堕ちていく流れ

  1. 年収アップとなるこれから働く会社の求人に惹かれて応募→見事に内定
  2. 転職した会社の期待に全く応えられず、ついには冷遇され始める
  3. 実際に働くと、今までのスキルが全然活かせない、ノルマが厳しい
  4. いたたまれなくなり短期間でやめることになる
  5. やむを得ず再度就職活動
  6. しかし、またしても長く勤めることよりも目先の好条件を最優先に行動してしまう
  7. ジョブホッパーとなり、やればやるほど自分自身の市場価値下げてしまうというスパイラルに陥る

 

ジョブホッパーにならないためにも、しっかりと自分の事を俯瞰してみれる様なサービスを使い、効率よく転職先を見つけることが大事です。

 

【30代、40代からの転職!】今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由


厳しい30代、40代の転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと断言出来ます^^


転職エージェントは、無料で活用出来て、30代、40代の転職条件の厳しい状況においても、それぞれにフィットした良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


『特技、スキルの無い30代、40代の転職希望者』でも条件が少しでも良い所で働ける様に全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


全国各地において職業を転職したいのであれば『リクルートエージェント』がイチ押し!


『30代、40代の方の今よりもいい条件で』の転職を検討中であるのであれば、管理人がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』となります。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>



リクルートエージェントは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、普段知ることの出来ない非公開求人を一番数多く取り揃えており、給料、ボーナス、年収などは勿論の事好待遇の企業の求人情報が集まっていることが特徴ではないでしょうか。


年収の増収、待遇アップに対してはうってつけの転職エージェントだと言えます。


大企業の関連会社など、業績が長年安定しており、景気に左右されない、好待遇の求人情報がほとんどで、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接についての受け答えに至るまで念入りに取り組んでくれます。


非公開求人に対しては優良求人が豊富にありますので、リクルートエージェントにお願いする事によって思わぬ働き口と出会える事があることも考えられます。



30代、40代は新卒や第二新卒と比べると不利ですが、強みも当然ありますので、その部分を活かすのは、いかにいい転職エージェントに登録し、利用するかという所だと思います^^


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>

関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。