スポンサードリンク

社会人の睡眠時間について

社会人 睡眠時間

 

社会人の睡眠時間は、最低でも6時間はほしいと言われています。

 

月曜日から金曜日まで朝早く起きている社会人において、起床時間帯が決まっていない土日は、出来るだけずっと眠って、睡眠時間を取りたいところではないでしょうか。

 

 

 

人間のシステム上、寝貯めはすることが出来ないと言われるのはずっと前から証明されているようです。とはいえ、平日の疲れを週末にじっくりと寝る事で解消出来る事は可能です。

 

 

 

とは言っても、寝過ぎると頭痛とか起床時間帯のギャップなどが発生し、月曜日にたいへんな苦労をしてしまう可能性が考えられます。

 

 

 

と言う理由で、週末の睡眠時間は何時間がいいのかを調査してみました。

 

寝貯めにおいて注目すべきは起床時間のコントロール

 

睡眠に限って言えば、最も大事だと考えられるのは起床時間と言えるでしょう。起床時間が著しくズレると、その状況を修正してしまうのは簡単ではないと言えます。

 

 

 

例を挙げると、朝5時半起きの人が、週末だけ朝方3時寝、昼14時起きを繰り返せば、月曜日ですと起床時間のギャップに影響を受けて夜遅くに至るまで眠れず、その結果睡眠時間が想像以上に削られてしまうかもしれません。

 

 

 

であるため、週末の起床時間は遅くとも日常的な起床時間の3時間後までに行うことがベストと言えるでしょう。

 

 

具体的に言うと、普段、朝5時半に起きているなら朝8時半には起きる。これが12時、13時と伸ばしてしまうと、夜寝る時間帯も違ってしまい、その結果起床時間もズレてしまい、週明けに睡眠が足りない状況に頭を抱えてしまう事になってしまうかもしれません。

 

日々の睡眠時間はある程度は大事

 

週末にガッツリ寝て、平日は睡眠時間を削りバリバリ仕事する、と言うようなプランを立てても、これに関しては無茶と言えるでしょう。

 

 

 

人間の睡眠時間は1日単位にて動いていますから、週末のみで全部の睡眠時間をカバーしようとチャレンジすると、割と無理が出るはず。

 

 

 

という事で、15分程度の昼寝を導入すると、夜の睡眠時間が少なくともカバー出来ますからお薦めです。

 

 

 

若い時、学生や新入社員の時は、徹夜でテスト対応策、徹夜明けで学校に出掛けるなど、睡眠時間が多少最低限でも頑張れますが、大人になると睡眠時間の少なさによる集中力の低下は酷いです。

 

 

 

間違いを引き起こしますし、社会人として睡眠不足のまま職務をやるのはNGと言えるでしょう。

 

何時間寝れば朝起きるという作業が辛く無いのか??

 

平均睡眠時間はだいたい6時間となっているのですが、「何時間睡眠を取ればバッチリ朝起きれるの?」と考えますよね?

 

 

 

私自身は朝が嫌いですから、日常生活で起きることが辛く、二度寝はほとんどではないでしょうか。

 

 

 

何時間寝れば大丈夫なのか調査した結果は

 

睡眠時間は関係無い!睡眠は深さという事がわかりました。睡眠が深ければ3時間だとしても問題ないということ。つまり深く爆睡しろという主旨ではあるのですが、どうしたら爆睡可能なんでしょうか??

 

 

 

睡眠を妨害してくるのは主としてストレスと考えられます。労働のストレスがある為にか、ここ少し前から「歯ぎしり」をしたりし始める人が多いようです。特に新卒社員などは。また無呼吸症候群などもですね。

 

 

 

寝る以前にストレスを減らしとくという考え方が大事なんではあるのですが、そのポイントに関して実用的な方法を一つ提示します。!

 

 

 

効果があると言われるのは寝る前に「ストレッチ」を実行するのみで安眠が望めるそうです。すごくシンプルです。10分位ストレッチして寝れば安眠が出来ると言われています。

 

 

 

寝る前が効率的だと聞いていますから、ベッドの上などで試してみましょう。

 

関連ページ

自営業だけに限らずサラリーマンにもお勧めしたい昼寝|20分の昼寝で集中力を高める
昼寝の効果は昔から言われていますが、たった10分〜15分の昼寝をする事で集中力を増すことが出来ますし疲れも軽減出来ます。
ブラック業界のコンビニ、女性が深夜バイトをお勧めしない理由について
副業や実際の社員として、女性でもコンビニ勤務、深夜で働いている人が増えて来ましたが、防犯という観点よりも、お勧め出来ない理由があります。それは力仕事がハンパないからです。
睡眠時間が少ないとうつ病になる!社会人が注意スべき睡眠時間
社会人になった時、環境の変化、飲み会、残業など、睡眠時間が取れないという悩みを持っている方が多いです。最適な睡眠時間、また睡眠不足の怖さについて説明しています。
子供の小さいシングルマザーが養育費以外に仕事で稼ぐ方法|30代の相場について。
子供が小さい状態で旦那と別れたシングルマザーは、養育費などをあてにせず稼ごう方法を考えています。