第二新卒で転職を狙う

第二新卒 転職

 

右も左も分からない新卒社員でも、1年位働きだすと、だいたいの会社の状態が分かるもの。先がないと感じたら、速攻で第二新卒転職を考えるべきです。

 

 

社会人2年目にあたると、たいがいあなた自身の勤務している会社の立ち位置とか、スケール、将来性が分かってきます。ブラック企業のケースではたったの1年の時期に先輩が日々消えていきますし、同期も次々に散っていきます。

 

 

加えて、年齢の近い友人達の話を聞いていると、昇給額とかボーナス、休日数など職場環境のズレが鮮明になってくる時期となります。

 

 

業界とか企業スケールによる給料、条件の違う部分は際立つ部分です。

 

働きだして2年目位の場合はさほど感触無いことも考えられますが、昇給額というものは年を取るに連動して大幅に開きが出てきます。

 

 

万が一昇給額が少なかったり、ボーナスが減給されているようだとしたら、企業の将来性と言う様な着眼点においてキャリアを熟考するべきと言えるでしょう。

 

例えば会社の将来性に不信感を感じたら、第二新卒の枠が獲得出来るうちに今の仕事からの転職をした方が良いでしょう。

 

 

将来性の欠けているブラック企業にしがみついていると、どうなってしまうのか? 具体的な欠点を検証して行くことが重要です。

 

転職エージェント お勧め


 

会社の条件はそうそう変化しない

 

成長しているベンチャー企業などは例外なんですが、たいていの中小企業は爆発的に発展出来る事はなく、条件も大幅に変化することはないと言えます。

 

 

とりわけ昇給額は仕事場の人件費に大幅に関わってくる為に、おさえようとしてほしい企業がほとんどだと思います。とは言え、昇給額が限られるという事実は、基本給が簡単には上がらない=基本給はボーナスに対しても関係してくる為に、年収そのものが上昇しづらい、と言う様な数値になってしまうのではないでしょうか?

 

 

更には、中小企業は経済環境が悪くなると雇用を控える為に、世代に空洞があると景気好調の時に雇い入れされた上の世代がポストを占拠してしまい、なかなか昇進の絶好の機会がまわってきません。

 

 

そうなってしまうと、年収カーブにとてつもない影響が見受けられますし、30歳以降の仕事の転職は管理職としての経験、わかりやすく説明すると部下を訓練、制約した体験が欠けていると厳しくなってしまうのです。

 

 

雇い入れを毎年では無く、まばらに実施されている企業は要注意で、30歳を過ぎても管理職になれるという事は無い、と言う様なリスクが普通にあります。

 

就職2年目で熟考するべきキャリアプラン

 

第二新卒 転職

 

入社したての頃は、チャレンジしてみたいことがあったり、任務をマスターする事で精一杯だったことも想定されますが、1年経つと一息ついて客観的な着眼点であなた自身の立ち位置を見る事が出来るようになると想定されます。

 

 

大切なのは、会社内の立ち位置を見極めるだけに限定されず、会社外、一言で言うとあなた自身の人生と言う様なでっかい括りでキャリア計画を見つめなおすという意識が必要だと思います。

 

 

  • 今のブラック企業にいて生き残れる技能や経験がマスター出来るのか?
  • 30歳になった際、その業種(職場)は志望する年収に到達出来るのか?

 

などなど、現実的に計画をイメージして行かない限りは、結婚して所帯を持ったり家を手に入れるというようなケースも出来なくなってしまうのではないでしょうか?

 

 

年収格差は業界とか会社に左右されて露骨に差が出てきます。

 

 

人件費を安くして収益を残せている業界などに於いては、報酬アップは望めませんし、10年後に生き残れるか、と言う様な着眼点で予想するとキツイものが想定されます。

 

 

『使い捨ての人材』にならない対策のためにも、あなた自身の立ち位置を出来る限り見極め、仕事を変えたほうが好ましいと思ったのならば直ちに今の仕事からの転職の準備をしましょう。

 

第二新卒枠は依然として強い

 

社会人2年目〜3年目のケースでは、第二新卒と言う様な枠で中途入社するコトが可能なのです。

 

 

第二新卒枠は強く、未経験の業種、仕事内容でも入る事が出来るので、25歳までならばキャリアプランを苦も無く変更する事が可能なのです。

 

企業が第二新卒を欲しがるのは、第二新卒は社会人経験があり学校を卒業してすぐの人と比べて一からビジネスを教える必要が無い為に、大変コスパが期待できるというのが主な理由でしょう。

 

 

ニーズは大きく、社会人2年目だとしても会社からのアプローチは多いと思います。

 

 

『石の上にも三年』と言う様な言葉を踏まえて、下手に3年以上在籍してしまうと、その業界から抜け出すタイミングを失う可能性があるでしょう。

 

不本意ながら、財政に余裕が欠ける企業や業界は、そう易々と変わりませんし、人件費を安く買い叩いて儲けを出すビジネスモデルの業界に限れば継続していくほうが職務履歴から振り返ってマイナスになることも想定されます。

 

 

社会人2年目なので、仕事場の将来性に失敗の可能性を感じたら、第二新卒での職業を転職を視野に入れましょう。

 

 

第二新卒で仕事を転職をする場合は、転職エージェントを登録するというプロセスがお薦めだと思います。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

新卒で半年で辞めた場合、第二新卒として転職するのは可能?失敗しないポイント
30代、40代の人生のターニングポイントに転職を考えている方の為の情報サイトです。
契約社員は第二新卒として、好条件の正社員として転職は可能??
契約社員として20代働いてきた人は、第二新卒扱いで正社員になることは出来るでしょうか?
新卒者が退職して、失業保険を受け取りながら転職することは可能?
失業保険をもらいながら、新卒は転職することは出来るのでしょうか?
新卒社員、第二新卒の悩み、上司に放置されている、、対応策
上司に放置され、何をしていいのかが全くわからない、、、こういった方は結構います。
新卒社員のタメ口は改善できるのか?先輩社員や会社の考え方
タメ口を使ってくる新人が結構いますが、それを改善するのは先輩社員の役目です。
新入社員は上司と仲良く!絶対に嫌われては駄目です
新入社員であれば、上司と仲良くする事が大事です。結局は自分の為になります。
立ち仕事のツラさ|20代前半は1日15時間を超える勤務に耐えられるか?
立ち仕事の小売業について、立ち仕事なのですが、ちゃんと考えて働く準備をしておくことが大事。
『マンガ学科』って一体何?漫画家以外の就職は不可能なのか??
最近大学にデキているマンガ学科。これって漫画家以外の潰しは効かないのか??調べてみました。
かまってちゃん、新入社員がめんどくさい^^;それぞれの立場から、、
新入社員で面倒なタイプ。自分がどういったタイプなのか、また、後輩がこんな場合どうする??
新卒社員は電話に出るべき?慣れない業務で困った(^_^;)
新卒社員は『知らない自分が電話に出ても、、』と遠慮してしまうと思いますが、実は電話に出ない新入社員って嫌われるのを知っていますか?
【新卒の悩み】バイト先に就職?フリーターとして生活するリスクとか。。
バイト先に就職してしまおうか、、と悩んでいる若い人は多いです。フリーターとして働いたほうが気楽だし、まあまあお金もいいし、、という感じだからです。
新入社員が貯金をするのは可能?手取り約20万円でどれ位貯金をデキるか?
有事に備え、しっかりと貯金をするコト。そうすれば色々な時に余裕が出来ます。
新卒の就職活動の注意点、ブランドイメージにとらわれず、自分の個性が出る職場を選ぶべき
新卒の方はどちらかといえばブランドイメージ優先で就職活動をしているのではないでしょうか?若い時はブランドイメージというのは大変大事な事ですが、実際に働くにおいてどのような部分が一番意識する必要があるのか?という所を書いていきたいと思います
新卒のエントリーシートでよく出る課題『困難を乗り越えた経験』について
新卒の場合でエントリーシートでよく出る課題で困難を乗り越えた経験を書かせるものがあります。困難を乗り越えるというのをなぜ書かせるのか?またどのような答えを求めているのか?という事を考えましょう。