スポンサードリンク

30代、40代が鉄板の質問を外すと即不採用に??問われるのは、実はたった4つだけ

30代、40代の転職面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方など

 

30、40代と言う理由でといって、転職活動を複雑にイメージする必要はありません。『自己PR』と『志望動機』は、就活生も転職希望者も共通となっています。

 

これに30代や40代の転職面接希望者の場合は『(在職中の場合)仕事を変わることを志望する理由、(失業中の場合)前職を退職した理由』、『職務経歴』が加わります。たとえば、『転職の際の面接の時、ゴルフの話であれだけ盛り上がったのに、何で不採用なんだ』というような経験ありませんか?

 

趣味の話で盛り上がったと考えても、これらはいわゆる傍系の質問であって本流ではないからです。人材を探している会社が30代、40代の転職者を採用したいのは、『即戦力』が欲しいからに他なりません。即戦力として活躍することが可能な力量を見極める問いにおいてはおざなりだったならば、傍系の質問で盛り上がったとはいえ挽回は無理だと言えるでしょう。

 

下記の4項目が最重要だと思ってください。

 

自己PR

 

30代、40代の転職希望者だからこそ、企業から求められているものがあります。

 

会社に入ったとしたらどのような貢献ができるのかという視点から、その応募企業が求める優秀な人材にマッチするセールスポイントを的確に伝えてください。

 

志望動機

 

志望動機は、別の若い転職希望者が多数いることを意識してください。

 

雇い入れ側から見ると、皆似たような抽象的なことを伝えてきています。ここで独創性、納得性が発揮できれば、たちまち内定に近づきます。

 

(失業中の場合)前の仕事を辞めた理由

 

前向きな原因が求められます。

 

ここでは前職の悪口は勿論の事、批判は絶対に止めてください。別の評価がよくても、これで一発レッドカードになります。

 

職務経歴

 

応募企業、応募職種に合わせて訴求することがキーポイントです。

 

時間軸を意識せずにメリハリを付けると有効です。

 

これから働く予定の会社に貢献できるセールスポイントを見いだす方法とは?〜何かしら売りはある、絶対に躊躇しないこと

 

求人勝報の中の、必須条件となるスキル、更には歓迎すべきスキル、希望している人物像といった情報をくみ取って、それに合った自己アピールをしなければならないのは言うまでもないでしょう。

 

とは言っても、表記してあることはわかるけれども、それらにフィットした自分のアピールポイントが見当たらない、わからない、という転職者もほとんどではないでしょうか。そもそも応募先が求めるものトータルパーフェクトに持ち合わせている人なんて希有で、アピールポイントが浮かばないのでといって応募を躊躇することの方が失敗の可能性ありです。

 

こういった場合、次の3つの階層から考えると、あなた自身のセールスポイントが見えてきます。

 

3つの階層を念頭に置いてセールスポイントを考える

 

  1. ヒューマンスキル
  2. ビジネススキル
  3. テクニカルスキル

です。

 

まず1つ目のヒューマンスキルですが、これはこれから働きたい会社に活かせるあなた自身のパーソナリティです。

 

たとえば、明朗活発である、心身でもにタフだ、思慮深くてミスしないなど、あなた自身の生まれ持った性格に起因する強みです。根っから明朗活発であれば接客はもちろんの事、営業で活かせますし、タフさはどの雑務であっても活かせます。

 

2つ目のビジネススキルは、業種・職種に関わらず、プロフェショナルのビジネスパーソンとして身につけているビジネスマナー、それに加えITリテラシーといったものです。

 

就業経験があれば一定のスキルは修得済みで、更に30代、40代の転職者だと、マネジメントカ、プレゼン能力、計数感覚、俯瞰的視野、コーチングスキルなどを兼ね備えているはずです。

 

最後に3つ目のテクニカルスキル、これは応募職種で職務を遂行する上で重要なスキルや専門知識のコト。

 

30代、40代の転職者であれば1つ目、2つ目は難なくアピールできるはずで、大きな肝となる3つ目の点を攻略できるががキーポイントです。求人内容とあなた自身のスキルを照らし合わせて、アピール出来る所があるかを振り返っておきましょう。

 

30、40代でも外見で不採用になることがある?その背景にある採用側の本音、太った人が雇用されない理由

ビジュアル情報が相手に55%の影響を及ぼすという『メラビアンの法則』のとおり、採用過程において外観は大きな選考要素になると言わざるを得ません。

 

どれだけ能力がある転職者でも、業務遂行への悪影響が懸念されるほど太っていたり、服装がだらしなかったり、髪がボサボサだったりすると、受かるものも受かりません。アメリカでは、太った人は自分自身管理できていないという理由で管理職になれない、と言う様な話を聞いたことがあるでしょう。

 

これは国中企業の転職担当の面接官だって同じ認識。特に30、40代に対しては、採用担当者の見る眼がシビアなので、他の世代と比較しても一層、ビジュアル面に気を配るべきなのです。

 

お金をかければ何とかなる要素もある

あの経営の神様、松下幸之助は『自社製品が売れるのだったら、整形だって厭わない』旨を公言されたことがある様です。この精神をあなた自身に置き換えると、職を得るならば、金をかけてでもビジュアル面を磨く、ということになります。

 

仕事の転職活動がうまくいっていない方は、概してビジュアル面が駄目というケースが多いです。

 

特に30代、40代の転職希望者になると、ファッションに無頓着になる一方です。5年前に買ったヨレヨレのスーツ、袖が擦り切れて襟汚れがあるワイシャツ、ビジネスにはそぐわないデジタル時計、メタボな外見、ボサボサの髪で面接に臨んで、現実的に受かるでしょうか?

 

『馬子にも衣装』といいます。出来る限りの努力を行うべき。その部分への投資もしっかりとする事が仕事を変わった事で成功するポイントなのかもしれません。

 

30、40代の厳しい転職活動において、絶対におさえておくぺき基本事項とは?

『お金に余裕がない』、『買いに行く時間がとれない』、『外観なんて関係ない、俺は実力で勝負』云々、やらない理由ばかり探してしっかりとやらないから、受かるものも受からないのです。この腰の重さは、30代や40代の転職活動において致命傷です。早めにビジュアルカアップに励んでください。

 

お金をかけてのビジュアルカアップ方法

服装面の準備

  • スーツ
  • シャツ
  • ネクタイなど

小物面の準備

  • カバン
  • メガネなど

外観の準備

  • 髪型、ヒゲ、眉毛の手入れなど
  • 体型面の供与

その他

30代とか40代になると体型がバラバラなので、スーツはいわゆる『吊るし』と言う様な既製品ではなく、オーダーメイドを選ぶ事が差を付ける重要ポイントです。

 

あなた自身の体型に合ったジャストサイズのスーツ・シャツを着るのが必要です。ネクタイは派手・華美でないものを選ぶ事です。

 

服装面に気をつけていても、小物がNGという時も多い。カバンはビジネスユースのフォーマルなものをセレクトしてください。

 

メガネもずり落ちたり、痛んでいないか等をチェック、メガネは顔の中心です。ズレている、左右カタカタなど、ダラシない印象を受けます。

 

また、普段利用していなくても、美容室で用途に合った髪型にしてもらうのもありです。とにもかくにも清潔感が大事。

 

普段から運動しておきましょう。特にメタボ体型の人は、体型で落とされるという事のないよう、ダイエットに励むことです。

 

『スメルハラスメント』という言葉もありますので、タバコや汗の臭い、加齢臭、香水の臭いは、転職希望先の面接官に不快感を与える為、事前のシャワーやデオドラント・制汗剤を活用して、臭いを抑える対策が大切になります。

 

【30代、40代からの転職!】今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由


厳しい30代、40代の転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと断言出来ます^^


転職エージェントは、無料で活用出来て、30代、40代の転職条件の厳しい状況においても、それぞれにフィットした良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


『特技、スキルの無い30代、40代の転職希望者』でも条件が少しでも良い所で働ける様に全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


全国各地において職業を転職したいのであれば『リクルートエージェント』がイチ押し!


『30代、40代の方の今よりもいい条件で』の転職を検討中であるのであれば、管理人がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』となります。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>



リクルートエージェントは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、普段知ることの出来ない非公開求人を一番数多く取り揃えており、給料、ボーナス、年収などは勿論の事好待遇の企業の求人情報が集まっていることが特徴ではないでしょうか。


年収の増収、待遇アップに対してはうってつけの転職エージェントだと言えます。


大企業の関連会社など、業績が長年安定しており、景気に左右されない、好待遇の求人情報がほとんどで、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接についての受け答えに至るまで念入りに取り組んでくれます。


非公開求人に対しては優良求人が豊富にありますので、リクルートエージェントにお願いする事によって思わぬ働き口と出会える事があることも考えられます。



30代、40代は新卒や第二新卒と比べると不利ですが、強みも当然ありますので、その部分を活かすのは、いかにいい転職エージェントに登録し、利用するかという所だと思います^^


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>

関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
転職の際の妥協しないコツ。妥協しない条件設定で転職後に後悔しない
転職の為の下準備が必要です。条件設定の為に必要な事。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。
40代の転職を上手くヤるために必要な心構えについて
40代からの転職で上手くヤるために必要な心構えについてです。どういった意識を持てば転職が成功するのでしょうか?
30代と40代の転職市場の昔と今について
転職市場も一昔前と比べて大分変わってきています。どのような変化が起こっているのかも知ることが大変重要な事です。
40代の転職は即戦力アピールか会社への忠誠心を見せる事が大事
30代よりも圧倒的に不利な転職市場の40代ですが、企業が求める40代についてしっかりと理解する事が大事です。企業が求める40代の転職者について。
30代、40代だから転職の際に制約事項をしっかりと確認する
親の介護、子供の学校等ロケーションの面でも、転職の際に足かせになる可能性もあるので注意が必要です。
30代、40代の転職活動には自己投資をする|見た目等が大事
30代、40代の転職は、ただでさえ若い人に比べて不利です。自己投資をしっかりとする必要があります。
30代、40代の転職で異業種や異職種へ転職出来るのか?
30代、40代の転職活動において、異業種や異職種に転職する事は出来るのでしょうか?現実的には厳しい状況であると言えるでしょう。
30代、40代の転職の際、これはヤッてはダメな表現方法とは?
30代や40代の方であれば、やって良いことと悪いことをしっかりと区別して表現する必要があります。
30代、40代、転職回数が多い場合の効果的な職歴の書き方
転職回数が多い場合、それを効果的に見せる事が出来るのか?30代、40代の男性であれば知る必要があると思います。