エントリーシートで矛盾を産ませない

新入社員 転職

 

エントリーシート(ES)の作業という形で頻出しているのが『職場に入って挑戦したいという内容』を書かせる作業でしょう。

 

 

多数の学生を悩ませるタスクの1つで、業界研究とかキャリアプラン、志望動機が曖昧であると記載するというプロセスが出来ないでしょう。

 

 

『企業に入って取り組みたい事』は志望動機という部分も繋がっていなければいけないことに加えに、業界見識をある程度つけていなければ駄目だと言えます。取り組みたいコトは、どのようなことでも大丈夫ではありません。

 

 

何はさておき、エントリーシート記述の手がかりにすることをお勧めします。

転職エージェント お勧め


 

あなたの夢を自由に書いてはいけない

 

『業界に入ってやってみたい事』と『あなた自身の夢・キャリア企画』がごちゃ混ぜにしないことが重要だと言えます。

 

 

雇用担当の面接官が期待しているのは『あなた自身が人生にて』挑戦したい事では無く『あなたがうちの企業に入って』頑張ってみたい事なんです。

 

 

同様に『この後は独立後に大金持ちになってみたい』『プロフェショナルの小説家を目標にしたい』『世の中に役に立つ人間を目標にしたい』など、離職あるいは独立を視野に入れた中身、会社と関係無い中身、どこでも使いまわせる中身は解答としてふさわしくないと言えます。

 

業界調査を取り組んで本質を掘り下げよう

 

採用担当の面接官が『会社に入って挑戦してみたいという内容』において観察しているポイントは、学生の持っている業界見識と熱意ではないでしょうか。

 

 

株式会社サントリー食品が『ペプシしそ味』など変な味のペプシを年々リリースしているのは注目の的となっていますよね。

 

 

エントリーシート(ES)などに於いては、このようなポイントを真似て、あなた自身のチャレンジする業界に対してのヒントを手に入れるというようなケースも不可能ではありません。

 

 

全く関係のない業界、全然関係ない文化から手掛かりを手に入れてプランを思いつく、挑戦したいという内容をふくらませる事が重要だと言えます。

 

 

ありきたりな詳細の場合、訴求力がないと言えますし、かといって、あまりにもデタラメな中身では達成性が薄く、やはり説得力が落ちてしまうのではないでしょうか?

 

  1. 興味深い詳しい内容で、その上やろうと思えば出来そう
  2. 業界の事をある程度理解しており、業界の事に触れてある
  3. お客様(消費者)のことも想像している

 

上記3ポイントが『企業に入って挑戦したいポイント』を記載する際におさえるべき重要ポイントとなります。

 

職歴計画の着眼点から記載するという方法も意識しよう

 

文字数に余裕があったり、企業の面接に於いてキャリアプランに関して聞かれた場合は『企業に入って挑戦したい事』と矛盾しないキャリア計画を書いておきましょう。

 

 

例を挙げれば『御社に就職した場合、営業職という形で商品見聞、売れ行き、小売店の対応等についても学び、最後には現場を把握している商品開発と言う様な立場で、業界にモダンな風を吹かす新商品を続けて計画やっていきたい』

 

 

といたように、最後にはいずれのポジションでどんな仕事がしたいのか、と言う様な先の先に至るまで予想するという意識が必要不可欠です。

 

 

採用担当の面接官に『企業に入って3年後に快進撃中のあなた自身の状態』を感じさせれば大成功と言えるでしょう。

 

ストーリーに一貫性を持たせよう

 

何よりもいけないのは、志望動機とか自己アピールなど別のテーマの条件と矛盾するコトと言えるでしょう。

 

 

具体的に言うと志望動機に於いて『海外に関しての販売に携わりたい』と書いているのに、『商品開発をチャレンジしたい』となると、ちょっと矛盾が出ます。

 

 

営業の仕事という形で商品知識、売れ行き、小売店の対応等についても学び〜の箇所に、国内外問わず、と入れておけば一貫性が増します。

 

 

このような細かな矛盾、読んでいていて『あれ?』と考えるようなポイントは極力、削除、書き直しを行い訂正していくことが大事だと思います。

 

 

エントリーシート(ES)は小説と一緒です。矛盾とかキャラ崩壊があるとしたなら、雇用担当の面接官は一発で気づきますし、一貫性を持っていない人間は『薄っぺらい』と考えます。

 

 

就活本をコピペしたり、友人のエントリーシートを真似した場合、このような矛盾が生じてきてしまう為に、取り敢えず遠回りかもしれませんが、業界紙を読んだり業界研究を取り組んで、心からあなた自身のチャレンジしたい事をはっきりさせるという意識が求められます。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?

関連ページ

エントリーシート(ES)の書き方や、考え方のコツなど
面接でよくあるエントリーシート(ES)での質問ですが、意識する所はどういった所でしょうか。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートに自分の過去に夢中になったこと、打ち込んだことが思いつかない
部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
自分を大きく見せる為のエントリーシートの書き方|嘘でも大袈裟でもなく、上手く書く方法
エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
エントリーシートのアピールポイント|趣味や特技で好印象ゲット
エントリーシートの書き方によって、随分と印象が変わります。内定率がアップするエントリーシートの書き方はあるのでしょうか?
就職活動での自己表現、自己PRの書き方|内定を取りやすくする為には?
就活マニュアル通りにやるのではなく、独自の観点で就活を行う方が絶対にライバルに差を付けることが出来ます。