漫画家で喰っていく!!マンガ学科について

近年では大学の芸術学部にマンガ学科を新設している場所が増加傾向にあるのをご存知ですか。

 

『マンガ学科は一口に言うと専門学校でしょ?』

 

と思ってしまいますが、実はそうではないのです。
四年制の大学などでマンガ学科を有している大学が、ここ数年想像以上に増えているのです。

 

転職エージェント お勧め


 

麻生太郎の影響でクールジャパンなどで漫画が取り上げられてあるとは言っても、大学の専門教科にについてもなっているというのは驚きでしょう。しかしながら、問題点は

 

  • マンガ学科を卒業後に漫画家になれるのか? 
  • 万が一漫画家になれなかったら(メシを食っていけるレベルという意味で)既卒無職になってしまうのか?

 

と言う様な『失敗の可能性』の問題ではないでしょうか?

 

 

答えをはっきり言うと、漫画家になれなくても、大学卒業という部分でイラストレーターとか広告業界、他業種に勤務する事は可能でしょう。

 

 

 

しかし『漫画家を諦める』と言う様な承諾する前提が不可欠と言う様な問題点があります。

 

漫画のスキルを身に付けるためには期待して良い環境

 

マンガ学科と言われているだけあって、授業はデッサンは勿論の事脚本技術、果ては一流出版社の編集者のアドバイスなど、思っている以上に充実しているといえるでしょう。

 

 

 

マンガ学科に所属している学生も、基本的に漫画好きですから、友達の部分には不自由しないだろうし、ライバル同士、切磋琢磨しながらスキルを磨くためには理想的な環境ではないでしょうか。

 

 

 

ライバルとか一緒の志を持ったヒトが間近に存在すると、モチベーションの継続が出来易いと言う様な研究結果があります。

 

 

 

当然、前からヤル気の持っていない人間の場合はは意味がありませんが、真剣に漫画のスキルを身につけたいと望んでいる若者に対してはうってつけの学科と断言できます。

 

 

 

専門学校と比較すると四年間と卒業に至るまでの猶予が長く、途中で『それよりもサラリーマンという形で働こう』と考えてもチェンジ可能です。専門学校とは異なり、学歴も大卒ですので、進路を変えた際の選択肢は大学のマンガ学科の方が広いのは明確です。

 

 

 

当然のことで、学費は4年分である為大学の方が割高になります。とは言え、リスクマネジメントといった面に限れば、マンガ学科が圧勝しているのは明白ではないでしょうか。

 

連載を持てる学生は卒業生についても一握り

 

言うまでも無く漫画あるいはイラストレーターの世界は超実力主義です。

 

 

毎日の苦労はもちろんのこととして、それらのうちでも能力に秀でた人間でなければ漫画家という形で生き残るコトは厳しいでしょう。

 

 

 

今まで、各マンガ学科の卒業生に於いて『雑誌デビュー』に至るまでいっている生徒はいっぱいいるが『雑誌連載』『単行本出版』に至るまでいった卒業生は殆どいません。

 

 

 

また、どれだけスキルをレクチャーしてくれるとは言っても、制作とか持ち込みなど自主的に自分のものにする考えがなければ、趣味が一緒の人間同士と言う理由で馴れ合うのみの、意味の無い学生生活になってしまいます。

 

 

 

事実、アニメ系の専門学校同様に、同様の趣味を持つもの同士と言う理由で馴れ合うばかりでスキルを磨く苦労を怠り、結局のところ漫画家にもイラストレーターにもなれないケースが多いのが現状です。

 

 

 

いくら状況が完ぺきに整っていても、自分自身のヤル気がなければプロデビューなどは夢のまた夢なのは間違いありません。

 

広告業界などに就職も可能です

 

マンガ学科の就職口としては広告業界とかデザイン会社など、漫画家以外の道も準備されています。

 

 

 

その一方で、今まで挙げた魅力こそがデメリットにもなり得るという所を知っておきましょう。

 

 

 

漫画家という形での成功を志すためには、たくさんの修行と積み重ねが大事ではないでしょうか。要するに手間暇が必須だし、小説家みたいに兼業などで目指せるような職業ではありません。

 

 

 

結局のところ、漫画家を目指すということは、自らの腕に一生をかける、一か八かのバクチなのだという事を覚悟できるかどうかなのです。

 

 

 

大卒という保険を設ける事によって、妥協するキッカケになってしまう恐れも否定出来ません。

 

 

 

漫画家は30代後半で花開く時もありますが、就職はそう簡単にはいかないものです。30歳を超えれば職務履歴なしのケースでは、転職や再就職は容易でないだろうと安易に予想出来ます。

 

 

 

イラストの労働も、スキルが伴っていなければ食っていくのはこんなんです。汚れ仕事とかでも何でもチャレンジするという気合を保持しているのであれば、仕事はあるが、やはり才能は必要不可欠なのは間違いありません。

 

 

 

漫画家になると心の準備して、気楽な気持ちで学校に通うのはリスクだと思います。

 

 

 

学校はあくまで環境を用意するのみで、デビューのタイミング、生き残れるスキルまでは提供してくれません。

 

 

 

漫画家になると言う様なバクチと大学等の保険は、相容れない存在なのかもしれません。とは言え、一緒の志、ライバルと出会う高確率のチャンスにはなる為に、漫画家に対する想いが大きいのだとしたらマンガ学科への受験を熟考するのもありなのかもしれません。

 

転職エージェント お勧め


関連ページ

新卒で半年で辞めた場合、第二新卒として転職するのは可能?失敗しないポイント
30代、40代の人生のターニングポイントに転職を考えている方の為の情報サイトです。
契約社員は第二新卒として、好条件の正社員として転職は可能??
契約社員として20代働いてきた人は、第二新卒扱いで正社員になることは出来るでしょうか?
新卒者が退職して、失業保険を受け取りながら転職することは可能?
失業保険をもらいながら、新卒は転職することは出来るのでしょうか?
新卒社員、第二新卒の悩み、上司に放置されている、、対応策
上司に放置され、何をしていいのかが全くわからない、、、こういった方は結構います。
新卒社員のタメ口は改善できるのか?先輩社員や会社の考え方
タメ口を使ってくる新人が結構いますが、それを改善するのは先輩社員の役目です。
新入社員は上司と仲良く!絶対に嫌われては駄目です
新入社員であれば、上司と仲良くする事が大事です。結局は自分の為になります。
立ち仕事のツラさ|20代前半は1日15時間を超える勤務に耐えられるか?
立ち仕事の小売業について、立ち仕事なのですが、ちゃんと考えて働く準備をしておくことが大事。
かまってちゃん、新入社員がめんどくさい^^;それぞれの立場から、、
新入社員で面倒なタイプ。自分がどういったタイプなのか、また、後輩がこんな場合どうする??
新卒社員は電話に出るべき?慣れない業務で困った(^_^;)
新卒社員は『知らない自分が電話に出ても、、』と遠慮してしまうと思いますが、実は電話に出ない新入社員って嫌われるのを知っていますか?
第二新卒でも条件のイイ働き口はある!2年目で将来性がないと感じる会社にいる必要はない
右も左も分からない新卒社員でも、1年位働きだすと、だいたいの会社の状態が分かるもの。先がないと感じたら、速攻で第二新卒転職を考えるべきです。
【新卒の悩み】バイト先に就職?フリーターとして生活するリスクとか。。
バイト先に就職してしまおうか、、と悩んでいる若い人は多いです。フリーターとして働いたほうが気楽だし、まあまあお金もいいし、、という感じだからです。
新入社員が貯金をするのは可能?手取り約20万円でどれ位貯金をデキるか?
有事に備え、しっかりと貯金をするコト。そうすれば色々な時に余裕が出来ます。
新卒の就職活動の注意点、ブランドイメージにとらわれず、自分の個性が出る職場を選ぶべき
新卒の方はどちらかといえばブランドイメージ優先で就職活動をしているのではないでしょうか?若い時はブランドイメージというのは大変大事な事ですが、実際に働くにおいてどのような部分が一番意識する必要があるのか?という所を書いていきたいと思います
新卒のエントリーシートでよく出る課題『困難を乗り越えた経験』について
新卒の場合でエントリーシートでよく出る課題で困難を乗り越えた経験を書かせるものがあります。困難を乗り越えるというのをなぜ書かせるのか?またどのような答えを求めているのか?という事を考えましょう。