スポンサードリンク

転職エージェントは複数登録がお勧めです

転職エージェント デメリット

 

転職エージェントを利用するにあたり、忘れてはいけない基本として、複数社を併用するというのがあります。

 

 

なぜ転職エージェントを複数無料エントリーするべきなのかについて説明していきたいと思います。

 

転職エージェントによって求人の内容が大きく異なる

 

 

分かりやすく例えるのであれば、不動産の代理業者だと、空き物件の情報は共有しているので、どの仲介業者でしても大差はないと言えますが、転職エージェントの場合は企業の求人の内容に大きく差があります。

 

 

 

転職希望している次の働き先や希望先の企業の求人が『転職エージェントA』にはあるけど『転職エージェントB』にはないという事が当たり前に起こります。

 

 

 

ほとんどが非公開求人になっている為、実際に転職エージェントを利用してみないと、希望する転職先の企業や会社の社員の求人があるのかは分からないようになっています。

 

 

 

少しでも希望に近いこれから働きたい会社に転職するには、複数の転職エージェントを併用したほうが間違いなくイイです。

 

転職エージェントは複数登録して最後に1社に絞る

 

 

転職エージェントを上手に選べたとしても、あなた自身の仕事の転職活動の成否を最も決定づけるのは、あなたの担当になった転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)です。

 

 

転職支援サービスを直接仕事を探している転職希望者に提供してくれるのは転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)です。ですので、キャリアアドバイザー(CA)があなたの相性に合わない相手だったり、やる気の欠けている人だったりした場合は、いくら転職エージェントを活用しても、アナタの特徴を活かせる仕事内容にありつけないという可能性もあります。

 

 

つまり、転職エージェント選びには成功しても、質の低い転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)だと意味がないと言えるでしょう。実際は、それぞれの転職エージェントは、キャリアアドバイザー(CA)の変更依頼は概ね受け付けてくれます。

 

 

しかし、1社だけだとあなたに合った転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)をつけてもらうのに時間的にも人手的にもなかなか限界があります。ですから、転職エージェントは複数併用するというのが原則なのです。

 

 

転職エージェントを最低でも2、3社程度登録しておき、その数社の中のどれかがあなた自身にフィットしたキャリアアドバイザー(CA)を付けてくれれば、あとはその人に任せて仕事の転職活動をすれば1人で転職活動をするよりもダントツで能率が上がります。

 

 

 

さらに、転職エージェントの中には多数の転職希望者を少数のキャリアアドバイザー(CA)でさばいているため、レスポンスが慢性的に遅い業者というのもあります。

 

 

 

この様な転職エージェント対策としても、複数転職エージェントを並行して使う方が、仕事の転職活動をスピーディーに進めることができます。

 

 

最初から1つの転職エージェントに絞る必要は全く無く、ある程度利用してみた段階で結果的に1社に絞るのがベストの方法です。

 

 

最初からベストマッチな転職エージェント・転職エージェントのキャリアアドバイザー(CA)は見つかりませんので、手探りで使って行くうちに徐々に1本に絞っていく方が絶対にいいです。

 

:

転職エージェント お勧め


転職エージェントの選び方

転職エージェントに登録する際、非公開求人はそれぞれ転職エージェントによって特徴があったりするので、大手などの転職エージェントには基本全登録するといいです。

 

 

 

ここでは転職エージェントの選び方について書いてみたいと思います。ただ、実は転職エージェントの選び方はそんなに難しくありません。

 

 

最終的に3社くらいを選ぶのがベターなので、あまり難しく考えなくてもいいですが、簡単な選び方・考え方だけ書いておきます。

 

総合型転職エージェントと特化型転職エージェントがある

 

最初に知っておくべきことは、転職エージェントは大きく2つに分けられるという所です。

 

一つはマイナビとかパソナキャリアなど、幅広い種類の求人をたくさん扱う総合型転職エージェントです。

 

 

 

そしてもう一つはIT転職ナビとかメイテックネクストのような、特殊スキルを求めている様な、求人ジャンルを限定した特化型転職エージェントです。

 

 

 

総合型転職エージェントは大手で有名なところが多く、求人数は圧倒的、にあるため、このあたりはしっかりと登録する事が確実です。特に30代、40代の転職者であれば、自分だけでは絶対アプローチ出来ない様な企業をピックしてくれる可能性もあります。

 

 

 

特化型はあまり聞き慣れない業者が多いですが、求人のジャンルを特化しているために、CA(キャリアアドバイザー)の質が必然的に高くなり、結果マッチング精度が高まります。

 

 

自分的には、大してウリにならないだろうと思っている様なスキル等をCAが拾ってくれる可能性もあります。

 

 

 

特化したスキルを持っているとして、転職エージェント経由で求人に募集すると、CA自体がその分野の知識を持っていることも少なくないので、かなり専門的な質問や要望もスムーズに進められる場合が多いです。

 

 

総合型の転職エージェントの場合、特殊スキルの場合拾えない可能性があるため転職エージェントを使うメリットがないというケースもあります。その様な際、特化型の転職エージェントが有利です。

 

 

 

特殊スキルの求人を探しているケースで言えば、特化した転職エージェント経由で求人を探した場合と、総合型転職エージェント経由で求人を探した場合では、紹介される求人自体が違ってくる可能性も高いです。

 

 

 

特化型ではマッチングの段階からCAの知識が活かされるケースが殆どです。

 

 

 

専門職を求めている人が総合型転職エージェントに行ってしまうと、なにかと煩わしいケースが発生する可能性も出て来るのです。

 

総合型と特化型の転職エージェントを併用して、応募する求人を最終的に決定する

 

もし最初から応募したい求人のジャンルが決まっているのであれば、その求人に特化した転職エージェントに登録するのがベストです。

 

 

 

しかし、30代、40代の転職の場合、まだ自分はどんな求人にするか決めかねているという人も多いと思います。あるいは『自分の前職のスキルなんて価値がないかも、、』という風に思っているケースも多いです。

 

 

 

そういう人はとりあえず総合型転職エージェントに登録するといいと思います。特に30代、40代であれば、1人で転職活動をすると色々な面で不具合が出る可能性が高いので、しっかりと転職エージェントを使うべきです。

 

 

 

自分探しをCAに手伝ってもらい、自分に合いそうな求人や、そのジャンルなどを探っていきます。

 

 

 

ある程度自分に合ったジャンルが明確になって来たら、今度はそのジャンルに特化した転職エージェントが無いかを調べていくのです。

 

 

 

もしあればその転職エージェントに登録し、今度はその特化型転職エージェントのCAに、さらに自分にマッチした求人を選んでもらうのです。

 

 

総合型と特化型の転職エージェントを併用して求人を探すことによって、自分にあった転職先の精度が上がってきます。

 

  • 自分は何に向いているのかまだわからない
  • 多くの選択肢の中から自分にマッチした求人を選びたい

という様な人は、とりあえずは総合型転職エージェントに登録するといいです。

 

 

 

転職エージェントは複数に登録する方が絶対にメリットがありますので、とりあえずは総合型転職エージェント2、3社に登録してみるのがお勧めです。

 

:

転職エージェント お勧め


関連ページ

転職エージェントのメリットについて
30代、40代が転職をする際、転職エージェントに登録することは必須です。メリットについて書いています。
転職エージェントのデメリットについて
転職エージェントに登録するデメリットはあるのか?いいことばかりではない??
転職エージェントが無料の理由と、求人サイトとの違い
なぜ私たちは転職エージェントを無料で利用することが出来るのでしょうか?その仕組みと通常の求人サイトとの違いについて説明します。
転職エージェントは誰でも登録出来る訳ではない|拒否される理由
実は転職エージェントというは誰でも合格する、というわけではありません
転職エージェントが非公開求人が多い理由を教えます!
魅力的な『非公開求人』が転職エージェントには沢山。でも、キャリア豊富な人に知って欲しい求人が、なんで非公開求人なんでしょうか?
優位な転職をする為の五つの必勝パターンについて
転職活動は何も考えずにいきなり求人を調べても全く望みどうりにはなりません。、勝負に再び後悔しないようにする為にも、しっかりと転職で上手くいくためのポイントを押さえておきましょう
時間が無いのはライバルも一緒!転職では情報戦、価値のある情報を入手
時間がないのはライバルも同じです。多少の出費は惜しまず情報収集をすることは、かなりのメリットとなります。