スポンサードリンク

ブラック企業で働きすぎると、、、

ブラック企業で働いていると、一体どういった精神状態になるのでしょうか、、、

 

ブラック企業 過労死

 

コチラのページにはブラック企業が無くならない理由を書いていますが、まず健康が第一と言う事を理解しておきましょう。

 

 

 

ブラック企業で我慢せずとも、今は転職の条件は沢山ありますので、前向きに考えていきましょう。

 

 

 

職務が22時くらいに終わり、23時に帰宅することが当たり前になっていらっしゃる社会人は1日の勤務時間が10時間を上回っており、これが連続するようならば身体と内面のバランスが崩れていきます。

 

 

 

23時帰宅のケースでは、お風呂とか食事のタイミングがまともにとれ無いという理由で、ストレスとか疲労を癒やす余裕が足りなくなります。

 

 

 

その結果、鬱とか疲労という理由でくる疾患の発症危険性がビックリするほど高まり、最悪のケースでは過労死してしまうのではないでしょうか?

 

 

 

就労時間が10時間を超すと、カラダにどのようなサインが見受けられるのでしょうか?

 

 

 

今回は緊張と疲労が限度いっぱいになりマックスに来た際に起こる事案につきまして検証していきましょう。

 

躁うつ病病と同様にハイテンションになり疲労を感じなくなってしまう

 

10時間を超える勤務を続けていると、ランナーズ・ハイと言われる現象に似た様子となると考えられます。疲れを感じなくなり、それとは逆に快感を得るのと同様の状態なってしまうのです。

 

 

 

躁鬱病みたいな状況なので、これに関しては危険性な信号のひとつになります。

 

 

 

疲労を把握してないケースのまま無理な勤務をすると、極限まで超えて急に倒れてしまい病院施設に入院することになってしまうのではないでしょうか?

 

突然、悲しくもないのに涙が出てくる

 

涙はストレスを解消する調節弁の役目を持ち合わせています。無意識のうちに涙が出るという事実は、緊迫状態の許容値が限界まで超えており、防衛反応といった形で涙が現れている確率が高いでしょう。

 

 

 

高レベルのストレス状態を放置していると、じわじわと鬱病の症状が出てきます。朝起きれなくなったり、突然に頭の中が硬直したかのごとく、何も考えられなくなったり、最悪のケースでは総合失調症になり幻聴、幻覚に悩まされる場合もあるのです。一旦、鬱病を発症してしまった場合治療は短くでも6か月はかかります。

 

自殺衝動が起こる

 

長時間勤務を体験していると、最後にはは自殺衝動が起こります。

 

 

 

電車のホームからの飛び降りがなくならないのは、上記と同様に極限までに達している社会人に限って言えば、鉄道に飛び込むという考え方が無意識のうちに救われる手段であると思い込んでしまい、吸い込まれてしまうようです。

 

 

 

過労死は心臓疾患とか脳卒中だけに限定されず、過労自殺といって自殺衝動も疲労とかストレスという理由で起こります。

 

23時帰宅が重なるようだとしたら転職を考えよう

 

今までの過労死の統計によれば、10時間〜12時間勤務をすると、たったの1ヶ月半などで死亡したといった記録があります。

 

 

 

長時間勤務は、驚くほどに高ストレスなので、わずか1ヶ月半などで人を死に至らしめる事が出来てしまうということです。23時帰宅が常習化行われているような仕事場に入ってしまったり、人手が足りないが続いて長時間帯勤務を強要されるようだとするなら、早めに退職するべきです。

 

 

 

どうしようもないのですが、責任感の出ている人間であればあるほど過労死などで死亡してしまう確率が高くて、更には有名企業なのでといって過労死が出てきにくいわけじゃありません。

 

 

労働力不足とか業界の悪習などにより、有名企業だろうと過労死が起こる条件が出来てしまう可能性が考えられます。

 

 

23時帰宅が続いたら、一旦、転勤を思案する事を心に留めておきましょう。命を失ってしまっては、全部おしまいだと思います。

 

 

 

「退職した場合マイナス」などイメージして無理をしたら、速攻で身体とメンタリティが壊れてしまうのではないでしょうか?

 

 

 

仮に逃げるのと同様に退職しても、転職という様な選択肢が存在します。
長時間帯勤務の危険性に苦悶すると比較しても、思い切って転職を熟考する事をお勧めいたします。

 

 

 

そうは言っても、転職をやった経験がない人の場合、どんな方法で転職活動をやれば大丈夫なのか理解していないでしょう。

 

 

 

転職経験者の人に関しても、どんな方法で年収が期待できる求人を見つけ出せばいいのか、いろいろと悩んでしまう事があると思われます。

 

 

 

そのためイチオシなのが、転職のエキスパートと言われる転職エージェントを活かして、年収のいい仕事場に職場を変える方法となります。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

 

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます

 

 

転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身にフィットした良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。

 

 

 

転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。

 

 

 

転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。

 

 

 

しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。

 

 

 

よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。

 

 

 

転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。

 

 

 

転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストなポイントではないでしょうか?

 

関連ページ

ブラック企業がなくならない理由、なぜブラック企業が栄えるのか?
ブラック企業が栄え続ける理由。それは特別な事をしているからでしょうか?
コンビニ業界は悪評高い?コンビニで正社員になる際の注意点など
小売業で比較的給料が高いコンビニですが、正社員として働くと思っている場合、注意する所などはあるのでしょうか。
ブラック業界の中のホワイト企業の探し方、ホワイトの会社はあるのか?
ブラック業界と言われている業界はありますが、その中でもしっかりとしたホワイト企業はあります。
外食産業などのブラック企業はびこる業界からの脱却と転職活動
労働環境がどんどん悪化していると言われている外食産業ですが、脱却方法は転職、もしくは別の職場となります。
飲食店はブラックが当たり前?飲食業界の知られざる常識について
接客業は基本的にみんなが休みのときに出勤したりとか、ブラックないイメージが多いのですが、実際のところ飲食業は本当にブラックなのか?
働きやすい企業とブラックの企業の見分け方|転職の際に注意すべき企業を見るポイントについて。
転職をする際注意するところをしっかりと意識してください。そうしなければうわべだけの判断でブラック企業に就職する可能性もあります。現状を良くしようと思って転職をしているのですから、焦らずに大事なポイントを押さえブラック企業に入れないようにしましょう。
ブラック企業で働いている人間はなぜ辞めないのか?過労死寸前まで行っているのに辞めない理由について考える
転職を考える理由としては、ブラック企業で働いてきたからと言うのがあります。ブラック企業と分かっていながらも、なぜみんな何でも働くのか?
ブラック企業あるある|ブラック企業が求人の際に使う手口
ブラック企業あるある、ブラック企業は言葉巧みに求人情報を行います。ですので、そういった言葉に惑わされない様にする必要があります。
ブラック企業について|ハードワーク=ブラックは正しい解釈?
ブラック企業の定義とはどういったものでしょうか?ブラック企業についての考え方です。
ブラック企業あるある、休暇、有給中に社用の電話がなりやまない
休みを取っているにもかかわらず、電話をガンガンかけてくる会社があると思いますが、この様なケースではどういった解決法があると思いますか?