30代,40代がゆえのハンデを補う方法とは?年齢オーバー、経験不足、短期での退職等をフォローする

webレジュメ 転職 書き方

 

30代、40代の転職希望者ならば、何かしらハンデを抱えていると思われます。しかしながら、転職市場ではそのハンデをキッチリと補わないと勝ち抜けません。

 

 

あなた自身のハンデは把握しているのですから、先回りしてそのハンデとどう向き合っているか、ハンデ解決にどうやっているか、を履歴書に明記してください。

 

 

ここのところを書く場所ば、志望動機欄や特記事項欄があればそこで、なければ本人希望記入欄を自由記載欄と同じ様に利用してよいでしょう。

 

 

ボリュームが多いようであれば、『添え状』を用いる方法もあります。具体例としては、

 

  • 募集年齢よりも年齢が高い
  • 職務経験がない・経験が浅い
  • 短期で仕事を辞めるを繰り返している
  • 勤務地が住まいから遠方である
  • 病気がちである

 

等が考えられます。

 

この悪い印象の現実をそのまま書いて放置していたら、合格を勝ち取るものも受からないでしょう。書類上でハンデを書いたなら、ちゃんと書類上でカバーする事が必須です。

 

短所は本当に弱みなのか?

カバー方法ですが、ウィークポイントをプラスに替えるという手法があります。

 

 

たとえば、仕事を変わった回数が多い場合、この部分を逆手にとってどの働き場所でもすぐにフィットできる『環境適応能力』や『柔軟性』が身についていること、一緒の職種であればいろいろな今までの会社で積んだ豊富な業務経験を自己アピールできるはずです。

 

 

一方ハンデを自己アピールに置き換えできない場合は、下手に言い訳を延々と展開するのはNG。逆に過去の反省を踏まえて、転職して入社した後にいかに貴社に貢献できるのか、という展望を述べた方が評判は上がります。いずれにせよ、ハンデはそのまま伝わると不利、きちんとカバーすることが不可欠です。

 

ハンデ事例とフォロー案

応募年齢と比べても年齢が高い

 

年齢が高いのは事実で変えようがない。それよりも豊富な経験に基づく見識・能力や、年齢感じさせないフットワークのアドバンテージ、柔軟性、適応能力能力等をアピール。

 

経験がない・経験が浅い

 

ポテンシャル能力ややる気・情熱を自己アピールするのも大事だが、むしろ異業種・異職種だろうと今まで培ってきた経験値がどのように臨機応変に使えるのか、をアピール。

 

短期で仕事を辞める事を繰り返している

 

仕事の転職回数の多さや短期で辞めている事実は変えようがない。いい訳めいたことを綴るとかえって印象が悪い。過去のあなた自身を真摯に反省し、この先に対してコミットメントする方が、潔くて好感が持てる。

 

勤務地が自宅から遠方である

 

今までに遠距離通勤の自分の経験があれば、それをアビール。また、必要だとするなら転居する準備があることをアピール。

 

病気がちである

 

一生付き合っていかないとならない持病を抱えている場合でない場合は、普段から手洗いをはじめとして、うがい、食事制限、定期的な運動など健康状態を管理することを徹底していることをアピール。

 

学歴に自信がない(例:高卒)

 

30代、40代の転職希望者になれば、学歴云々よりも実績勝負。応募条件に於いて学歴の壁を明記していなければ、気にせずに堂々とオリジナルの職務経験・スキルを伝えればよい。

 

webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代

30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め


全国各地において職業を転職したいのであれば『リクルートエージェント』がイチ押し!


関東以外、関西とか地方など全国に於いて今の仕事からの転職を検討中であるのであれば、管理人がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』となります。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>



リクルートエージェントは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、普段知ることの出来ない非公開求人を一番数多く取り揃えており、給料、ボーナス、年収などは勿論の事好待遇の企業の求人情報が集まっていることが特徴ではないでしょうか。



ですから、年収の増収、待遇アップに対してはうってつけの転職エージェントだと言えます。



大企業の関連会社など、業績が長年安定しており、景気に左右されない、好待遇の求人情報がほとんどで、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接についての受け答えに至るまで念入りに取り組んでくれます。



非公開求人に対しては優良求人が豊富にありますので、リクルートエージェントにお願いする事によって思わぬ働き口と出会える事があることも考えられます。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>

関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。