スポンサードリンク

40代が最重要視しなければならない書類とは?履歴書、職務経歴書等の応募書類の目的を知っておく

定番の履歴書のみならず、企業独自のエントリーシート、志望動機書、自己PR書、課題レポートといった30,40代の応募書類の中で、採用担当の面接官が最も重点を置いているのが職務経歴書です。

 

 

これに関しては若手と違って、やる気やポテンシャルを買うのではなく、今まで培ってきた豊富な職務経験を買うからであり、この職務の経験を詳細に表記する書類が職務経歴書であるというのが背景にあります。

 

 

当然、履歴書作成について、決して手を抜いていいという訳ではありませんが、記入欄が固定されている履歴書は、自由フォーマットの職務経歴書と比較してみると書きやすいはずです。

 

 

だから、『履歴書は完璧に書いて当たり前の書類』で、仔細なミスも許されないと覚悟しておいて下さい。

 

完璧に書いて当たり前の履歴書なので難しい

履歴書は記入欄に沿ってきちんと埋めていくだけなのですが、書籍をはじめとして、ネット上で様々なノウハウが氾濫しているため、頭の中が混乱して適正に書けていない中高年が本当に大勢いるのです。

 

 

しかし、30代、40代の転職希望者はノウハウに溺れず、奇をてらわずに、まずもって常識的なことを正確に正しく書くことが王道、と認識しておいてください。

 

 

たとえば、梶宦寶、会と略字を使って書くのが本当に正しいと言えるのかどうか、等、世間的な常識を備えた30代、40代の転職希望者なら容易に判断がつくはずです。

 

 

基本を押さえた上で、諸説が分かれるものはあなた自身に照らし合わせて考えて書いていけばいいのです。たとえば、学歴欄はいつに至るまで遡るのかは、行数が限られているから最終学歴から書くのもありですし、地元企業に向けて地元で育ったことを自己アピールするのであれば、小学校から書くのもありです。

 

 

履歴書

 

  • 転職者となり(パーソナリティ)を見るのが目的
  • 中高年ならしっかりと書けて当たり前

 

職務経歴書

 

  • キャリア、スキル・経験を見ることが目的
  • 30代、40代のサラリーマンのケースでは最も重要な書類

 

添え状

 

基本的なビジネスマナーはもちろんの事、履歴書・職務経歴書で書き切れなかった補足事項などを確認するのが目的

 

追加1志望動機書

 

我が社への想い、当社に入ってできること・やりたいことなどを見るのが目的

 

自己PR書

 

  • 業務遂行力や性格上の強みなどを見ることが目的
  • 自由に表現できるため、あなた自身のハンディを挽回したり自己表現を深掘りしたりすることも可能

 

エントリーシート

 

基本情報に加えて、会社独自に於いて設定した設問の回答を見るのが目的

 

課題リポート

 

(企業が課すテーマによって異なるが)企業側の意図する内容を書けるかどうかを検証するのが目的

 

 

WEBレジュメ

 

上記全てを包含しているため、これらトータルをバランスよく一度に眺めることが目的

  • 今や基本系だけに限定されず、追加系書類もしっかりとした準備が必要
  • WEBレジュメの場合、最初からこの両方を求められるというようなケース多し

履歴書を作成する際の一番のポイントとは?訴求力を上げるためのコツがある!30代・40代が作成時に一番迷うことは?

履歴書については手書きか、ワープロで作成かが際立った懸案事項になっていて、作成に取り掛かれない人がいます。

 

 

これには諸説色々あるのですが、応募先企業の指定がなければ今はどちらでも構いません。従来は、採用人事の40%は手書きの方に好感を持つと言う様な調査データがありました。

 

 

しかし、
字が下手で相手が読みづらい
書くのに非常に時間がかかる

 

という応募者の弱みも大きいため、手書きでなくても大丈夫です。

 

30代、40代の転職希望者だからこそ読み手の立場に立って考えること

いずれにせよ30,40代が履歴書の訴求力を上げるには、まず相手の立場に立って『見やすさ、わかりやすさ』と『転職希望先の面接官が知りたい情報』の2つを出来る限り意識するようにしてください。

 

 

職業経験の豊かな30代、40代の転職希望者の方ならわかると思いますが、大量の応募書類に目を通さなければならない採用担当者が、細かい字でぎっしり埋まった書類、あるいはスカスカで内容の書類を見たときにどのような反応を見せるかは簡単に想像がつくでしょう。

 

 

履歴書は自己を売り込むプレゼンテーション・ツールですので、『読ませるな、見せろ!』と言う様な観点を持って、転職希望先の面接官に興味を持ってもらうような『見やすさ、シンプルさ』の工夫が必要です。具体的には、空白をうまく活用して転職希望先の面接官の知りたい情報をきちんと盛り込んでください。

 

たとえば、

 

平成12年4月
○○商事入社
平成14年1月
○○商事退社

 

これでは、入・退社の時期しか情報がありませんし、行半分は空白になっているためスカスカ感があります。これではもったいないので、配属先、退職理由の情報もプラスしてみます。次のように半分以上を埋めると、スカスカ感もなくなりますし、

 

平成12年4月
○○商事入社情報システム本部料金総合担当配属
平成14年1月
一身上の都合により同社退社

 

特に配属先の情報を詳細に書けば、取り組んだ仕事のイメージも湧きますので、皆さん自身に興味を持ってもらえる確率が高まります。

 

 

30代、40代の転職希望者の場合、学歴欄もどこから書くべきかがよく問題になりますが、たとえば転職回数が多くて働いてきた歴史のスペースを大きく占める場合には、最終学歴だけ書くといった工夫が要求されることになります。職歴10年以上のビジネスマンの、出身小学校・中学校の情報を採用人事は真に求めているのか、転職希望先の面接官の立場に立って考えればわかるはず です。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



 

関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
転職の際の妥協しないコツ。妥協しない条件設定で転職後に後悔しない
転職の為の下準備が必要です。条件設定の為に必要な事。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。
40代の転職を上手くヤるために必要な心構えについて
40代からの転職で上手くヤるために必要な心構えについてです。どういった意識を持てば転職が成功するのでしょうか?
30代と40代の転職市場の昔と今について
転職市場も一昔前と比べて大分変わってきています。どのような変化が起こっているのかも知ることが大変重要な事です。
40代の転職は即戦力アピールか会社への忠誠心を見せる事が大事
30代よりも圧倒的に不利な転職市場の40代ですが、企業が求める40代についてしっかりと理解する事が大事です。企業が求める40代の転職者について。
30代、40代だから転職の際に制約事項をしっかりと確認する
親の介護、子供の学校等ロケーションの面でも、転職の際に足かせになる可能性もあるので注意が必要です。
30代、40代の転職活動には自己投資をする|見た目等が大事
30代、40代の転職は、ただでさえ若い人に比べて不利です。自己投資をしっかりとする必要があります。
30代、40代の転職で異業種や異職種へ転職出来るのか?
30代、40代の転職活動において、異業種や異職種に転職する事は出来るのでしょうか?現実的には厳しい状況であると言えるでしょう。
30代、40代の転職の際、これはヤッてはダメな表現方法とは?
30代や40代の方であれば、やって良いことと悪いことをしっかりと区別して表現する必要があります。
30代、40代、転職回数が多い場合の効果的な職歴の書き方
転職回数が多い場合、それを効果的に見せる事が出来るのか?30代、40代の男性であれば知る必要があると思います。