転職活動をスタートする前に、準備しなければならないこと〜これくらいは初期投資として割り切る

30代、40代の厳しい転職活動前に準備する事、事前に決めておく事

 

現在の転職活動でIT活用が必要不可欠です。求人誌を見て直接企業に電話する、という旧式のやり方も今だに健在ですが、今はリクナビ・マイナビといった仕事の転職サイトで求人を探し、目ぼしい企業を調査してエントリーし、ネット上でWEBレジュメを送って書類選考を受ける、というプロセスが主流になっています。

 

 

加えて今、スマートフォン(スマホ)が猛烈な勢いで普及しているのです。この年代であってもいわゆる旧式の携帯電話である『ガラケー』ではなく、スマホを活用中の方が多いのではないでしょうか?

 

 

電話もネットもできる、という実用的さから、スマホのみで転職活動を乗り切ろうと考える転職者がいても無理はないです。実際、『スマホで仕事の転職サイトは使えるので、パソコンはいらない』という方もいっぱいいるのです。

 

 

本音で言えば簡単なメールのやり取りをはじめとして、ネット検索くらいであればスマホで充分だとしても、こと本格派の転職活動となると、これでは機能不十分と言えるでしょう。

 

 

たとえば、職務経歴書を始めとする、志望動機書といった1,000字を上回るような長文を作成するには、スマホは明らかに不向きと言えるでしょう。スマホはパソコンと比較して扱う情報量が少なく、情報入力というポイントでも大きく劣ります。

 

 

これでは最初からハンデを負ってるようなモノです。だから、転職活動をする前に、まずネットに接続できるパソコン等を用意してください。これについては転職活動を進める上での、最低限の設備投資だと感じてください。

 

転職に言い訳不要!足りないところは今すぐ習得すること

 

せっかく設備を整えても、使いこなせないと意味がないと言えます。この年代は『ITに強い人』と『ITに弱い人』の格差が激しいのは普通です。

 

 

そんな訳で、最低でも『IT弱者』と思われないよう、メールのやり取り、それに加え仕事の転職サイトへの登録、ワープロにおける文書作成、といった最低限のIT活用は出来るようにしましょう。

 

 

苦手を言い訳に避ける人もいますが、メールで連絡を取り合う、ワープロソフトなどで文書を作成する等は、IT企業でなくてもビジネス上のケースでは初歩的なレベルです。1日あれば何とかなるだろうと思います。

 

予め決めておくべきこと。そもそも何のために仕事を変えるのか?譲れない条件は何なのか?

 

この年代の仕事の転職は、雇用市場が好転しても引き続き厳しいのが現在の状態です。キャリアアップ・待遇改善を目指した仕事の転職であったはずなのに、かえって現況よりキャリアダウン・待遇悪化しているという事例は多々あります。

 

 

人材不足が顕著になり、この年代の転職に追い風が吹いてきたといえども、会社がこの年代を見る眼は依然として厳しい事は絶対に忘れてはなりません。

 

 

今まで働いていた会社の倒産、そして海外移転による事業所廃止、事業縮小のためリストラ対象となった等の今までの会社都合原因ならば、仕事を変える事はやむを得ないでしょう。だけれど、特に現勤務先をやめる必要がなく本人都合での仕事の転職を考える場合は、『隣の芝生は青い的な話ではないのか』、『現在の会社を辞めることが必須であるのか』、『単なるあなた自身のわがままではないのか』等自問自答して、あなた自身の気持ちを客観的視点から良く整理してから転職活動にトライしてください。

 

30代、40代での転職の失敗は許されない

 

近頃はバブル経済以来の、最大で最期の仕事を変わる事(転職)のチャンスであることには違いないと思います。ですが、今の甘いムードに流されて気楽な気持ちで仕事の転職に踏み出すと、痛い目に遭うこと必至と思います。

 

 

雇用市場がよくなったとはいえ、失業期間が1年を超える完全失業者は90万人もいて、その中で35〜44歳は24万人だとも伝わっています。

 

 

決して他人事ではないと思います。みんな必死で転職活動を実行していますが、いったん職を離れるとそんな簡単には次が決まらず、すぐ1年なんて経過してしまうものなのです。 30、40代での仕事の転職の失敗は致命的なダメージを負います。ここ数年の甘いムードに流されず、ぜひ今一度仕事を転職すべきかどうか、転職によるマイナス面を把握し、ちゃんと考えた上で慎重に転職活動を行ってください。

 

 

転職の覚悟チェックをしてみませんか?当てはまる箇所にレ点

 

口嫌な上司、そして仲間は転職先にもいることを理解している
口転職先にて年下、または異性の上司、先輩から厳格な業務指示・命令を受けることを理解している
口自分自身にとって嫌な仕事であっても、転職先でもやらされる事を理解している
口100%自分の理想に叶う会社はないことを理解している
口転職先では職場環境が全て変わり、−から人間関係を構築しなければならないことを理解している
口転職先でも、給与を含めた労働条件が下がる可能性があることを理解している
口転職することで有給休暇、賞与、退職金は一旦リセットになることを理解している
口転職先でも理不尽な人事評価、それに人事異動があることを理解している
口新しい職場を短期で辞めた場合、その次は条件を下げてもなかなか決まらないことを理解している
口仕事を辞めての転職活動の場合、失業期間が長くなることを理解している

採点結果

 

7点以上:転職に関する覚悟が十分にできている
4点以上7点未満:今は転職を見送った方がよい
O点以上4点未満:転職は止めておいて、今の会社にしがみつくこと

 

【30代、40代からの転職!】今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由


厳しい30代、40代の転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと断言出来ます^^


転職エージェントは、無料で活用出来て、30代、40代の転職条件の厳しい状況においても、それぞれにフィットした良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


『特技、スキルの無い30代、40代の転職希望者』でも条件が少しでも良い所で働ける様に全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


全国各地において職業を転職したいのであれば『リクルートエージェント』がイチ押し!


『30代、40代の方の今よりもいい条件で』の転職を検討中であるのであれば、管理人がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』となります。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>



リクルートエージェントは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、普段知ることの出来ない非公開求人を一番数多く取り揃えており、給料、ボーナス、年収などは勿論の事好待遇の企業の求人情報が集まっていることが特徴ではないでしょうか。


年収の増収、待遇アップに対してはうってつけの転職エージェントだと言えます。


大企業の関連会社など、業績が長年安定しており、景気に左右されない、好待遇の求人情報がほとんどで、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接についての受け答えに至るまで念入りに取り組んでくれます。


非公開求人に対しては優良求人が豊富にありますので、リクルートエージェントにお願いする事によって思わぬ働き口と出会える事があることも考えられます。



30代、40代は新卒や第二新卒と比べると不利ですが、強みも当然ありますので、その部分を活かすのは、いかにいい転職エージェントに登録し、利用するかという所だと思います^^


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>

関連ページ

有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。
40代の転職を上手くヤるために必要な心構えについて
40代からの転職で上手くヤるために必要な心構えについてです。どういった意識を持てば転職が成功するのでしょうか?
30代と40代の転職市場の昔と今について
転職市場も一昔前と比べて大分変わってきています。どのような変化が起こっているのかも知ることが大変重要な事です。