スポンサードリンク

衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵

職務経歴書 書き方

 

衣料販売店などへの仕事の転職は、割と回数が増える転職希望者も多いと思います。販売力とか、売るモノ、売ってきたモノなどは、培った経験、売ってきた商品、年代等によってが個々に違うため、様々なやり方、そしてベターな方法があると思います。

 

 

衣料販売店への30代、40代の転職希望者の仕事の転職の場合において、新しい転職先は『単なる売り子』を募集している訳ではない事を理解しておく必要があります。

 

 

衣料販売店への仕事の転職、アパレル等の職務経歴書のケースでは、自分らしい独自性をはじめとして、取り組み姿勢などを自由に表現することが可能な『自己PR』欄を活用する手法が一番ピッタリとするはずです。

 

30代とか40代に対して単なる『売り子』は求めてはいない

 

店舗販売職も営業職と同様で、あなた自身か販売してきた販売数字を提示させることであなた自身の販売力をはっきりと自己アピールすることができます。

 

 

ただし、籍を置いていた店舗の立地や規模、商品ラインナップ等、自分の努力だけではどうしようもないポイントがあるのも事実です。仕事を変わる事(転職)において有利になる様な実績の数字があるとすれば、そのことについてどんどん盛り込めばいいでしょう。

 

 

そしてこのような販売実績が乏しい場合は、ショップを切り盛りした経験、それに加え人材教育の経験でも自己アピール出来ることは間違いなくあります。販売接客は、人当たりという部分では通常の業種よりも求められるものです。

 

 

特に30代、40代の転職者であれば、店長、あるいはマネージャー的立場から、売り場のレイアウトの創意アレンジや売れ筋をつかむスキル、余剰在庫を出さない適量の仕入管理、セールの実施など、日常業務の中で店舗販売職に必要なやり方を身に着けていると推定されますので、よく自己アピールしていく様にします。

 

30代・40代に求められていることは?

 

アルバイトをはじめとして、後輩社員のシフト管理とか育成指導は、誰もが体験する部分です。年齢的に見ると、販売員としてよりも、こういった『店舗マネジメントカ』をはじめとして、『労務管理・育成験』こそが、30代とか40代は重視されていることを忘れないでください。

 

実際に『職務経歴書』にはどう書けばいいのか?

 

職歴欄については

  • 前職で取り扱っていた商品やブランド
  • 客層や性別
  • 店舗名
  • ポジション
  • 作業内容
  • 販売実績(売り上げ規模等)

 

などを端的に書き、転職担当の面接官に応募先ショップでの職場で働くイメージを抱かせることが重要なポイントです。

 

【例】
42歳男性。高校卒業後、約25年の間メンズカジュアル量販店の製造・販売を手掛けるショップ1社にて、店舗販売業務に籍を置いてきた。今回は外資系老舗ブランドの製造・販売を行う企業の店舗販売職(店長候補)への応募。

 

職務要約

1社に継続労働中なので、『年代順形式』で記録すると、ステップアップしていっている為印象が良いです。
例えばですが、配属店舗が異なっても、その在籍期間と一緒に『店舗名』、『ポジション』『業務内容』『販売実績』等を備考といった形で書いていくと、大変見やすくわかりやすくなってきます。且つ、バイト等も含め部下の人員数を明記したら、マネジメントカを予測させることができます。

 

貴社で活かせるスキル・経験

応募先の働きたい会社で求められるものを、優先順位の高いモノから取り揃えていく必要性があります。

 

店舗マネジメント力(バイト含む部下10名〜30名を活用しつつ、店舗数字を満たす術を体得)

 

自己PR

今回は店長候補と言う理由で、自分自身の努力を重ねてきた『人材育成ノウハウ』等があればそのようなポイントをタップリと自己アピールするのは効果的です。

 

【売り上げノルマ目標達成について】
私は目標達成に対しては大変こだわりがあり、自身が店舗マネージャーとして関わる時からどんな時でも目標達成を最初に考え、スタッフ一同、一緒の目標に向かうための工夫をしてきました。

 

仕事場で指揮を取りつつ、白身の業務遂行スキルも充実させることで確実に販売実績を残してきました。毎年余る福袋等についても、スタッフとともに最善の方法を考え、完売できる様に利益率を始め多くのことに対して改革をもたらしてきました。

 

特記事項

現在ふさわしいポジションで働いているのに、なぜ今回職を変える決断に至ったのか。採用担当者が懸念する点を、先回りして述べておきます。

 

【例】
ここまで育ててくれた現職に何ら不満はないと断言しますし、ただちに仕事の転職しなけれぱならない要因もありません。また将来もショップ自体は知名度を増し、どんどん売り上げも上がっていくと思います。この一員として働けるのは光栄だと思いますし誇らしい気持ちはいっぱいありますが、一方で、外で自分自身のスキルを試してみたい、一流である御社で私の力を試してみたいという気持ちが強くなり、今回転職を決意するに至った次第です。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



 

関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。