避けた方がいい求人情報の見極め方とは?求人の本音と建前を理解する

転職 プライド 40代

 

企業において、法律では募集や採用時に年齢制限を設けることができません。

 

しかし、採用に関する全権は人材を探している企業側にあることを忘れてはなりません。事実、多くの企業の採用選考時には内部コードで、この求人に関しては35歳までと設けていたりしていますし、ハローワーク職員が紹介状を発行する前に殆どの企業側に電話して『40歳の女性の方が窓口に来ていらっしゃって御社事務職に応募したいと申出ていらっしゃいますが、応募可能でしょうか?』とチェックしています。

 

このように、採用年齢については建前と、今回の採用対象は○○歳までと言う様な本音の世界が混在しています。建前上、年齢制限がありませんから、30代、40代の転職希望者でも応募は可能でしょうが、職を得るかどうかは全く別の次元の話と考えてください。

 

求人情報を見極める必要性とは?

積極的に応募するも、書類選考で落ち続けて転職の際の面接にすら進めない状況が、10回以上も続けて続いたならば、応募ターゲットが誤っている可能性が高いでしょう。

 

そういった転職活動は、時間と労力の無駄になりますし、加えて、転職活動へのモチベーションをも低下させます。

 

実を言うと求人情報の中に、企業側から明確なメッセージが込められていると断言できます。たとえば、『20代が活躍している会社です!』とあるとすれば、同じ年齢層を採用したいという意図があるといえます。

 

もっと言うなら『未経験、第二新卒、既卒者歓迎!』とあれば、どう見ても若手、それも25歳くらいまでが対象でしょう。このようなメッセージ、意図をきちんと読み取って、自分にピッタリかどうかを見極めて、効率的かつ合理的に転職活動を進めてください。

 

社会人経験1年以上

 

これでは社会人経験があれぱいいというレペルで30代とか40代にはマッチしません。

 

第二新卒歓迎

 

第二新卒は、新卒入社した人が3年以内に退社した人で、30代、40代の転職希望者は対象外です。

 

平均年齢28歳

 

本来平均年齢と求人は何ら関係がないのに、わざわざ出すことにより、28歳に近い人を求めていることを暗にアナウンスしています。

 

ポテンシャル採用

 

文字どおり、今までの経験よりも潜在能力を買う、ということです。キャリア採用を目指す30代、40代の転職希望者とは合いません。

 

経験不問・未経験歓迎

 

この表記だけでは必ずしも30代、40代の転職希望者がNGとは限りませんが、一般的には色が付いていない若年層の方が有利です。

 

20代中心の職場です!

 

20代以外は応募して来るな!と言う様なメッセージです。

 

若手がたくさん活躍している会社です!

 

若手であっても重責や裁量を任せる社風ですから、30代、40代の転職希望者は不向きです。

 

次のような求人広告を出している企業は避ける

 

年収例

  • 1000万円/入社4年目29歳
  • 870万円/入社5年目28歳
  • 600万円/入社2年目26歳

年収例の年齢に含まれていない場合、対象外と思うべきです。もしも転職して入社したできても、短期で退社になる可能性が懸念されます。

 

若手社員の写真が多数掲載されている

 

30代、40代を対象としていないという事であり、若手だけしか来るなということです。彼らにアゴで使われて、一緒にやれますか?

 

応募できる求人がないと嘆く40代にお勧めの場所とは?中高年の転職を支援する機関が多数存在する

近頃やネットを活用した仕事の転職活動が中心となっているようですが、実際に足を運んで求人を探すという攻略法もまだまだ健在です。

 

たとえば、人材銀行。これに関しては基本的に、40歳以上の管理的職業、専門的・技術的職業に勤務してきた方を対象としています。

 

全国主要6都市だけにしかないのですが、利用料は無料ですので、近隣にお住まいならば利用しない手はないと思います。ここは転職先を閲覧してアナウンスしてもらうという機能だけでなく、合同説明会、更には合同選考会を主催するなど、マッチングする場所を意欲的に開いている点も大きなメリット。

 

書類選考がネックでなかなか転職の際の面接にたどり着けない人でも、このような会では直接企業に訴えることができます。

 

地方にもある公的支援機関の見つけ方とは?

これ以外にも、中高年専門の転職支援を行う公的支援機関がいろいろと存在します。たとえば、『東京しごとセンター』ではミドルコーナーを据え置き、30歳から54歳の方の再就職支援を行っています。

 

ここでは『キャリアカウンセリング』、『職業紹介』『民間就職支援会社による情報提供』『求職活動支援セミナー』の4つを軸とした支援サービスを利用料なしで提供しています。

 

もちろん、ここに限ったことではなく地方にも存在します。調べ方は簡単、『中高年就職支援○○』(←○○は都道府県名)でネット検索するだけの簡単なものです。

 

どの地域の支援機関でも、このセンターにそっくりのサービスを提供しています。職業紹介会社みたいにスペック不足で門前払いされることもありませんし、担当するキャリアカウンセラーがみなさんに合った求人を探してくれることもありますので、ぜひ活用を検討してみてください。

 

40代が求人の幅を広げるために

求人を探すという観点から、公的支援機関をお勧めする理由

 

 

  • (独自の求人情報を持っていない場合でも)合同説明会、合同選考会などを定期的に開催している
  • まずは応募書類から、といったオーソドックスな選考を正面突破することが出来ない人は、直接企業の採用担当者に自分を自己アピールできるチャンスおまけに次のようなメリットもある
  • ネット経由の求人よりも、競争率が低い
  • 民間の求人媒体と比べて、求人情報の信用性が高い
  • 利用料がかからない
  • 担当しているキャリアカウンセラーから、掘り出し求人を提案されることも。

 

【30代、40代からの転職!】今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由


厳しい30代、40代の転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと断言出来ます^^


転職エージェントは、無料で活用出来て、30代、40代の転職条件の厳しい状況においても、それぞれにフィットした良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


『特技、スキルの無い30代、40代の転職希望者』でも条件が少しでも良い所で働ける様に全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


全国各地において職業を転職したいのであれば『リクルートエージェント』がイチ押し!


『30代、40代の方の今よりもいい条件で』の転職を検討中であるのであれば、管理人がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』となります。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>



リクルートエージェントは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、普段知ることの出来ない非公開求人を一番数多く取り揃えており、給料、ボーナス、年収などは勿論の事好待遇の企業の求人情報が集まっていることが特徴ではないでしょうか。


年収の増収、待遇アップに対してはうってつけの転職エージェントだと言えます。


大企業の関連会社など、業績が長年安定しており、景気に左右されない、好待遇の求人情報がほとんどで、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接についての受け答えに至るまで念入りに取り組んでくれます。


非公開求人に対しては優良求人が豊富にありますので、リクルートエージェントにお願いする事によって思わぬ働き口と出会える事があることも考えられます。



30代、40代は新卒や第二新卒と比べると不利ですが、強みも当然ありますので、その部分を活かすのは、いかにいい転職エージェントに登録し、利用するかという所だと思います^^


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>

関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。
40代の転職を上手くヤるために必要な心構えについて
40代からの転職で上手くヤるために必要な心構えについてです。どういった意識を持てば転職が成功するのでしょうか?
30代と40代の転職市場の昔と今について
転職市場も一昔前と比べて大分変わってきています。どのような変化が起こっているのかも知ることが大変重要な事です。