技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明

職務経歴書 書き方

 

技術職の仕事の転職は、30代とか40代でも確実に戦える可能性がある、高待遇が期待できる仕事です。経験や現場での実務というポイントで、多くの優れた点がありますので、30代、40代の転職面接者しか醸し出せない部分がありますので、しっかりと自分の長所をアピールしていきたいところです。

 

 

そういった所を意識しながら、職務経歴書の工夫をする事が必要です。

 

 

ぱっと見で転職担当の面接官が確認することができるよう、自己アピールしたい所、新しい転職先の会社の募集事項にフィットするモノを、強みになるモノを最優先にさせながら、あまり細かくならないレベルで、要素技術や担当工程、役割・職位・ポジションなどを見やすく記載することが極めて重要になります。

 

転職先の募集覧、社員の求人情報の細部までチェックする

 

「必須条件」だけに限らず、「歓迎条件」をはじめとして、「希望する人物像」等があると思いますが、その部分にもしっかりと注目してアピールポイントがあるかどうかを考慮しておくといいです。

 

 

それぞれの会社に様々な募集に際しての条件や、求めている社員像等がありますので、その部分を先回りで察知して、あなた自身のアピールポイントとして訴求しておくと面接官の目に止まりやすくなります。

 

技術職には技術職の、書き方がある

 

技術職というのは、ある意味ザックリとしているのですが、多岐に渡って技術職というモノはあります。その専門領域は自動車、機械、化学、医療、プログラミングなど多方面にわたってますし、研究開発から製品開発、製造技術・生産技術等々の一切の工程業務等を全て含んでいるというのが一般的な常識の範疇でしょう。

 

 

書き方としては総合的な部分で捉えるといいと思います。

 

 

技術職は他の職種と比べた場合、専門性と実務経験が最も重視される職種であることは間違いありません。

 

 

結局のところ、企業求人情報の「必須条件」を確実に満たしていることが最低条件となるはずですし、むしろココの部分をしっかりとしておかなければ全ての部分で意味がありません。

 

 

30代、40代の転職希望者の技術職のケースであれば、同業種・同職種への仕事の転職がほとんどを占めますから、限定された専門技術の業界内での人事異動的要素が高確率の状態が大半だと思います。

 

 

つまり、前職において、あるいは過去の働いてきた職場において、どの企業のどの部署で、どのような業務に籍を置いていたか、という分かり易い職歴情報だけでも、転職担当の面接官はその応募者の力が大体確認できるという事です。

 

 

この様な部分をじっくりと考慮していき、職務経歴書を書く時には、応募職種で日常使っている専門用語や技術内容をしっかりと書きつつ、携わってきた業務内容を具体的に書くことが最大のポイントです。

 

 

また前職と新しい転職先が同業の場合は問題ありませんが、違う業種などの場合であれば『極端な専門用語』は避ける方が、相手への考慮の部分で適しています。

 

入社後のイメージを抱かせることができるか?

 

応募先企業にとっては、転職の応募者のこれまでの取り組みや技術成果もさることながら、社内に於いてどの分野・どの領域の技術業務を託すことができるか、いう点も必要不可欠です。

 

 

しかし、この職種の場合、特殊な事案が多く、職務経歴書上だけでは表現出来る可能性が低くなります。ですので、まず転職の際の面接できちんと伝えることが出来るように、職務経歴書ではシンプルに、出来るだけ分かりやすく、しかも自分のスキルや経験してきたモノが分るように書くことが大事です。

 

【例】
38歳男性。高等専門学校を卒業後、3社の自動車生産現場で生産技術業務及びマネージャーとして勤務してきた。今回は同じく生産管理職候補への応募

 

職務要約

技術職の場合、基本的には職務経歴書を『キャリア軸記述法』で書いていき、コンパクトにまとめつつ、後半にマネジメントカ、そして現場主義を自己アピールしておくのも効果のある一手です。

 

職務詳細

企業・配属や担当工程・担当業務、身につけたことや過去の業務実績などをシンプルに書く事は絶対条件となります。あなた自身の職位を左側に置いて、時系列で昇格した様子を表現しておくと、管理職求人で募集している転職先の企業に対して訴求する確率が高くなります。

 

貴社で活かせるスキル・経験

箇条書きではなく、アナタの習ってきたスキル、または前職で任せられていた事などをピックアップして書くといいと思います。題名を付け、そこであなた自身の気持ち等を書きます。

 

【生産姓を向上させる現場改善のノウハウについて】
◯◯会社へ勤務時に、管理職へ昇進した際、現場での生産改善策を企画・立案・実行し、生産性25%向上に達成、本成功事例を各支店へ伝え、そのコツの横展開に対しても尽力しました。
現場を常に意識しており、自分の現場経験も踏まえ、改善ポイントを探し、現場からの声を吸い上げ、確実に改善策を実行に移して成果を出すことができます。

 

自己PR

「歓迎条件」や「求める人物像」をよく読み、転職先の企業や会社がどういった転職希望者を探しているのか、どういった所を転職者にもとめているのかを先回りして考え、そこのポイントをしっかりとアピールする事が大事です。

 

私は前職において、管理職になっても、現場第一主義を徹底し、現場に行き自分の目で確かめ、現場の声を聞き、フィードバックして、上司と現場の橋渡しに貢献してきた自負があります。

 

また結果を出すためには、お互いを思いやり助け合うチームワークが必須条件であること経験し、また実経験として分かっている事です。相手の立場に立って、円滑なコミュニケーションを図ってきました。

 

しかしその一方で、甘えを排除するため、馴れ合い現場にならない様に、厳しい管理者として言わなけれぱならないことは歯に衣着せずに伝えるなど、冷静加えて的確に部下をアドバイスしてきました。

 

また、私は中学、高校と陸上をしており、長距離選手としてインターハイまで進むことが出来ています。その時に培った、成果達成まで絶対に諦めない『忍耐力』があります。

 

これを武器に高等専門学校からの叩き上げで、100名が所属するグループマネージメント業務まで任される立場にまで上り詰めました。

 

貴社に入社が出来ましたら、最短で部門をまとめ上げチームカを高めることを約束し、全力を傾けて頑張りたいと強く思っています。

 

webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代

30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め


 

関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。