スポンサードリンク

バイト先でそのまま就職しようかな、、

バイト先 就職 フリーター

 

バイト先に就職してしまおうか、、と悩んでいる若い人は多いです。フリーターとして働いたほうが気楽だし、まあまあお金もいいし、、という感じだからです.。もちろん、良い部分、悪い部分がありますが、同じような悩みを持っているケースがあります。

 

バイト先から『正社員として働かない?』と誘いを受けているアルバイトは多いようです。

 

 

ただし、サービス業を始めとして小売業界、外食業界は就労条件がハードないわゆるブラック企業が当たり前で、深く考えることなしに『バイト先から誘われたので』といった感じで入社を決断してしまうのはリスクです。

 

 

ひときわ学校を卒業してすぐの人の大学生、高校生は、新卒カードと言う様な大企業に対しても食い込めるカードを保持しているのに、その状況を捨ててまでバイト先に就業する値打ちがあるのかしっかりと考えましょう。

 

転職エージェント お勧め


 

あとになってから『やっぱり就職活動をしておけば良かった』と後悔しても遅いと言えるでしょう。

 

 

これ以外には、高校を中退後に、いわゆる若手フリーターという身分で仕事している人も、気楽な気持ちで正規雇用社員になるのはリスクと言えるでしょう。

 

ここでは、このような『計画性のないバイト先への入社』を無くし、バイト先に就職するか否かを冷静に検証するタメの足掛かりをアドバイスします。

 

就職活動がメンド臭いという理由でバイト先に入社はダメ

 

日本のケースではインターンシップ制度もいまいち浸透していませんし、ベンチャー企業であればともかく中堅を超える企業の場合は実務と言われるものなどは到底やらせてもらえませんので、学生にすれば社会人がどんな職務なのかとんでもなく不透明ではないでしょうか。

 

 

営業の仕事と一言で言っても、スーツを着て物を販売している、程の感想しか見当たらず、見積もりを始めとして商品知識、現実的な営業周りというものは正規雇用社員として入社してからはじめて理解したという人が多いと思います。ですので、営業からの転職が多い訳です。

 

 

反対に、大学生は勿論の事フリーターのバイト先としてポピュラーなコンビニとかレストランなど小売業、外食産業は職場が大変分かりやすく、ユーザーという身分で活用もしていますので以外に身近な所です。

 

 

そういった部分から、新卒の方の就職活動に於いてさしあたって外食業界とか小売業界の説明会に出向く学生も多いと思います。

 

 

ただ、離職率をチェックしても把握できる通り、小売業界や外食業界、サービス業は想像以上に労働環境がきつい事がほとんどだと思います。

 

バイト先 就職 フリーター

 

その上サービス業によって得られる技能は異種でつぶしが効かないものが多岐に渡り、30歳を過ぎると異種業界に対する仕事の転職が難しくなるはずです。

 

ですが、適当な気持ちで

 

  • 『就職活動がメンド臭いのでバイト先に入ろう』
  • 『スーツを着る営業はよく把握していないし、つまらなそうだのでサービス業をやろう』

 

なんていう風に、思いつきの手軽さを目的とする若者があとを絶ちません。

 

企業研究をさぼらない事

 

企業の離職率や平均年収、職業環境と言われるものなどは会社四季報とか転職口コミインターネットサイトなどに於いてチェックすることが可能です。ユーザーという身分での企業の使い勝手、客受けではなく、働き手から見た企業の特徴をチェックする事を、企業研究といいます。

 

 

就職活動などに於いて、この企業研究をサボると、ブラック企業に入る可能性が一層高まります。というのも、現実的には雇用条件の期待して良いホワイト企業は就職応募者が多く、企業研究を行なっていない学生、求人者は落とされます。

 

 

一方ブラック企業は労働者を使い捨てる事を前提に大量導入している為に、企業研究をしなくても問題なく入社可能だという事です。そのため、企業研究をさぼる人はブラック企業に吸い込まれやすいのです。

 

 

何はさておきバイト先の企業研究をすることが大切です。

 

アルバイトと正社員は異なる

 

とりわけサービス業に限って言えばアルバイトと正社員の条件は格段に差が出てきます。

 

 

アルバイトは時給に於いて給料が決まりますし、シフトもある程度、融通がききます。ではありますが、正規雇用社員になったらそうはいきません。

 

 

たちまち残業代を支払う必要が無い店長に昇格され、ひたすらサービス残業をさせられるのが外食業界を始めとして小売業界の常套手段となります。

 

 

労働法では管理職に対しては残業代を支払わなくてよい、になっています。人件費を安く考えるコトで利益率をあげている外食業界や小売業界は、この法律を悪用実施し、店長を管理職といった身分で無理矢理はめこみ、サービス残業をさせてあまり多くない人数で店を運営させて、人件費を節約しています。

 

 

 

また、外食業界や小売業界は体育会系の文化にあたる事が多くあって、上が100%で理不尽な指示、注意、暴力などが普通で、恐怖心によって統治する縦社会が世間的な常識という側面を持っています。

 

 

いかにあなたのバイト先のメンバーが素晴らしくても、企業も『良好な人』とは限りません。

 

 

いかに企業が格調の高い理念を掲げていても、企業が働き手の健康をはじめとする働く環境を全力で検討しているとは限りません。

 

 

アルバイト先についての就職をすすめられたら、さしあたってバイト先の会社を検索し、データを集めましょう。違うお店の正規雇用社員の人に話を聞いたりして、労働環境を検証しましょう。

 

 

なお、心底就業したいか、スタートしていけそうか、という事を改めて熟考する事が必要だと感じます。

 

20代でしたら転職エージェントを活用するのも重要な手と思います。

 

 

社会人2年目にあたると、およそあなた自身の勤務している会社の立ち位置、そして規模、将来性が現れてきます。ブラック企業のケースではたったの1年の内に先輩が時間が経つにつれて消えていきますし、同期も次々に散っていきます。

 

 

加えて、年齢の近い友人達を見れば、昇給額やボーナス、休日数など労働環境のギャップが鮮明になってくるタイミングと言えるでしょう。

 

 

業界や会社規模による給料、ボーナス、年収など、条件の異なる部分は大きいと言えるでしょう。

 

 

就職して1〜2年目のケースではそんなに感じないこともありますが、昇給額などは年を取るに従って一層ギャップが違ってます。

 

 

もし昇給額が少なかったり、ボーナスが減給されているようなら、企業の将来性と言う様な着眼点で実績を考慮するべきです。万が一会社の将来性に懸念を感じたら、第二新卒の枠が取得出来るうちに仕事を変わる事(転職)をするべきです。

 

 

将来性の欠けている企業にしがみついていると、どうなってしまうのか? 具体的な不具合を見ていくことが重要なのです。

 

会社の条件はそうそう変化しない

 

バイト先 就職 フリーター

 

イケイケで発達しているベンチャー企業と言われるものなどは例外なんですが、多数の中小企業は爆発的に発達している事はなく、条件もほとんど変化する事はないです。つまり、そう待遇は変わらないという事を意味します。

 

 

特にひと際昇給額は企業の人件費に大幅に関わってくる為に、おさえようとしている企業が普通です。

 

 

しかし、昇給額が限られるという事実は、基本給がそんな簡単には上がらない=基本給はボーナスに対しても関係してくるので、給料、ボーナス、年収などそのものがアップしづらい、と言う様な数字になってしまいます。

 

 

更には、中小企業は経済状態が悪くなると雇用を控えるので、世代に空洞が存在すると景気拡大の時に採用された上の世代が役職を占拠してしまっているため、楽には昇進のチャンスがまわってきません。

 

 

そうなってしまうと、年収カーブにとてつもない結果が見つかりますし、30歳以降の仕事の転職は管理職という形での経験、一言で言うと部下を教育、管理した経験がないと厳しくなるのです。

 

 

採用を年々ではなく、まばらに進めている企業は要注意で、30歳を過ぎても管理職になれる事は無い、と言う様なリスクがあります。

 

雇用2年目で考慮するべきキャリアプラン

 

入社したての頃は、挑戦してみたいという意識があったり、業務をマスターすることで色々あることも想定されますが、1年経つと次第に客観的な着眼点であなた自身の立ち位置を見るコトが出来るようになるに違いありません。

 

 

大事なことは、会社内の立ち位置を把握するに限らず、会社外、簡単に言うならばあなた自身の人生と言う様な重要な括りでキャリアプランを見つめなおす事が必要不可欠です。

 

 

  • 現在の会社にいて生き残れる技能や自分の経験が培われるのか?
  • 結婚する年齢になった時、給料、ボーナス、年収など自分の目標金額に到達出来るのか?

 

などなど、真正面から計画を計算して行かない限りは、結婚して家族を持ったり家をゲットするということも出来なくなってしまうかもしれません。

 

 

給料、ボーナス、年収など格差は業界を始めとして会社によって露骨に違います。

 

 

人件費を安くするコトでプラスを残している業界などに於いては、年収アップは望めませんし、10年後、20年後に生き残れるか、と言う様な着眼点で考慮するとキツイものが普通にあります。

 

 

『使い捨ての労働者』にならない対策のためにも、あなた自身の立ち位置をするどく見極め、仕事を変えたほうが最適だと思ったのならば直ちに仕事の転職の準備をしましょう。

 

第二新卒枠は引き続き強い

 

社会人2年目〜3年目のケースでは、第二新卒と言う様な枠で中途入社するコトが可能なのです。第二新卒枠は強く、未経験の業種、業務だとしても入る事が出来るため、25歳までならばキャリアプランを気軽に修正する事が可能なのです。

 

 

会社が第二新卒を欲しがるのは、第二新卒は社会人経験があり学校を卒業してすぐの人と比較して一からビジネスを教える必要がないお蔭で、ビックリするほどコスパが優れているのが理由です。

 

 

ニーズは大きく、社会人2年目だとしても会社からのアプローチは多いです。

 

 

社会人2年目だから、ブラック企業の将来性にリスクを感じたら、第二新卒での仕事の転職を視野に入れましょう。

 

 

第二新卒で仕事を変わる事(転職)をトライするなら、転職エージェントに登録するのがお薦めできます。

 

 

第二新卒に特化した転職エージェントがあるのをご存知ですか?


20代の場合第二新卒に的を絞った転職エージェントを登録する事によって、あなた自身の目的にフィットする転職先をスピーディーに見つける事が可能です。


『関東などで働き場所を探す』とか『20代に特化した』転職エージェントであればハタラクティブがお薦めできます。


:


ここ数年は20代の転職マーケットが活発化しているという理由で、20代専門の転職エージェントが出てきています。そのような中でもイチオシなのが株式会社レバレジーズの運営する『ハタラクティブ』になります。


ハタラクティブは関東地区を中心に、20代に特化した転職先を多数提供しており、若手社会人の今の仕事からの転職のコツを知り尽くしています。



転職エージェントを活用する事で、求人会社の詳細な部分、普段知る事が出来ない部分(給料、年収は勿論の事会社の雰囲気、職場環境など)を把握するコトが出来てしまいます。



また、キャリアプランのカウンセリングに対しても相談に乗って貰える為に、今まで体験したことがない転職という不安な部分にはうってつけと言えるでしょう。



ハタラクティブは登録後にアナタ専用のエージェントから確認の連絡があります。



平日10〜21時だとすれば1時間以内に。その時間帯以外は、次の日の朝、土日祝のケースでは月曜の朝に連絡がきます。



電話を取り逃がさない為にに、要望の箇所に『連絡可能な、志望の日にちとか話せる時間帯』を書いておきましょう。


他には、顔合わせはハタラクティブ本社、渋谷駅近くの渋谷ヒカリエに於いておこないます。渋谷までのアクセスを確認しておきましょう。


:

 

全国各地において職業を転職したいのであれば『リクルートエージェント』がイチ押し!


関東以外、関西とか地方など全国に於いて今の仕事からの転職を検討中であるのであれば、管理人がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』となります。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>



リクルートエージェントは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、普段知ることの出来ない非公開求人を一番数多く取り揃えており、給料、ボーナス、年収などは勿論の事好待遇の企業の求人情報が集まっていることが特徴ではないでしょうか。



ですから、年収の増収、待遇アップに対してはうってつけの転職エージェントだと言えます。



大企業の関連会社など、業績が長年安定しており、景気に左右されない、好待遇の求人情報がほとんどで、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接についての受け答えに至るまで念入りに取り組んでくれます。



非公開求人に対しては優良求人が豊富にありますので、リクルートエージェントにお願いする事によって思わぬ働き口と出会える事があることも考えられます。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>

関連ページ

新卒で半年で辞めた場合、第二新卒として転職するのは可能?失敗しないポイント
30代、40代の人生のターニングポイントに転職を考えている方の為の情報サイトです。
契約社員は第二新卒として、好条件の正社員として転職は可能??
契約社員として20代働いてきた人は、第二新卒扱いで正社員になることは出来るでしょうか?
新卒者が退職して、失業保険を受け取りながら転職することは可能?
失業保険をもらいながら、新卒は転職することは出来るのでしょうか?
新卒社員、第二新卒の悩み、上司に放置されている、、対応策
上司に放置され、何をしていいのかが全くわからない、、、こういった方は結構います。
新卒社員のタメ口は改善できるのか?先輩社員や会社の考え方
タメ口を使ってくる新人が結構いますが、それを改善するのは先輩社員の役目です。
新入社員は上司と仲良く!絶対に嫌われては駄目です
新入社員であれば、上司と仲良くする事が大事です。結局は自分の為になります。
立ち仕事のツラさ|20代前半は1日15時間を超える勤務に耐えられるか?
立ち仕事の小売業について、立ち仕事なのですが、ちゃんと考えて働く準備をしておくことが大事。
『マンガ学科』って一体何?漫画家以外の就職は不可能なのか??
最近大学にデキているマンガ学科。これって漫画家以外の潰しは効かないのか??調べてみました。
かまってちゃん、新入社員がめんどくさい^^;それぞれの立場から、、
新入社員で面倒なタイプ。自分がどういったタイプなのか、また、後輩がこんな場合どうする??
新卒社員は電話に出るべき?慣れない業務で困った(^_^;)
新卒社員は『知らない自分が電話に出ても、、』と遠慮してしまうと思いますが、実は電話に出ない新入社員って嫌われるのを知っていますか?
第二新卒でも条件のイイ働き口はある!2年目で将来性がないと感じる会社にいる必要はない
右も左も分からない新卒社員でも、1年位働きだすと、だいたいの会社の状態が分かるもの。先がないと感じたら、速攻で第二新卒転職を考えるべきです。
新入社員が貯金をするのは可能?手取り約20万円でどれ位貯金をデキるか?
有事に備え、しっかりと貯金をするコト。そうすれば色々な時に余裕が出来ます。
新卒の就職活動の注意点、ブランドイメージにとらわれず、自分の個性が出る職場を選ぶべき
新卒の方はどちらかといえばブランドイメージ優先で就職活動をしているのではないでしょうか?若い時はブランドイメージというのは大変大事な事ですが、実際に働くにおいてどのような部分が一番意識する必要があるのか?という所を書いていきたいと思います
新卒のエントリーシートでよく出る課題『困難を乗り越えた経験』について
新卒の場合でエントリーシートでよく出る課題で困難を乗り越えた経験を書かせるものがあります。困難を乗り越えるというのをなぜ書かせるのか?またどのような答えを求めているのか?という事を考えましょう。