注目されるエントリーシートの書き方

エントリーシート 書き方

 

エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。

 

 

エントリーシート(ES)で『リーダーシップを発揮出来た経験』に関して書かせるテーマが出てきた際、最も困ることが『元々リーダーシップを発揮出来た記憶が弱い』といった場合ではないでしょうか。

 

 

高校の時の学級委員長や生徒会長、バイトリーダーをトライしていた人でしたらともかく、殆どの場合リーダーと言う様な担当を果たしてきた訳では決してありません。

 

 

とはいえ、本音で言えばこのテーマのキーポイントとなる箇所は『リーダーシップを発揮出来た経験』ですので、肩書といった形でリーダーをやった経験が無くても十分なのです。

 

 

ありふれたエピソードをふくらませて、リーダーシップを発揮する事が出来たと言う様な形に自己表現したら問題ないので、無理にリーダー経験に関して頭を抱えてしまう必要はないと言えます。

 

転職エージェント お勧め


 

部下とか後輩に指図した経験を思い出す

 

 

具体的に言うとバイトリーダーとまでいかなくても、後輩に業務を教えたケースや、サークル部活に於いて後輩に指図する事が出来た経験はないでしょうか?

 

 

驚きですが、後輩に教えるといった方法も、まぎれもないリーダー経験と考えられます。

 

 

この課題での模範解答は『コミュニケーション能力』『チームを動かして成果を出す経験』などが含まれていれば良いため、リーダーと言う様な言葉にこだわる必要はないと言えます。

 

 

話の流れとしては、

 

  1. みんなでAに挑戦しようとスタートした
  2. ところが、自分の命令の場合は、Bなどのトラブルが発生し上手くいかなかった。
  3. 根本を変えて作戦を変えてみた
  4. 結果、上手くいった。私はこの経験を振り返れば、人を上手に動かすためには何はともあれ自分自身が率先して動くという意識が必須だと知った。

 

と言う様に、起承転結を作って書けば良くまとまります。

 

 

結論箇所は、最も活用出来る『リーダーである自分自身が率先して取り組まないと人は変化しない』と言う様な言葉を用いています。

 

 

これに関しては、この問題点のケースでは、どんなエピソードに関しても取り入れることができる万能の締め言葉であるので、万が一思い悩んだらこれを締めの一文に利用しましょう。

 

リーダー経験がまるっきり発見できないケースの場合、上手にでっち上げる。

 

エントリーシート 書き方

 

後輩に指導した自分の経験も何も無いケースだと、エピソードをでっち上げるだけです。

 

 

嘘をつくというものは…と思い苦しむ人もいると思われますが、リーダーシップの自分の経験を聞かれた以上、他のエピソードなどで誤魔化すのは危険性が高く、でっち上げた方が合格率が大きいと考えられます。

 

 

敢えて『リーダーシップを発揮する事が出来た経験はないと思います。私はリーダーを補助する立ち位置として存在している事が経験上殆どでで〜』とサブという形での才能を訴求するという手も考えられますが、ハイリスクハイリターンの博打になると言わざるを得ません。

 

 

就職面接官も『みんながみんなバイトリーダー、リーダーばっかりでウンザリだ!』と感じているのであれば、サブという能力を伝えると印象に残り、オンリーワンの特徴のお蔭でパスすることも考えられます。

 

 

もし、でっち上げる方向でいくのであれば、本当60%、嘘40%前後の配分で考えましょう。

 

 

エピソードそのものは本当に自分の経験した事にしておき、そこで『仮に自分自身がリーダーと考えるなら』と言う様な体験談に修正するのです。本当のところは異なる人がリーダーを行っていたとしても、その経験をあなた自身にチェンジして書くのです。

 

 

言うまでも無く、就職面接のケースでは突っ込まれますので、あらゆる質問に向けて万全の考え方を準備しておきましょう。

 

 

就職面接官はあなた自身が実際にリーダーを経験したのか、確認することは出来ません。そういう理由で、40%の嘘を見ぬくことは不可能です。面接官もこれに関しては分かっています。

 

 

肝心なのはエピソードから学んだ部分をしっかりと言及できるか、論理的なエピソード展開になっているか、というような部分だと思います。

 

 

リーダー経験を聞く事で、これから、部下をしっかりと育成出来るか、コーチングスキルは備えているかと言う様なことを知りたい訳です。

 

 

仮に本命の企業のエントリーシート(ES)にこの課題が出たら、日経新聞とか日経ビジネスなどに於いて細かく掲載されている『経営者インタビュー』を読んでおくと、レポートのネタとなりますから確かめてみておくことをおすすめしたいと思います。

 

 

尊敬している経営者のリーダーシップに関して学習しておけば『するどくビジネスの勉強をやっている学生』とみなされ就職面接に関して通りやすくなるはずです。

 

 

日経ビジネス等の雑誌などで情報を準備して、リーダーシップは勿論の事『ビジネスに強い学生』なのだというポイントを自己表現する作戦は推奨します。

 

 

どんな就活生についても有効なノウハウですから、ぜひ活用することをお勧めします。

 

 

大企業の内定を2つ以上取れる就活生になる最もシンプルな作戦は、日経ビジネスを購読して『ビジネスに頼れる学生』になる事。ビジネス力を自己アピール出来る学生は間違いなく人材確保されると断定します。

 

これ以外にも、コーチングに関連して学習しておくのも効果的な手となります。コーチングスキルの見識があったならば、就職面接に於いて語れる情報も増えますし、エピソードそのものに『私自身はコーチングノウハウの本を読み、良識ある教え方を知った』と書けば、学習意識の高さを自己アピールできるにちがいありません。

 

転職エージェント お勧め


関連ページ

エントリーシート(ES)の書き方や、考え方のコツなど
面接でよくあるエントリーシート(ES)での質問ですが、意識する所はどういった所でしょうか。
エントリーシートの書き方、矛盾をなくして自己PRをしっかりとする方法
エントリーシートと面接での答えが違う人が多いですが、それは致命的です。しっかりと自分のやりたい事をアピールすること。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートに自分の過去に夢中になったこと、打ち込んだことが思いつかない
部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
エントリーシートのアピールポイント|趣味や特技で好印象ゲット
エントリーシートの書き方によって、随分と印象が変わります。内定率がアップするエントリーシートの書き方はあるのでしょうか?
就職活動での自己表現、自己PRの書き方|内定を取りやすくする為には?
就活マニュアル通りにやるのではなく、独自の観点で就活を行う方が絶対にライバルに差を付けることが出来ます。