スポンサードリンク

エントリーシート(ES)の書き方について

エントリーシート(ES)に関してのテーマの種類は複数個存在しますが、それらのうち『当社の新商品開発に配属されたと仮定し、新商品を提案してみて下さい』という様なバリエーションの案件に困惑する人は多いです。

 

 

 

特に新卒予定の学生、まだあまり働いていない第二新卒者の様な場合はなおさらです。また、中途採用や転職でも、場合によっては尋ねられることもあります。

 

 

 

殆どの場合、こういった条件を出された場合、緊張も相まって、

 

画期的なアイデアを提案しないと駄目だ、、、

 

と思って、帰って頭が真っ白になる事が多いです。

 

 

真面目な学生、後がない人程、新鮮な商品アイデアが全く思い浮かばず、行き詰まります。

 

 

その一方で、万が一斬新な新商品のアイデアを思いついた場合、社会人経験のない学生、または何度もフラフラしている様な転職者の場当たり的なアイデアに会社は感心すると思いますか?

 

 

 

現実的には、このタイプのエントリーシート(ES)のテーマにおいて企業が確認したい重要なことは、アイデアの斬新さではなく訴求力や説得力、その人の論理的考え方です。

 

 

 

詳しく重要ポイントと対応策を確認していきましょう。

 

イメージするべき重要なことは実益、場面、ターゲットユーザー(属性)。

 

新商品のアイデアの場合、どこから進め方を考えればベターなのでしょうか? 

 

 

 

現実的にその企業のヒット商品を購入したり、友達とディスカッションをしたりしてイメージするのも望ましいかもしれないですね。

 

 

この場合のエントリーシート(ES)の課題に於いて絶対に押さえるべきは、新商品で消費者が得られる『利益』会社の利益。その商品を利用する『場面』。加えてその商品を入手、利用する『ターゲット(お客様)』ではないでしょうか。

 

 

 

例えば男性向け、独身向けに開発されたとされる新商品など。

 

 

 

値段と客層、売るべき訴求点と、求めている場面など、ズレがある場合、説明する時に説得力がなくなってきます。当然ですが、面接においては、『矛盾点は想定内』ですので、まんまと引っかかっていく事で、突っ込まれていきます。

 

 

 

この様に、突っ込みどころがあればあるほど、エントリーシート(ES)は落ちやすいのです。

 

5W1Hで全てを考える

 

企業が手に入れたい学生、第二新卒、または転職者というのは5W1Hの観点から物事を言及できる方達です。

 

  • What 何を
  • When いつ
  • Who 誰が
  • Where どこで
  • How どのように

 

学生の時習ったと思いますが、商品開発などにおいても非常に重要な部分なのです。

 

論理的進め方のスキルの1つであり、

 

 

  • 何を・・・例えば新商品を
  • いつ・・・朝や夜、寝る時、欲しい時、困っている時
  • 誰が・・30代の独身男性、主婦、など
  • どこで・・外出先、寝る時布団で、リビング、出張先など
  • どのように(利用するか)・・・口に含む、目にかけるなど

 

と、より具体的に当てはめていきながら、商品のニーズや、アイデアを詰めていく原則手法です。

 

 

 

新商品を提案しなさいというエントリーシート(ES)の案件はもちろんのこと、別のテーマに関しても利用することができるので、ぜひこの5W1Hを無視することなくエントリーシート(ES)を書いていくことが重要なのです。

 

 

 

エントリーシート(ES)の形はルールがあります。対応策を理解しておけば問題なく書く事が出来ますので、しっかりと練習しておきましょう!

 

転職、就活が不安の場合就職エージェントを利用しましょう

 

たった一人で就職活動を行うのは凄く不安要素があります。支え、教えが欠けていると、心は折れやすいのではないでしょうか。

 

 

 

とりわけ負担のおっきい就職活動のケースでは『もう辞めたい』『ドコでもいいや』と諦めてしまいがちです。

 

 

 

就職エージェントにお願いすることで、就活のモチベーションを持続することが可能です。

 

 

 

エージェントと聞くと、ハイキャリアを持つ人間のみしか使えない、求人がない、そしてそういった人に特化したヘッドハンティングしかないというイメージがあるのですが、近年、新卒、第二新卒なども積極的に支援してくれる就職エージェントが登場しており安心です。

 

.

 

エントリーシート(ES)の書き方や面接に関しての助言、職歴のカウンセリングや、自分の希望条件にフィットした人材募集の斡旋など就職活動の時に外すことができない手続きをトータルでフォローして貰えます。

 

 

 

就職エージェントは就職活動のプロだから、余計な心配なくカウンセリング出来てしまいますし、転職エージェントが紹介する転職求人は、予め転職エージェントのチェックをうけた企業であるため労働者使い捨てのブラック企業の求人ではないと断言出来ます。という理由で不安なく求人の斡旋を受けることが出来る訳です。

 

 

 

また、大手転職エージェントを仲介したら残業時間や年収、企業の実情など本当であれば入社しないとわからない内部情報もアドバイスしてくれるため、ミスマッチを予防するのにも役立ちます。

 

 

 

転職エージェント独自のインターンシップの見聞もあり、そのまま内定に結びつくというようなケースもイッパイありますので、絶対に複数の転職エージェント(無料)登録をお勧めします。

 

:

転職エージェント お勧め


関連ページ

エントリーシートの書き方、矛盾をなくして自己PRをしっかりとする方法
エントリーシートと面接での答えが違う人が多いですが、それは致命的です。しっかりと自分のやりたい事をアピールすること。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートに自分の過去に夢中になったこと、打ち込んだことが思いつかない
部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
自分を大きく見せる為のエントリーシートの書き方|嘘でも大袈裟でもなく、上手く書く方法
エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
エントリーシートのアピールポイント|趣味や特技で好印象ゲット
エントリーシートの書き方によって、随分と印象が変わります。内定率がアップするエントリーシートの書き方はあるのでしょうか?
就職活動での自己表現、自己PRの書き方|内定を取りやすくする為には?
就活マニュアル通りにやるのではなく、独自の観点で就活を行う方が絶対にライバルに差を付けることが出来ます。
読みやすい資料やビジネスメールの為の文章力をつけるのはビジネスマンとして必要スキル|転職にも絶対有利なので覚えておくと便利
読みやすい資料やビジネスメールなどはしっかりとつくれるようにしておくと、転職や今の職場で有利に働く事が出来ます
雇う側の気持ちを汲み取った自己PR、書類作成について
どの様な人材を求めているのかを明確に知ることが、転職を上手く行っていくには必要です。
30代、40代だからこそしっかりと履歴書を作成する|履歴書の常識
履歴書自体を書くのが久しぶりという方も多いと思います。しかし、履歴書は面接にいくまで非常に大事な部分なのです。
履歴書の本人希望欄で権利ばかりを主張しない事
本人希望欄で権利ばかりを主張しない事が大事です。
企業指定のエントリーシートやキャリアシートの書き方について
自分だけの事例を書き込むことで、個性を打ち出すことが出来ますので、有効に使っていきましょう。
30代、40代の有効的な自己PR欄の書き方について
有効的な自己PRの書き方があるのをご存知でしょうか?30代、40代の方だからこそ出来る書き方があります。
30代、40代の自己表現。効果的な志望動機書の書き方
ビジネスプランやコミットメントをしっかりと書く事で、さらに訴求することが出来ます。志望動機書も有効な自己表現方法となります。
ビジネスマナーとして、添え状(カバーレター)の基本、やってはダメな事
ただでさえ読んでもらえない30代、40代の書類。添え状をしっかりと書く事は基本。応募書類を読んでもらう為の先導役が添え状となります。
応募書類の送り方について|30代、40代の転職で注意すべき所
以外に分かっていない書類の送り方。応募書類の送り方一つで常識を問われる。
30代、40代の転職|仕事のやり方についての質問をされた時の回答
面接で仕事のやり方について質問された時の回答の仕方について。どういった答え方がベスト?