スポンサードリンク

エントリーシートに自分の趣味や特技を書けない、、、

エントリーシート 特技

 

部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?

 

 

多くの場合の学生はサークル活動とかバイト経験、ゼミとか学業、留学やボランティアなど何かしらのエピソードをふくらませて、原則文字数以内で経験・挫折・学んだ事を意識して、雇用担当の面接官に自己アピールしていきます。

 

 

その一方で、稀にサークル活動、バイトもしておらず、学業も趣味もさしあたって頑張ったということが欠けていると言う様な人が存在します。

 

 

この種類の学生が『学生時代に打ち込んだ事』を聞かれると回答に詰まります。

 

 

とは言っても、例えばエントリーシート(ES)に『学生時代に打ち込んだ事』の設問がなくても、今度は自分自身のアピールの場面で材料が見当たらず詰まることに違いありません。

 

 

 

このようなふくらませるエピソードの材料そのものがほとんどない学生はどう対処したら心配ないのでしょうか?

 

転職エージェント お勧め


 

今後エピソードの材料を編み出す

 

想像以上に急だとしても、本日より材料を編み出すと言う様な手段が考えられます。

 

 

学業もサークル活動もバイトも思っているほど語れる経験が不足しているケースだと、もうどうしようもないのでこの後エピソードの元にあたる材料を1週間程度などにて詰め込んで作りましょう。

 

 

具体的に言えば映画鑑賞とその批評に打ち込んだ、と言う様なエピソードを作るのであれば、1週間で映画を20本〜30本チェックして、インプレッションを幾通りか書いておきます。

 

 

そして、『映画をただ鑑賞してエンジョイすること以外に、興味深い映画の基本的な法則、売れる映画の原則性をマーケティング面から見る事が出来た』とでも盛れば立派に学生時代に打ち込んだエピソードと言えるでしょう。

 

 

当たり前の事、見た映画が5本規模だとしたら、転職の際の面接に於いて突っ込まれた際に答えられず盛っているのがばれることもあり得ますから、ある程度は量を詰め込むことが欠かせません。

 

 

一口に言うと『学生時代に打ち込んだ事』は本日より打ち込んだとしても確実にエピソードが作成できるのです。

 

就職面接で突っ込まれてもボロが出ないように考える事

 

エントリーシート 特技

 

当たり前のことだが、就職面接の時には自己アピールとか学生時代に打ち込んだという内容に関して詳しく聞かれます。

 

 

例えば映画鑑賞とか映画批評を頑張りました!と自己アピール後に、就職面接官が映画マニアのケースではアウトと言われる確率が高いと考えられます。その場合は諦めましょう。

 

他にも

  • 『最高に感動出来たシーンは?』
  • 『どうしてその映画はダメだと思った?』
  • 『売れる映画に通じるものってなに?』

など原因とか結論を掘り下げて聞かれます。

 

 

なぜかというと映画鑑賞が適当にでっち上げた嘘か真かをチェックしつつ、論理的に回答出来るか、別の言葉で言えば原因と結論がきっちりと一本の筋になって通っているかを確かめているのです。

 

 

学生時代に打ち込んだ事のエピソードを作る際には、前もって就職面接官の質問を予測しておき、ちゃんと答えとそのわけを断言できるように取り揃えておきましょう。

 

くだらないエピソードは意味がない

 

  • 『アントニオ猪木のモノマネが得意だ』
  • 『冬の海で海水浴を友達達と3時間した』

 

など、くだらないエピソード、笑わせようとするエピソードは相当なバクチとなると思います。

 

 

このような個性あふれるエピソードは、どちらかというと趣味特技欄などにおいて許されるエピソードとされ『学生時代に打ち込んだ事』のケースでは就職面接官は就活生が何に力を入れて、どんな成果を出して、その後何を学んだか、と言う様な真面目なポイントを聞きたいのです。

 

 

本音で言えば、バカげたエピソードは就職面接官の印象に残りますし、愛嬌の現れているユーモア等は

 

  • 『一緒に仕事がしたい』
  • 『こいつがいたら職場がハッピーになりそう』

 

と思わせるという考え方ができるにちがいありません。

 

ですが、このことはあくまで『根は真面目』『仕事も出来そう』と言う様な基準があってこその話でしかないので、何も優れた点の要素が不足しているまっさらなケースから笑えるエピソードで訴求すると『ただのバカ』という形で落とされるパーセンテージが大きいと思います。

 

 

万が一優れた点の材料が何も保持していないといった場合『学生時代に打ち込んだ事』の欄において、出来るだけ真面目なエピソードで自己アピールすることをお勧めします。

 

 

エントリーシートなどに何を書いていいのか分からない時は、転職エージェントを利用する事をお勧めします。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

関連ページ

エントリーシート(ES)の書き方や、考え方のコツなど
面接でよくあるエントリーシート(ES)での質問ですが、意識する所はどういった所でしょうか。
エントリーシートの書き方、矛盾をなくして自己PRをしっかりとする方法
エントリーシートと面接での答えが違う人が多いですが、それは致命的です。しっかりと自分のやりたい事をアピールすること。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
自分を大きく見せる為のエントリーシートの書き方|嘘でも大袈裟でもなく、上手く書く方法
エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
エントリーシートのアピールポイント|趣味や特技で好印象ゲット
エントリーシートの書き方によって、随分と印象が変わります。内定率がアップするエントリーシートの書き方はあるのでしょうか?
就職活動での自己表現、自己PRの書き方|内定を取りやすくする為には?
就活マニュアル通りにやるのではなく、独自の観点で就活を行う方が絶対にライバルに差を付けることが出来ます。
読みやすい資料やビジネスメールの為の文章力をつけるのはビジネスマンとして必要スキル|転職にも絶対有利なので覚えておくと便利
読みやすい資料やビジネスメールなどはしっかりとつくれるようにしておくと、転職や今の職場で有利に働く事が出来ます
雇う側の気持ちを汲み取った自己PR、書類作成について
どの様な人材を求めているのかを明確に知ることが、転職を上手く行っていくには必要です。
30代、40代だからこそしっかりと履歴書を作成する|履歴書の常識
履歴書自体を書くのが久しぶりという方も多いと思います。しかし、履歴書は面接にいくまで非常に大事な部分なのです。
履歴書の本人希望欄で権利ばかりを主張しない事
本人希望欄で権利ばかりを主張しない事が大事です。
企業指定のエントリーシートやキャリアシートの書き方について
自分だけの事例を書き込むことで、個性を打ち出すことが出来ますので、有効に使っていきましょう。
30代、40代の有効的な自己PR欄の書き方について
有効的な自己PRの書き方があるのをご存知でしょうか?30代、40代の方だからこそ出来る書き方があります。
30代、40代の自己表現。効果的な志望動機書の書き方
ビジネスプランやコミットメントをしっかりと書く事で、さらに訴求することが出来ます。志望動機書も有効な自己表現方法となります。
ビジネスマナーとして、添え状(カバーレター)の基本、やってはダメな事
ただでさえ読んでもらえない30代、40代の書類。添え状をしっかりと書く事は基本。応募書類を読んでもらう為の先導役が添え状となります。
応募書類の送り方について|30代、40代の転職で注意すべき所
以外に分かっていない書類の送り方。応募書類の送り方一つで常識を問われる。
30代、40代の転職|仕事のやり方についての質問をされた時の回答
面接で仕事のやり方について質問された時の回答の仕方について。どういった答え方がベスト?