エントリーシートの書き方について

エントリーシート 趣味 特技

 

今回も案外悩みの多いエントリーシートのある欄『趣味や特技』項目についてです。

 

 

履歴書とかエントリーシート(ES)については趣味、特技を記載する欄が存在します。

 

 

一見すると、就職志願動機とか自己アピールと比較すると必須要素度が低そうに感じる項目なんですが、実を言うと趣味特技欄はあなた自身の人柄を就職面接官に自己表現出来る『第二の自己PR』と言っても大袈裟ではない重要なポイントなのです。

 

 

自己PRとか就職志望動機は書き方のテンプレートが決まっており、就活生は就活本などで本格的に対策してくるという理由で、『趣味、特技記載欄』から人柄を見極めるのは単純ではないものです。

 

 

と言う訳で、就活生の魅力とか人柄がぐっと理解できる趣味、特技欄を設置しているのです。

 

どういった感じで書いていけば面接官にアピール出来るのでしょうか?

 

転職エージェント お勧め


 

特技、趣味は個性的で大丈夫

 

 

エントリーシート 趣味 特技

 

特技とか趣味の当たり障りない意見といえば『読書』『映画鑑賞』などになりますが、これだけではイマイチ持ち味が感じられません。

 

 

あり得ないことかもしれませんが、1ヶ月に30冊の本を読む、土日は絶対映画を見る、など具体的なエピソードがあるとすれば訴求力もあり、面接官にどんなタイプの本・映画が好きか?など突っ込まれても答える事ができ、好きな映画のタイプから、その人の人柄が認識できると思います。

 

 

反対に、たまにしか本を読ま無いのに『読書が趣味だと断言できます!』と答えてしまうと、いまいち中途半端な感じになってしまうのではないでしょうか?

 

 

特技・趣味欄の部分にはアナタ自身が最もきちんとした見聞を持っているものを記載するべきなんです。

 

 

結構な割合で見受けられる質問で『アニメ鑑賞等のオタク系の趣味はイメージが悪いか?』と言うものがあるのですが、アニメ鑑賞であっても全く問題ないと言えるでしょう。

 

 

個人の特技とか趣味は人個人個人なので、ニッチで印象が悪いと言う理由で差別して落とす事はないと言えます。

 

 

逆に、趣味が理由で差別して落とすような企業だとすれば、その会社の文化とマッチングしていないと言う理由であり、万が一入っても居心地の悪さを意識してしまうかもしれません。

 

 

従って、特技や、趣味等にはオタク系だとしてもマイナー系であってもどのようなことでもいいので、アナタ自身がダントツに詳しいと思えるものを書きましょう。

 

 

趣味とか特技は一般的なものでも、オリジナルのものでも構いません。

 

 

重要なのは就職面接官に『この人は優しそうだ』『職務をバリバリやりそうだ』『会社に一人いたら和むタイプだ』と考えられる風に長所となる人柄を訴求することだと言えます。

 

 

 

企業の面接官は学歴とかスキルというだけで採用・不採用をジャッジしてくれているわけではないと考えます。

 

 

部署に馴染めるか、場を和ませるか、トラブルメーカーにならないか、など就活生のキャラも加えて好感度のうちに入っているはずです。

 

 

就活は縁だ、と良く言われます。そのことを本当なのだと現すかのごとく、就職面接において一緒の系統の学生が多い場合では不利になると言わざるを得ません。

 

 

あり得ないことかもしれませんが体育会系のサバサバした学生4人、学歴の優れているエリート系1人、おっとり系の学生1人が就職面接を受けたとして、就職面接官は結果的にバランスを検討して体育会系1人、エリート1人、おっとり系1人に内定を出し、体育会系3人を不採用という様なような形にする傾向が高いと考えられます。

 

 

仮に趣味特技が曖昧で『この人は十分に理解していない、薄っぺらい』と考えられていると、この採用枠にすら入れなくなってしまうことがあり得ます。

 

しかしながら

 

『じゃあ、ユニークな趣味とか特技を書かないと!』

 

と感じる必要はないです。分かりやすく言うと真面目さとか誠実さも称賛に値するキャラクターと思います。あなた自身のチャームポイント、キャラクターを見定めて、趣味・特技欄を考えましょう。

 

 

自分自身のキャラクターが分からなければ、友人に聞いてみるのもお薦めの手と言えるでしょう。

 

 

趣味・特技の具体例について

 

料理

 

 

男子のケースでは意外性を自己表現出来る。細やかなケアとか順序立てて物事に立ち向かうイメージを与えることが出来る。

 

読書、映画鑑賞

 

 

知性とか教養の深さを自己アピール出来る。物事を深く検証するという考え方が出来る。

 

アニメ鑑賞、読書(漫画)などマニアックな趣味

 

 

深く掘り下げて探究しているレベルだとするなら、物事に力を注ぐ能力を自己アピール出来る。

 

 

且つ自分自身で制作、あるいはインプレッション報告を制作経験したことがあるとしたら、批評出来るスキルや比較検討力、マーケティング能力を自己アピール出来る。

 

運動、スポーツ

 

 

体育会系で体力があり、チームプレーを大切としているスポーツとしたらコミュニケーション力を自己アピール出来る。明るい、朗らかで真っ直ぐ、さわやかな印象を与える。

 

犬の散歩、猫と遊ぶなどペット、動物関係

 

 

好意的な印象、配慮焼き、愛情深いイメージを与える。苦労したという内容などもエピソードに盛り込めば、ぐっと好印象。

 

 

思っているほど動物好きを伝える学生は多くないので、競争率も低く、就職面接官の印象に残りやすい。

 

バイト先において皿洗いが早いなどふざけた特技

 

 

ビックリすると思いますが、趣味特技の欄は唯一、ふざけた物だとしても平気なのです。就職面接官を笑わせると受かりやすいと聞きますが、人を笑わせるという作業が出来るといったことは、愉快な人と思われるイメージを与えるということです。

 

 

しかしながら、職場次第では堅物な周辺状況のこともあるので、笑いをとりにいってうまく行かなかった場合は悲惨なので要注意と言えるでしょう。

 

このように、日常の些細な事に関して趣味とか特技にすることが可能なのです。

 

 

大切だと思うのは『趣味・特技からどんなイメージを相手に与えるか?』ということです。

 

 

新卒者に関しての就職面接はどれだけ『一緒に仕事したい』と思わせるかが重要事項だと断定できます。

 

 

趣味特技の欄をおろそかにせず、きちんと具体的なエピソードを添えて面接官にあなた自身のキャラを自己表現すべきです。

 

そうは言っても、上記の例を見ても『趣味・特技欄を上手に自己表現に繋げられる事は無い!』と言う就活生もほとんどではないでしょうか。

 

:

新卒者の就活サポート『いい就職.com』を活用しよう!


学校を卒業してすぐの人の求人サイトといえばリクナビ・マイナビなどが注目を集めていますが、これらの求人サイトは個別に関してのエントリーシートのカウンセリングとか『アナタ自身がどんな仕事先が適しているか?』といった個別応対はしてくれません。



しかしながら、ここ数年は、新卒学生をマンツーマンにて支援してくれる転職エージェントならぬ『新卒エージェント』の求人サイトが出てきました。『いい就職.com』という求人サイトです。


バナーココに■■■■


いい就職.comは東京・大阪・名古屋・沖縄に拠点を持つ大手求人サイトで、リクナビとかマイナビに比べると個別サポート体制が手厚く、登録すると担当のエージェントがついてエントリーシートの書き方とか就職面接に関してのテクニックをレクチャーしてくれます。



その上、あなた自身の希望条件にふさわしい働き口を個別でピックアップしてアドバイスしてくれるため、リクナビなどに於いて結構な割合で見受けられる『どこの求人情報に応募したら大丈夫なのか分からない!』と言う様な混乱を防いでくれるに違いありません。



尚且つ、いい就職.comは求人情報を丁寧に審査していますので、ブラック企業に入ってしまう失敗の可能性も抑える事が実現可能です。



ミスマッチによる新入社員の離職が沢山あるこの頃、マンツーマンに於いて丁寧にあなた方自身にふさわしい働き口を指導してくれて、内定に至るまでアシストしてくれるサービスはいい就職.comだけです。



活用は100%無料で、新卒の就活生であればどんな人でも季節を選ばず登録出来ますから、ぜひ使ってみることをおすすめします。


■■バナー

関連ページ

エントリーシート(ES)の書き方や、考え方のコツなど
面接でよくあるエントリーシート(ES)での質問ですが、意識する所はどういった所でしょうか。
エントリーシートの書き方、矛盾をなくして自己PRをしっかりとする方法
エントリーシートと面接での答えが違う人が多いですが、それは致命的です。しっかりと自分のやりたい事をアピールすること。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートに自分の過去に夢中になったこと、打ち込んだことが思いつかない
部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
自分を大きく見せる為のエントリーシートの書き方|嘘でも大袈裟でもなく、上手く書く方法
エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
就職活動での自己表現、自己PRの書き方|内定を取りやすくする為には?
就活マニュアル通りにやるのではなく、独自の観点で就活を行う方が絶対にライバルに差を付けることが出来ます。
読みやすい資料やビジネスメールの為の文章力をつけるのはビジネスマンとして必要スキル|転職にも絶対有利なので覚えておくと便利
読みやすい資料やビジネスメールなどはしっかりとつくれるようにしておくと、転職や今の職場で有利に働く事が出来ます