職歴を埋める

転職において一番重要とされているところが職業履歴(職歴)です。もちろん資格やどこの大学を卒業したなどと学歴も転職においては重要事項になりますが、それ以上に職業履歴(職歴)は、実務経験だったり実戦でどのくらいのスキルがあるかを見る為の重要な指標になるんです。

 

転職 職歴

 

転職や、就職の際には、資格のみしか判断基準がありませんので、職業履歴(職歴)という部分がどのような経験値を摘ん出来たのかという所を測る指標となるのです。

 

 

ですので職業履歴(職歴)は実戦経験と同様の考えで、どのくらいの即戦力があるのか?転職をしたらどのくらいの期間で即戦力として働けるのか?などを占う重要な指標となります。

 

 

例えば3年未満の退社が多かったりとか(職を転々としている)、非正規雇用の経験だけしかないとか、履歴書の空白期間が非常に長いとかその様な部分があれば、転職の際には非常に不利になります。

 

 

特に第2新卒とかではなく、30代後半とか、40代後半の転職希望者に関して言えば、職業履歴(職歴)というのは非常に大事な判断基準になるんです。面接で色々な事を話してカバー出来る理由があったとしても、書類選考で落とされては何も意味がありません。

 

 

つまり面接で絶対達自身があればあるほど、職業履歴(職歴)をどのようにして埋めるかという部分が大事であり、面接に行くまでの重要なポイントとなります。面接でしっかり自分の事をアピールしたいのであれば、出来る限り職業履歴(職歴)を埋めておく必要があるということです。

 

 

パートをした期間や、アルバイト期間というのは職業履歴(職歴)にどのように書けばいいのでしょうか?更にもし自営業をしていたりすれば、この自営業の間というのは職業履歴(職歴)にどのように書くべきなのでしょうか?

 

 

転職エージェントなどを使えば、しっかりと書き方を教えてくれますが、まず自分で理屈をしっかりとしておく必要があります。

 

空白の時間というのは、何をしていたのか?を転職先の面接官に分るようにしておくこと。

 

空白期間は、遊んでいたか?それとも何か仕事をしていたのか?転職先の面接官にはわかりませんね?しっかりと働きたいのであれば、空白時間に自分が何をしていたのか?という部分をしっかりとアピールする必要があります。

 

 

職業履歴(職歴)で、以前の職場の入社の時期、退社の時期だけを書いていては味気ない為面接官に伝わりません。転職活動の履歴、及び就職訓練校、資格を取る為に使った時間などはしっかりと回答ことが必要です。

 

 

転職活動期間に具体的に何をしたのか?という所をしっかりと書くことで、面接官にこの空白時間、自分は何をしていたのか?という部分をアピールする事が出来ます。

 

 

例えばですが、『前職を辞めた後、1年間は失業保険+数貯金を食いつなぎ、資格の勉強の為に使いました』などのように書けば、この空白時間はしっかりとキャリアアップの為に使っていたんだと言う事が面接官に分ると思います。

 

 

例えば前職で精神的に参り、精神科に通って行って薬をもらいながら過ごしていたと言うような部分は隠してもいいと思いますが、ワーホリに行っていたとか、自転車で日本一周をしながらいろんな人と出会ったりとかいろんなところの写真を撮ったとかであれば、人間性を挙げているという部分で好印象になる可能性があります。

 

 

結局一流企業といえども、最後は人柄になりますので、堅苦しい人間よりも、多少人間臭い人の方が面接官の目に留まりやすいと思います。

 

 

中小企業においては、履歴書に書いてあることで面接官に伝わることが多くまた実際社長も目を通している事が多い為、通過出来る可能性が多くなります。

 

入社してバレるような嘘は書かない事

 

履歴書に例えば嘘を書いたとすれば、その嘘のおかげで合格出来た際、いずれ話題となり突っ込まれた時に、ハッキリした事が言えないと言うような事があればメッキがはがれてきて嘘がバレてきます。

 

 

ですので入社をする事を見越して、極力ウソつくことはやめましょう。

 

 

職に就かずプラプラしていたと言うような部分は、面接官には印象が悪いかもしれませんので、その様な部分は極力隠す方向で言ってもいいと思います。

 

 

基本的に小さな嘘をついていけば、そのついた嘘自体を忘れてしまいますので、長い期間話していると話のつじつまが合わない事が起こってきます。ですので極力割れるような嘘はつかない方が賢明です。

 

履歴書は人間性が分るので、しっかりと本当の事を書く。

 

面接の際、ある程度の人柄がわかりますが、その面接に行くまでには履歴書しか判断基準がありません。つまり履歴書は、その使途がどのような人なのか?というのを図る為の大事な指標になります。

 

 

つまり、履歴書というのはその使途の人間性が溢れているし、キャラクターの部分が出る為、しっかりとを正直に書くという事も大事です。杓子定規の履歴書よりも、他所面白味のある、人間味のある履歴書の方が、面接官の目に留まりやすかったりするのは当然です。

 

 

できるだけうそつかずに、しっかりと職業履歴(職歴)を埋める努力をしていきましょう。機械的に履歴書を書いても良いことはありませんので、自分の人生のマップを書くようなつもりで、精一杯転職先の面接官にアピールしていってください。

 

webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代

30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め


関連ページ

職務経歴書の3つの書き方のメリットとデメリット
30代、40代に適した職務経歴書の書き方があるのですが、その3つの書き方のメリット、選び方、そのデメリットなどを説明します。
『編年中心式』『キャリア中心式』それともフリースタイル?職務経歴書のそれぞれのメリット、デメリット
自分がどの職務経歴書で書けばいいのか?アピールポイントなドコなのか?メリットやデメリットなどについて。
職務経歴書に必須!『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』について
難しい職務経歴書の書き方ですが、職『職務要約』『職務詳細』『活かせるスキルと経験』『自己PR』を効率よく使うことで、見やすい職務経歴書が書けます。
『職務要約』の書き方『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』
職務経歴書の重要なパートの1つである『職務要約』ですが、書き方は難しいので『時系列記述法』と『キャリア軸記述法』の書き方を覚えるといいでしょう。
採用担当者が最も注目する項目『職務詳細』の効率的な書き方
30代、40代の転職で大事な『職務詳細』ですが、書き方をしっかりと覚えて、みてもらえる職務経歴書を書きましょう。
『活かせるスキルと経験』と『自分PR』の書き方
30代、40代ならではの書き方で、ライバルに差をつけていきましょう。転職先に合わせたスキルの書き方について。
40代職業履歴(職歴)なしが就職する方法はある?フリーターやニート、引きこもりの場合は働くことが出来るのか?
30代中盤でも転職では苦しいのに、40代のケースであれば、転職は更に難しくなるのでしょうか?適当に働いていたり、適当にアルバイトをしていた気づいたら40代…というような方は今も沢山いるようです。