吃りは就職に不利になる?吃りとの向き合い方

転職や就職において、企業が注目すべき点はやはり人材のコミニケーション能力になります。コミュニケーション能力といえば、会社内の社員やアルバイト同士のコミュニケーションももちろん、当然営業などの外部へのコミュニケーション能力が求められています。

 

吃り 面接

 

人間性や、例えば笑顔なども重要なコミュニケーション能力ですが、もともと生まれつき吃って(どもって)いる方は就職の際に非常に不利になると考えている傾向があるのです。

 

 

もちろん吃る(どもる)ことによって子供の時や学生時代に色々なコミュニケーション障害を経験した方は、面接の際に『吃って(どもって)いることを指摘されるかもしれない…』と思うかもしれません。

 

 

実際に、吃り(どもり)は一見関係ないように思いますが、実は営業などでは非常に問題のある言語障害となります。例えば出だしのときに緊張してどもってしまえば、最初の言葉が続いたりします。

 

 

例えば、『お世話になります』と言うような誰でも言えるような言葉でも、吃り(どもり)のある方は『おおおおお世話になります。』というふうになるのです。これでは電話営業等でも不具合があるのは当然です。

 

 

基本的に幼い頃から吃って(どもって)いる方は、しゃべると馬鹿にされると言うふうな気持ちがある為、人前で話したりする時にあがり症も合併したりするケースが多いです。私の友達も高校の時にどもっていましたが、人と話すときにやはり緊張したりとか上がったりして、その結果さらに吃り(どもり)を助長していました。

 

吃り(どもり)は障害になるのか?吃り(どもり)という時点で就職ではかなり不利

 

一般企業の場合、障害者採用を行うことにより、国から補助金がもらえますので障害者枠を取り入れている企業も増えています。障害者を雇うことにより、企業のイメージアップにもつながりますし、いろんな意味でメリットがあるのです。

 

 

しかし、吃り(どもり)の場合、障害者と認識されることはなく、通常に性格があがり症とか、ただの緊張する人というふうにとらえられてしまいます。という事で企業側にとってもあまりメリットはありませんので、吃り(どもり)というだけで、学歴や仕事の能力は十分にあるにもかかわらず、基本的に面接で落とされる傾向があります。

 

 

今の会社を見れば、吃り(どもり)を取り入れるデメリットの方が多い為無理はありません。営業職はもちろんですが、会社内でのコミニケーション能力や、技術職に於いても、同僚とのコミニケーション能力は必須条件となりますので、おのずと吃り(どもり)という部分で敬遠されるのも無理がありません。

 

 

吃り(どもり)自体が企業で認定されることが少なく、仮に就職や転職に合格出来たとしても、そのあとコミニケーション能力のなさで、会社内で疎外感にさいなまれ辞めていく方も多いようです。

 

吃り(どもり)が転職で内定をもらう為には、スキル&性格&人柄

 

吃り(どもり)というものはそう簡単に治るものではなく、就職の為に吃り(どもり)は不利と分かっていても、どうしても直すことは難しいのです。

 

 

つまり、通常の障害と同様に、吃り(どもり)というハンディキャップを自覚し、それを超えるものを身につける、もしくはアピールするという事を意識する方が近道です。

 

 

例えば英語、TOEICや、簿記のスキル等はいまだに転職や就職において有利ですし、プログラミング能力や、特殊能力というものはどこの企業でも優遇されます。

 

 

比較的高待遇であるベンチャー企業等は、ITスキルを重視している傾向がありますので、コミニケーション能力よりも実際にパソコンスキルなどを重点的に優遇する傾向があります。

 

 

ですので、例え吃り(どもり)があったとしても、それを超えるスキルがあれば比較的寛大に就職する事が可能だと思います。

 

 

ベンチャー企業の技術職が出来るようなスキルと、それに求められる資格を持っていれば、営業に出ることもありませんので、車内で吃り(どもり)について寛大な理解があれば、問題なくコミュニケーションもとれますし、通常通り仕事が出来ると思います。

 

 

そのような会社にいきなり転職するのもアリですが、まずバイトから入って自分のスキルを会社でアピールし、吃り(どもり)も越えて理解してもらえる方がいいかなと思います。

 

 

僕の友人もずっと吃って(どもって)いましたが、友達でバカにする事はありませんでしたし、その友人がしゃべるときはみんな理解して吃り(どもり)が余りにもひどい時には、突っ込んであげて楽な感じにしてあげてました。

 

 

ですので吃り(どもり)の人に対しては、慣れてくれば寛大になることが出来ると思います。また、人間的に好きなタイプがあれば、幾ら吃って(どもって)いても、それは頭が禿げていると言うふうな特徴と同様、あまり重要な要素ではないということです。

 

 

スキルがあって人間性があるのであれば、例えどもっている事に対して馬鹿にしたりすることは絶対にないと思います。

 

 

吃り(どもり)が就職活動や、転職活動に邪魔をする部分は確かに否めないかもしれません。しかし転職の為とか就職の為とか、その部分だけで吃り(どもり)を直すことが出来れば、逆に言えば今吃り(どもり)に苦しんでいる事はないと思います。

 

 

色々なハンディを背負ってみんな仕事をしているので、もし吃って(どもって)イルコトで悩んでいるのであれば、吃り(どもり)を直すのではなく、その吃り(どもり)を含めてみんなに認められるような人格になったり、スキルを磨いたりすればいいと思います。

 

  リクルートエージェント

 

総合評価

キャリアアドバイザー

求人数の量

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め


転職エージェント お勧め

10万件を上回る圧倒的な募集人数で評価の高い知名度抜群の転職エージェントとなります。

 

日本全国にマッチしていて、20代30代から40代の仕事の転職までカバーしている職場を変えるなら外せない転職エージェントです。

 

収入の上昇率は66%もあり、高い成果が厚い支持を得ています。それだけ質が優れている転職エージェントであると断言できます。求人数の90%が非公開求人です。


ジャンル

得意業種等

公開求人数

非公開求人数

転職エージェント

オールジャンル

約15,000件

約90,000件

募集雇用形態

対応地域

転職後年収UP率

設立年月

正規社員

全国対応

約66%

1977年11月


転職エージェント ランキング


  DO-DA

 

 

総合評価

キャリアアドバイザー

求人数の量

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め


転職エージェント お勧め

DODAの企業の求人は30,000件を上回っていて転職エージェントに関しても最高レベルの案件数です。

 

これ以外には、『スカウトサービス』という社員求人を出している人材を探している企業からスカウトを受けられるサービスがあります。

 

これは予め『職歴』『経験』『転職先の希望条件』等を登録するだけで、あなたに興味をもった人材を探している企業がスカウトしてくれるサービスとなっています。


ジャンル

得意業種等

公開求人数

非公開求人数

転職エージェント

オールジャンル

約2,500件

約40,000件

募集雇用形態

対応地域

転職後年収UP率

設立年月

正社員及び派遣

全国対応

非公開

1989年06月


転職エージェント ランキング


  パソナキャリア

 

  

総合評価

キャリアアドバイザー

求人数の量

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め

転職エージェント お勧め


転職エージェント お勧め

パソナキャリアは仕事の転職成功者が25万人、取引実績企業数は16,000社以上とトップクラスとなります。

 

加えてパソナキャリア経由で仕事を変えた転職者の67%が給料やボーナス、年収をUPしているという驚く位高水準の実績のある転職エージェントとなります。

 

オリコンランキングにおいても総合順位で2位、更にはその他ほぼ全部の項目で上位にランクインしている大変人気があり、尚かつ実績のある転職エージェントとなります。


ジャンル

得意業種等

公開求人数

非公開求人数

転職エージェント

オールジャンル

約4,200件

約17,000件

募集雇用形態

対応地域

転職後年収UP率

設立年月

正規社員

全国対応

67.1%

1988年04月


転職エージェント ランキング

関連ページ

営業職から経理、畑違いの業種への転職は可能なのか?
営業があまり得意ではない、、という男性が、経理の業種へつきたい、、と思っている場合、転職は可能でしょうか?
フリーターから正社員にはなれる?職業履歴(職歴)なしでもアルバイトをしていれば十分に可能
ずっとフリーターをしていて、ぼちぼち落ち着きたいなと思ったとき、正社員にはなれるのでしょうか?
転職先が決まっていない時、退職後色々と準備が必要です。
転職をする場合、前の会社を辞めたとしばらく時間があったりとか、逆に転職先を決めていないのに退職すると言うようなケースもあると思います.色々な注意点について書いています。
鬱病になりやすいと言われるフリーランスと呼ばれる働き方について
インターネットの普及によって、自分自身の時間を持って、自分の好きなクライアントとのみ商売するというフリーランスが注目されています。しかしフリーランスは孤独感との戦いで、精神的に弱い人はかなり廃るようです。
転職の心構えについて|有利に新しい職場で働く方法
新しい転職先で、自分のスキルを生かして有利に働く方法などを書いています。
志望業界の情報収集の仕方について、同業種他社の情報収集で志望している会社と比較
現在働いている会社とは違い、異業種への転職はかなり勇気の要ることかもしれません。特に30代、40代からの転職で、異業種への転職はかなり条件的にも厳しいかもしれませんので、そのあたりの心構えについて書いてみたいと思います。
正社員で働いている人が辞めたいと思った時の優先順位
正社員として働いている方が、優先順位として何を考えるべきなのか?
人見知りは営業はむいてない??転職出来ない年齢になる前に考えよう!
転職を有利に出来る時に、自分の性格に合った職場を探す努力をしましょう。
転職の際考える事|夢を持ち、そして自分を知ることから始める
転職の際、自分の事をしる事が大事です。そして、なぜ転職するのか?そこを明確にしておく必要があります。
転職の時の自分の長所の活かし方|会社都合での転職の際の考え方
転職の際、自分のセールスポイント、そして会社都合で会社を辞めた際の考え方について。
手取り20万以下でも結婚できる?ボーナスが無い会社に入ると未来がない
手取りが万円以下の男性は、結婚が出来るのでしょうか。ボーナスがない、もしくは寸志の場合お先真っ暗だと言えるでしょう。
仕事にやりがいが持てない、、そういった新入社員はさっさと転職すべき
新入社員が仕事にやりがいがない、、これは色々な理由があると思いますが、その理由が正当な理由であれば、転職を視野に入れるべきです。第二新卒転職は強いし、年々不利になっていくからです。
経理の転職|有利に正社員になるのはTOEICや簿記一級が近道
正社員を狙う転職の経理の方は、TOEICや簿記一級を習得すると有利になります。
オタクや非リア充が働きやすい就職口、転職先とかあるのか?
人とコミュニケーションを摂るのがストレス、、という様な非リア充の人が働きやすい就職口について。
会社説明会の質問でNGな質問とは?聞いていいこと、駄目な事
会社説明会や企業説明会などで、質疑応答がありますが、暗黙のルールとして聞いては駄目な事が存在する事を知っていますか?
英語を活かした就活、英会話は武器になる!英語を武器にしたいからコレ!
外資系の転職、大企業の就職の場合、英語はスゴく武器です。ぜったいに有利ですが、その英語を活かす就活をするにはどうすればいいのでしょうか?
高卒のフリーターでも正社員になれる。目標を持って就職活動をしよう
高卒でフリーターとして働いている方は、自分は一生正社員とか、福利厚生が恵まれている職場へ働くことが出来ないと思っていると思いますが、そんな事はありません。
萌え絵師、プロ絵師になるにはどうすればいい?転職や専門学校について
若者に人気のプロ絵師になる為にはどうしたらいいのでしょうか?転職、または専門学校などについての情報。
退職後にするべき保険の事、社会保険、国民年金など
退職した後、まずは保険についての知識を知ることが大事です。国保などについて書いています。健康保険の手続き『国民健康保険』か『任意継続被保険者制度』を選択します。
転職をする際、気分が下がる、メンタルが弱いと不利。気分を高めよう。
転職の際、気分が塞いでいると、新規の転職には不利です。面接官にも分かる様になります。気分を上げて、気分を休めてリラックスしましょう。
転職を有利に進める為の資格の有無|転職の内定率にどのくらい関係があるのか?40代の転職、30代の転職には絶対に必要要素となる資格の有無
転職を有利に進める為の資格の有無についての記事を書いてみたいと思います。転職を有利に進める為には絶対に資格は必要なのでしょうか?
今の職場で人間関係がうまくいかないから転職する!はワガママ??
給料の面や、残業などの面で転職を考えると言う事はよくあることですが、会社に不満がないが、人間関係が上手くいかないとか、職場に友達が出来ないという理由で転職を考えているのはわがままなのでしょうか?
ワーキングホリデーや留学後の就職活動を成功する為に必要な知識。TOEICなどの資格を取り、空白期間の穴埋めを考える
ワーキングホリデーを遊びととらえている企業は多く、空白期間をどのような感じで埋めていくのかが就職活動では重要になっています。ワーキングホリデーの空白時間をどのようにとらえるのか?就職に有利にする為にはどういった考えが必要なのでしょうか?
意識高い系企業が強制する『朝活』とのつき合い方。会社なので言うことを聞くべきか…
海外の一流企業などで取り入れられている事で、日本の意識高い系企業でもじわじわと広がっている朝活というもの。これはどのようにして向かい合えばいいのでしょうか?
他業種転職をする際に注意するポイントは?他業種転職で失敗するパターンと失敗しない方法について
転職をする際に全く違う業種に行くことも珍しくありません。他業種転職の場合はキャリアが全くありませんので、同業種の転職とは違い、注意すべきポイントがあります。
就職面接で失敗談を話すと内定率が上がる?面接の際のテクニック
自分を良く見せろうとして、転職の面接の際色々なかっこつけた事を言う人も多いと思いますが、実は人間の心理学的にはある程度の失敗について話す方が効果的であると言われています。
フリーターが正社員になる為にはどのような事が必要か|20代後半に正社員になる為の努力の仕方
大学卒業して正社員にならずにフリーターとして働くのも、26歳、27歳、28歳と年をとってどんどん正社員になれにくくなってきます。フリーターが正社員になる為には20代後半になる前にしっかりと将来のビジョンを持っておくことが大事です
高学歴で資格保有者であっても、就職に失敗する理由。地方の就職であればあるほど顕著にそれは現れる。
高学歴でなおかつ資格も所有しているにも関わらす、うまいところに就職が出来なかったりとか、希望の就職が出来ないと言うような事も多々あります。周りから見て絶対に通るだろうと思っているような人でも、就職に落ちるというケースもあります。
こんな会社辞めたい…正社員が会社を辞めたいと思った時に考えるべきこと
正社員の方は特に会社を辞めるとき色々悩むべきところがあると思います。辞めたいけどやめれない…その理由は何でしょうか?本当に考えないといけない理由はなんでしょう。