40代からの転職を成功する為に

こんにちは。このサイトでは、転職についての情報を書いています。基本的には転職は30歳前半と言われています。40歳を過ぎた転職は、かなり厳しいというのが一般的で意見だと思います。

 

 

40代というのは基本的にはこちらから選べる仕事がないともいわれています。もちろん特殊技術や免許等によっては、優位にキャリアが働くケースもありますが、基本的に前の会社の給料が良くないからといってやめたいような方は、今回もかなり厳しい転職になるのは間違いありません。

 

 

コネなしで転職をするケースの場合、年収がほとんど下がることは間違いないというのは一般的な意見だと思います。

 

 

日本人の場合は、年功序列制を取り入れている会社が多いため、企業としては年をとっている人を雇う場合はそれなりの給料を払う必要があります。

 

 

逆に言えば、管理職の経営するまたは即戦力として会社に利益を与えてくれるような人でなければ、わざわざ高い給料を払って中途採用をする必要がないわけですね。

 

 

 

このような理由から即戦力や管理職以外の40代の転職といえば、かなりの不利な条件で選ぶ必要があるというのが一般的な考えです

 

 

逆に言えば20代や30代の前半であれば、未経験者でも転職市場は大変有利な状況が多いです。人材を確保して将来の管理職を目指す人間を育てるためには、企業はお金を出すというようなイメージですね。

 

 

 

しかし、40代でも成功した転職をしている方も多いです。40歳になるまでにしっかりと働きスキルや資格を身につけていれば、優位に転職できる可能性もあります。

 

 

 

今の自分自身の市場価値と、今の会社の給料がギャップがありすぎる場合であれば、優位な転職によって年収が100万以上は上がる可能性もなきにしもあらずです。

 

 

 

その一方、「俺はもっとお金をもらっていいはずだ」とか「俺と同じような条件で働いているのに、あいつは俺よりも給料が高い」というような感じで転職をして、帰って給料が下がったというケースもあります。

 

 

ですので、40代の転職もしくは30代後半からの転職を考えている場合は、自分1人で勝手に決めるのではなく、しっかりと市場調査をしてから転職をする方がいいと思います。

 

 

家族や友人に相談した場合、年齢がある程度いっている時に転職を相談したらほとんどの人が「絶対にやめておけ」と言うと思います。

 

 

特に年配の方であればあるほど、終身雇用制などのイメージがいまだにありますので、給料が悪いとか条件が悪いというような理由で転職する人間は、かなりいい加減な人間だから企業も求めていないというような古臭い考え方に終始している人間もいます

 

 

40歳を過ぎた場合、ほとんどが退職まで20年くらいになりますので、企業としても扱いにくいのが現実というのは間違えありません。

 

 

20代の場合は一生懸命仕事を覚えますが、30代後半40代の場合、ある程度の悪知恵なども持っていますので、企業や会社としても、職場の人間と馴染むかどうかという部分で、ギャンブル的要素があるのです。

 

 

 

いろいろな支払いや社会的背景、住宅ローンなどもあり、40歳を過ぎたら冒険をしたくないという人も多いのです。

 

 

 

でも、キャリアアップ以外にも、今持っている会社への不満や給料に対する不満が多いのであれば、退職まであと20年耐えられないと思うのであれば、思い切って転職をするというのも一つの方法だと思います。

 

 

 

いきなり退職して次の仕事を探すのもリスクがありすぎますので、まずは仕事をしながら転職活動して、自分を正当に評価できる転職先があるかどうかというところから調査をしたほうがいいと思います。。

 

退職後に転職活動する場合

 

今の会社の上司とうまくいかないとか、給料の部分でかなりの不満を抱えているというのであれば、先に辞めて一生懸命転職活動をするというのも方法の一つです。

 

 

転職も退職もできずに、精神的に追い込まれて鬱病になって最悪の場合は、過労死してしまうというサラリーマンも年間で数名いますので、切羽詰っている状態であれば退職後に転職をするという方法をとるのもいいと思います。

 

 

気分が落ち込んでいたりとかあんた一人称がとてもマイナスな感じの人であれば、新しい仕事先で内定をもらえることはありませんので、精神的にも肉体的にも充実した状態で新しい職場を決めるという方法がいいと思います。

 

 

 

仕事に対して思い詰めているようであれば、先に仕事を辞め、失業保険をもらいながら転職活動をするという方法もあります。

 

 

いずれにしても精神的に満足をしていないようであれば、新しい職場の内定はもらえませんので、転職のために先に仕事をやめてストレスを減らしていくという方法もありです。

 

新しい職場(転職先)に求める希望条件などを決めておくことが大事。

 

 

適当に新しい職場を探すのではなく、なぜ今の職場を辞めるのかという部分を見つめ直せば、おのずと新しい職場に求める希望条件などがわかってくると思います。

 

 

今の仕事に不満があって転職を考えているわけですから、今の職場で不満足な部分をしっかりと認識し、極力次の転職先にはそういったことがないようにすることが大事です。

 

 

例えば以前の職場が、かなり大きな会社であり、お互いのコミュニケーションが取れないようであれば、働いている人数にするという部分でこだわる必要があると思いますし、残業が多すぎて家族サービスができなくなったというような場合であれば、月の残業時間が何時間以内というふうに選ぶこともできます。

 

 

また、生活水準が落ちない程度にある程度の妥協も必要です。基本的には若い方が有利ですので、高望みをしすぎると転職期間がかなり長くなり、失業保険はもとより、どんどん年をとっていきますので、就職に不利になっていきます。

 

 

現実的な転職の条件と、絶対に譲れない部分、そしてここまでなら妥協していいという妥協部分、このようなものをトータルで考えながら転職をすすめていくことをおすすめします。

 

1社だけではなく、取り敢えずたくさんの転職先を探す

 

ただでさえ、年齢が高い場合、1社だけで転職が決まることは稀ですので、できるだけ多くの企業や会社にアプローチをしていくことが大事です。

 

 

 

ほとんどの方は最低でも1週間に5社以上の会社にアプローチをしているといわれています。もちろん、在職中にそのようなことをするのは不可能ですので、転職サイトなどを利用して効率よく転職先を探します。

 

 

 

気合いを入れて沢山の企業にアプローチをしなければ、40代の転職はかなり厳しいものになると思いますので、そのあたりはしっかり意識していきましょう。

 

求人の裏の意味もしっかり理解する。

 

基本的に年齢制限がない企業の求人も「実は20代の若い男の子が欲しい」などと言うケースも多いです。

 

 

額面通りに「年齢不問」などの求人に甘えても、企業側としては、求めている人材と違っているケースも多々あるのです。

 

 

少しでも優れた条件で転職したいのであれば、このような求人の裏の意味もしっかりと理解して転職活動をする必要があります。

 

 

 

年齢不問とか言っている求人情報は多いですが、それを額面通りに受け取りに「40代でも沢山働けるところあるじゃないか。」と思っていたのでは、条件の優位就職はまず無理でしょう。

 

 

求人の裏情報も見る方法として一番優れているやり方はおすすめの転職エージェントを使うことです。転職エージェントはプロのエージェントがいますので、あなたの市場価値をしっかりと判断してくれて、応募可能な求人を常に教えてくれます。

 

 

高望みすることもなく、安売りすることもなく、自分自身の適正な価値を教えてくれる大変ありがたい存在なのです。

 

【30代、40代からの転職!】今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由


厳しい30代、40代の転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと断言出来ます^^


転職エージェントは、無料で活用出来て、30代、40代の転職条件の厳しい状況においても、それぞれにフィットした良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


『特技、スキルの無い30代、40代の転職希望者』でも条件が少しでも良い所で働ける様に全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


全国各地において職業を転職したいのであれば『リクルートエージェント』がイチ押し!


『30代、40代の方の今よりもいい条件で』の転職を検討中であるのであれば、管理人がオススメする転職エージェントは『リクルートエージェント』となります。


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>



リクルートエージェントは日本中に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、普段知ることの出来ない非公開求人を一番数多く取り揃えており、給料、ボーナス、年収などは勿論の事好待遇の企業の求人情報が集まっていることが特徴ではないでしょうか。


年収の増収、待遇アップに対してはうってつけの転職エージェントだと言えます。


大企業の関連会社など、業績が長年安定しており、景気に左右されない、好待遇の求人情報がほとんどで、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接についての受け答えに至るまで念入りに取り組んでくれます。


非公開求人に対しては優良求人が豊富にありますので、リクルートエージェントにお願いする事によって思わぬ働き口と出会える事があることも考えられます。



30代、40代は新卒や第二新卒と比べると不利ですが、強みも当然ありますので、その部分を活かすのは、いかにいい転職エージェントに登録し、利用するかという所だと思います^^


:リクルートエージェント


【無料エントリー】公式ページはコチラ>>

関連ページ

転職活動前に準備する事、事前に決めておく事
30代、40代の厳しい転職活動をするにあたり、基本的な部分となります。基本的ではありますが、意識していないと分かりません。
有利な転職を邪魔するモノとは?
自分の市場価値、年代として求められているものは何なのか?なにが転職の邪魔をするのかなど。
転職時、企業に何を求められているのか?
30代や40代からの転職の場合、会社はどういった所を求めているのか?ここをしっかりと感じ取る事が大事です。
面接の際に聞かれる鉄板の質問とその返し方
面接官に聞かれる質問、そしてその答え方など知っておかないとヤバい事について。回避の仕方なども。
転職で後悔しない求人の情報収集の仕方
30代、40代の転職者には、それに合った情報収集をする必要があります。情報の集め方、適した方法などについて。
転職活動でSNSは意味がある??
30代、40代の転職活動において、SNSを利用するメリットってあると思いますか?そういった部分について。
落ちない為の、30代、40代の求人情報の見方や調べ方などの注意点
何度もやってるのに、落ちる、、そういった方は、年代に合わせた求人情報の見方を知らないのかもしれません。
面接の時に使ってはダメな言葉や表現
30代、40代の人に、企業はどういった事を期待するのか?その部分を考えていくと、NGな言葉などが分かってくると思います。
転職活動中に陥りやすい失敗
30代、40代で就職活動をしていると、上手くいっていない人がしているパターン、そして失敗が見えてきます。
効果的なwebレジュメの書き方やコツ
webレジュメの書き方に戸惑う方も多いですが、ある程度の規則性があります。またパターンをしっかりと覚えることで、臨機応変にいいwebレジュメを書くことが出来ます。
ライバルに差をつけるwebレジュメの書き方
webレジュメの書き方は重要です。サンプル通りにかくと、ライバルと同様になるので、ちょっとした【ひと工夫】を挿れる事がコツです。
『履歴書』と『職務経歴書』の目的、書き方
履歴書は書けて当たり前のプレッシャー、職務経歴書には何を書けばいいのか悩んでしまう、、という悩み。それぞれが転職者にとっては大事なのです。
効果的な企業通信欄の書き方とポイント
企業通信欄の書き方、伝え方で、受付担当官の印象が変わります。効果的な企業通信欄の書き方を知っておきましょう。
履歴書において、30代、40代の転職者が絶対抑えるべきポイント
30代、40代の場合、履歴書の書き方ややってはダメな事が増える事を知っておきましょう。自分でいいと思って書いたことがマイナスになる事もあります。
自分の欠点などの履歴書への書き方、添え状の使い方
30代、40代の転職者には、ハンディなどがあって当然。その際の履歴書の書き方、または添え状などの使い方などについて説明しています。
ベストな履歴書の選び方と書き方の注意点
履歴書の書き方、または選び方にも、30代、40代の転職希望者は注意を払うことが大事です。書き方、落ちる履歴書の書き方などについて。