スポンサードリンク

ハードな職種の介護職を辞めたい人の進むべき道

介護職 辞める 転職

 

介護職は引き手数多の業界ですが、ブラックな職場が横行する業種となります。介護職をやめたい、、という理由は色々ありますが、タイプ別にどういった風にやっていくべきかについて書いていきます。

 

 

介護職(障害者施設や老人介護)は離職率が40%以上と言われる離職率の際立つ業種となります。
資格職と言う理由で登用に困らる事は無い労働力不足の業界なんですが、低賃金、重労働、施設利用者との人間関係が劣悪などブラックな噂が絶える事は無いというのが特徴ではないでしょうか。

 

 

加えて、職務上、腰に負担をかなりかける為に腰痛の危険性が存在します。排泄物の清掃はもちろんおむつ取り換えなども介護職のハードな業務として有名です。

 

 

予測が甘い高卒の若者、それに職に困った中年の方などが現時点でも介護職で転職してきては退職するを何回も続けているというのが介護業界の状況なのです。

 

 

一部分の使命感の強いベテランのみで施設をまわしているというのも、あながち嘘だとは言い切れません。

 

介護職を辞めたいと望んでいる人がベストな方法をチョイスする為には、選択肢は3つしかないと思います。

 

  1. 他業種に職を変える
  2. 他の介護施設に職場を変える
  3. 国家資格や技能をとって転職する

 

各々について書いていきたいと思います。

 

転職エージェント お勧め


 

他業種に転職する

 

介護職を辞めないでいるのなら、排泄物の処理とか腰の痛み、低賃金などから逃げる事は困難だと思います。更に得られるスキルも介護職特有の技能だけであり、年齢を重ねる毎に他業種に対しての仕事の転職は困難になるはずです。

 

 

他業種に対しての転職を希望しているのであれば、何はともあれ考慮するべきは年齢ではないでしょうか。

 

 

10代〜20代であるなら他業種に対しての仕事の転職は単純です。

 

 

現在、若者は人材不足となっておりいずれの会社も若者を欲しがっているのです。

 

 

事実、第二新卒はもちろんフリーターからの正社員転職が比べ物にならない程多くなっており、20代を精力的に手がける転職サービスも生まれてきているのです。

 

 

介護職を辞職する若者の新しい進路として目につくのがフリーターとなります。

 

 

とりわけ高卒の人は『高卒じゃ会社勤めは無理に違いない』とイメージしてしまい、フリーターと言う理由でダラダラすごしてしまう動向がほとんどだと思います。

 

 

ですが、フリーターになるとますます他業種に対しての仕事の転職は難度が増すでしょう。

 

加えて、30代以降になると他業種に対しての転職は競争が激しいでしょう。管理職の経験は勿論の事資格など、予測される程度の技能を独学していなければ他業種への仕事の転職は無理だと思います。

 

よその介護施設に働く場所を変える

 

他業種に対しての転職ではなく、同業種への転職のケースでは介護職は非常に楽ではないでしょうか。

 

 

何処の施設も人材不足という理由で資格持ちの介護職は引く手あまたとなります。

 

 

もしも介護職が嫌と言う理由ではなく、職場での人間関係とか施設の環境に頭を抱えている場合であれば、施設を変えるのは非常に有益と思います。

 

 

仕事の雰囲気は施設の姿勢や働く人の意識で大きく違います。

 

 

ブラックな施設は、仕方ないのですがまともな人は辞めていき、ブラックなスタッフだけが残り会社の雰囲気は最悪だと考えられます。

 

 

もう一方では働きやすいホワイトな施設に於いては、使命感の強い介護職の人が集まり、賃金も思っている以上に高く、休みも安定してもらえるケースがほとんどです。

 

 

何処の施設も介護職である限り条件はシビアで厳しい、と予想するのは考え違いで、施設の中には非常に仕事しやすい施設も存在します。

 

国家資格や技能をとって職場を変える

 

それでも介護職を辞めたい、別業種に行きたい場合には国家資格とか技能を所持しているコトが必須要素になると考えられます。

 

 

具体的に言うと英語、TOEIC700点前後あるとすれば外資系企業の転職先に応募可能ですし、英語スキルがあることと言う理由で競争率が下がり内定を得やすくなると思います。

 

 

事実、販売職から英語スキルを活用して経理に転職経験のある人も存在します。

 

 

社労士とか簿記2級など、資格があったなら、その資格を持っていると言う理由で求人の倍率がグンと下がります。

 

 

しかし、一部の転職先は資格だけではなく実務経験が必要となります。急いで正社員を目標とするなんてことはせず、1〜2年、非正規雇用者という形で実務経験を積み、更に経験者優遇の正規雇用社員に応募するという手も賢い転職方法です。

 

 

とは言え、他業種に職場を変えるにせよ、同業種転職をチャレンジするにせよ、転職はさまざまな準備がキツいですと思います。

 

という事でイチ押しなのが、転職エージェントを活用することなのです

 

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス