スポンサードリンク

長所と短所を聞かれた時の答え方について

こんにちは。転職活動頑張っていますか?

 

 

転職の面接において長所と短所を聞かれる事がよくあります。これは、人物重視の企業でよく聞かれる質問だと言わています。

 

 

これは、職場での適正能力や、業務に対する適応能力などを見る為の質問です。ですので、実際に自分自身の性格ではなく、仕事に合わせてどのような効果があるのか?という部分を発言した方が良いでしょう。

 

 

例えば「長男で次男との年齢が離れていましたので、女性のような感じでしっかり者の一面があります」と言うようなレベルでの回答は避けたほうが無難です。

 

 

特に30代や40代の転職の方であれば、こういった発言はやめておいたおが良いでしょう。自分自身の性格が、仕事にどのような部分で生きるのか?また自分で短所を理解しているのか?そしてその端緒としっかり向き合って仕事を出来るのか?という所が大事です。

 

 

これは性格自身の確認ではない質問で、自分の性格について、どのような説明を面接で行う応募者なのか?という部分から、普段の常識や、職場でのコミュニケーション能力がどのくらいあるのか?を判断する部分も含まれています。

 

 

また性格をくどく言うのもダメです。自己評価で色々と自分の性格を言ったとしても、見た目とのギャップがあれば不信が生まれます。抽象論ではなく、自分自身の表現でしっかりと発言出来るかが重要になります。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

自分の長所や短所を伝えるのは案外難しいものです。

 

周りに配慮が必要な職場、根気のいるような業務、総務などを志望している場合

 

 

性格を放つ場合は、自分自身の言葉で主観的な言い回しではダメです。第三者の言葉や、色々なエピソードを交えて話すことで説得力が生まれるようになります。

 

 

自分の性格の一面を取り上げて、面接官に納得のいくように説明するのは非常に難しいものです。長所については、ただの自慢話になる、自慢話に聞こえることも多く下手な説明をすればするほど失笑を買う可能性もあります。

 

 

表現のテクニックとしてお勧めするところは第三者を使って自分自身の性格を語るという事です。

 

  • 同僚からはよく○○だと言わています。
  • 上司からは、見た目以上に○○な部分があるからそこを伸ばすようにと言われています。
  • 後輩からは、見た目とのギャップがあり、△△な所が話しやすいですと言われます。

 

 

など、第三者を使って自分の性格を語ることで、主観ではなく相手が思っている意見であると分からせます。

 

 

「学生時代はずっと野球をしていました。チームワークの大事さ、友情の大事さを感じています。ですので色々な部分に厚くなり、後輩指導の時にはついつい力が入り、余計なお世話までしてしまうのが短所かもしれません」

 

 

と言うふうに、短所を長所にすりかえるような話し方も有効です。

 

集中力が求められる仕事、正確さが求められる業務、技術職などの面接

 

 

自分の事を話す時、短所も折り入れながら話さなければいけません。

 

 

短所をそのまま短所として伝えるのでは、印象も悪くなります。

 

  • 家庭の事を引きずって仕事に集中が出来ない
  • 一つの事が気になりだすと、それを解決するまでどうしても気分がふさぎがちになる
  • お宅様に怒られた時、家庭にまで引きずってしまう為夫婦げんかが結構ある
  • 一度思い込んだら、周りの意見は気にせずに突っ走ってしまう
  • 涙もろく感情が出やすく場に流されやすい

 

このような、業務の上で支障があるような短所の場合は注意が必要でしょう。

 

 

このようなネガティブな性格というのは、仕事を行う上で非常に障害になる可能性があります。担当面接官に、そういった不満を持たれてはせっかくスキルでは申し分なかったのに不採用になるケースもあります。

 

 

性格というのは表裏一体です。長所というのは短所の裏返しです。

 

 

見方によっては短所も長所として伝える事も可能です。例えば涙もろいという部分も、後輩に対して仕事を超えて色々な部分をアドバイスすると言う様な熱い気持ちの持ち主といえるでしょう。

 

 

その短所を自分がどのように感じているのか?そしてその短所を出さない為に、自分自身でどの様に業務で工夫をしているのか?などをしっかりと考えていれば良いのです。

 

営業職を志望している場合の長所と短所の伝え方

 

 

営業職の場合は、お客様との接客業がメインの仕事になります。ですので「逃げない性格」などの部分を伝えると言いでしょう。

 

 

例えば短所として「何事も抱え込んでしまう」というのがあるとします。それをそのまま伝えるのではダメです。その様な短所を理解して、次の職場でどのように活かすべきか?を考えているのかどうかを担当面接官に伝えてあげることが大事なのです。

 

 

自分の性格をプラス評価されているだろうと考えるのも危険です。ほとんどの応募者が「ポジティブ」「前向きである」「積極的である」などを使います。

 

 

このような言葉は、ポジティブなイメージを与えるにはうってつけですが、採用面接官からすれば「またか…」と思うはずです。

 

 

ですので「仕事から逃げない」など、仕事を絡めながら、なおかつひとひねりきかせた表現方法をするように意識する事が大事です。

 

 

第3者にわかりにくい抽象的表現になります。逃げないというのは具体的に仕事で言えばどのようなことなのか?が分かる必要があります。

 

 

自分の短所や、自分自身の長所をした上で、新しい転職先でどのように活かすのか?という部分を考えている事をアピールしてください。

 

 

具体的な実例を挙げて説明する事で、その応募者が在職中にどのような仕事をしていたのか?どのような部分でプラスがあるのか?がイメージが出来るようにしてください。

 

転職面接では短所を短所のまま伝えない

 

誰でも自分の性格の短所はあるはずです。

 

 

担当面接官も、あなたが完璧な人間であると思っていません。短所も当然あると思っているので、その短所を理解しているのか?その短所と向かい合って業務に影響がないように考えているのか?を理解している部分が大事なんです。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

転職面接で専任の面接担当者がいる会社は少ない!
中途採用募集の面接での注意点。面接の望み方等についてです。
転職する際の面接での自分のアプローチの仕方、アピールの仕方
面接においては、アプローチが大事です。どういった感じでアプローチしていけばいいのか?しっかりと考えて戦略を立てること大事です。
面接に遅刻!!そんな場合でも内定はもらえる?遅刻した時の対処法
就職面談で遅刻した場合、絶対に駄目なのでしょうか?実は遅刻した際などのトラブルでも対処法が存在します。
30代、40代の転職面接テクニック|押さえるポイントについて
転職の際の面接で押さえるポイントを覚えておきましょう。しっかりと相手が聞きたいことを先回りしておくことが大事です。
30代、40代の転職では事前の徹底した面接対策が必須
採用試験というのは9割が面接で決まると言われています。事前のチェックが大事です。
30代、40代の転職の面接で職歴を聞く採用側の意図とは?
職歴の事実を知りたい採用側の本当の理由は?30代、40代の方を雇う本心を考えると答えが見える。
転職の面接で、過去の実績や成果を聞かれた時、社内表彰が無くてもアピールする
転職面接において、過去の職歴で誇れる実績や成果を聞かれる事があると思います。誇れる実績がない場合でも大丈夫??
管理職経験がない場合の面接での応対の仕方|30代、40代の転職
30代、40代であれば、マネジメント能力を問われる事は普通です。もしマネジメント経験がない場合、面接でどういった感じで答える事がいいでしょうか?
転職面接「なぜ弊社を志望されるのでしょうか?」と聞かれた場合
入社への思いを伝えることが大事です。その会社に入りたいという明確な理由をしっかりと伝える。
前職を退職した理由|ベストな返し方について
前職を退職した理由を明確に答える事が出来るのか?この部分が大事です。悪口や批評は絶対にNGです。
30代、40代において、前職を短期間で辞めた場合の理由を面接で聞かれた時のベストな回答
退職理由を聞かれる際、短期間で辞めている時は更に突っ込まれて聞かれるケースが多いです。この時、どういった答えを相手が求めているのでしょうか?
30代、40代の方が自己PRをする時、どういった事をアピールするべき?
応募の業務に対しての自分の貢献度があるのかどうか?について考えることが大事です。自己PRは大事ですが、ピントがズレると意味が全くありません。
転職面接で給料の希望はあるか?と聞かれた時の答え方
30代、40代の転職で、給料の希望を聞かれた時、どういった回答をすればいいのでしょうか?
他社の応募状況を転職面接で聞かれた時のベストな答え方
もし、転職面接の際、他社の応募状況を聞かれた場合、どういった答えをするのがいいのでしょうか?
転居をを伴った転勤は可能なのか?と転職面接で質問された時の回答
もし、転職先で、転勤が多い場合、どういった回答をすればいいのでしょうか?
会社の状態予想をされた場合、面接でどういった答えがベスト
面接の際、会社の予想を聞かれた場合、どういった答えをするのがベストなのでしょうか?
転職面接での質問、「あなたは弊社で何がしたいのですか?」の回答
転職面接の際に、質問される件で多いのが、弊社で何がしたいのか?という所です。具体的に30代、40代の転職希望者のベストの回答とは?
30代、40代の方の転職面接の質問「ストレスとの向き合い方は?」
ストレスとの向き合い方について聞かれた時、どういった事を答えるのがベストでしょうか?
過去の仕事でトラブルやミスがあった場合、経験をどういう風に伝えるか?
仕事のミスがあったとき、どういった対処をしたのか?どういった方法で回避したのか?を面接で述べる方法について。
転職面接で「仕事上の人間関係のトラブルは?」と聞かれた時の回答
面接で仕事で人間関係に困った事があるか?と聞かれた場合の回答について。
面接で転職の為に努力している事を伝える方法は?
面接で転職の為にどういった努力をしているのか?を伝える事は大事です。
転職面接で「長所と短所を教えて下さい」と聞かれた時の答え方
転職面接でよく聞かれる質問です。どういった回答がベストでしょうか?
転職面接で「いつから働けますか?」と聞かれた時の返答
入社のタイミングは非常に重要です。入社タイミングがずれて働けないケースもあるので注意して下さい。
転職面接でプライベートな質問を聞かれた時の答え方
転職面接等で、プライベートな質問を聞かれる事もありますが、どういった返事がベストなのか?
面接で転職先の業界予想を聞かれた時の回答はどうすればいい?
業界がこれからどうなっていくのか?という事を面接で聞かれた時、どういった回答をすればいいでしょうか?
転職面接で、病気や持病の事を聞かれた場合の答え方
転職面接で、現在の病気等について質問されるケースもあります。どういった回答をするのがいいでしょうか?
転職面接対策|質問で両親の介護に聞かれた時の回答について
転職面接で両親の介護について質問をされた場合の回答例について。
転職回数が多い理由を面接で聞かれた時のベストな回答は?
転職回数が極端に多い場合、マイナスイメージがつくかもしれません。
転職面接での質疑応答の順序|質疑応答の流れについて
質疑応答は有利に使うことも、印象を悪くする事も全ては自分次第です。しっかりと意識して有利に聞きたいことを聞いて下さい。
面接でじっくり話せる時間はない|いかに時間内でメリットを訴求する事ができる?
転職面接で、いかに自分の魅力を伝えることが出来るのか?という部分について書いていきます。
転職面接官は、応募者の応答のココを見ている!|面接の際の受け答え
面接担当者はどういった部分をみているのか?質疑応答に対する返答のどの部分を見ているのか?
転職面接の質疑応答で好印象を与える方法について
転職の面接で、質問の際に好印象を与える方法について。どういった所を意識する事で回避できるのでしょうか?
面接時の服装について|見た目は重要です
30代、40代の方は基本的に外見に無頓着です。注意が必要です。
転職面接、電話の面接のアポから選考が始まっている
電話で面接のアポを取る所から、面接は始まっていると思って下さい。ファーストコンタクトが大事です。
筆記テストや実技試験がある会社|面接時の採用テストについて
面接の際、採用テストを行っているところも多いです。筆記テストや実技のテスト等、様々なテストで人をみます。
転職先企業の情報収集が大事|会社情報の収集は不可欠
転職先の企業情報を調べる方法はどういった手段があるでしょうか?
転職面接の本当の話|固定概念は危険
転職面接というのは、基本的に色々とウワサと現実が違っていることが多いです。
転職面接は何故落ちるのか?|単なる自己アピールと思わない
転職面接はなんで落ちるのか?どういった理由で落ちるのかという部分をしっかりと考えてみましょう。
転職面接が終わったら「お礼のハガキ」は必ず出す事
転職面接が終わったら、それで終りではなく、しっかりと感謝の意を伝える事が大事です。
転職面接対策|ブランク期間が長い場合の説明や回答の仕方
ブランク期間が長い場合、どういった説明や回答をすればいいでしょうか?転職と転職のブランクが長い方はしっかりと意識するポイントです。
面接で残業や出張があると言われた場合の回答
残業や出張がありますという事を言われた場合、どういった返し方をすればいいでしょうか?
転職面接で前職の給与、そして希望の給与を聞かれた時の回答方法
前職でもらっていた給料の金額を聞かれる意味は?また、給料の希望額はドコまで本当に伝えればいいのでしょうか?
面接で「当社の事をどれ位知っていますか?」と聞かれた場合の答え方
当社の事をどれ位知っているのか?と面接で聞かれた場合、どういった答え方が出来るのか?について。