スポンサードリンク

以前の仕事の内容を聞かれた場合の答え方

こんにちは。転職活動頑張っていますか?

 

 

転職面接の際によく聞かれる質問(必ず聞かれる)としては「前職の仕事の内容について詳しく教えてください」があります。

 

 

これは、転職の志望に関連した経験をクローズアップする為の質問です。

 

 

幾ら職業履歴(職歴)を詳しく書いたとしても、担当面接官によりますが必ず聞かれる質問だと思ってください。

 

 

前の会社で携わっていた仕事の内容、業務の種類、その仕事に対する経験値や実力のレベル、このような部分をトータルにして新しい仕事への適正能力はあるのかどうか?という部分を知りたいのです。

 

 

そして、30代40代の方であれば、その部分に関連して、組織の構成や、所属部署の自分の立ち位置等、そしてマネジメント能力などの仕事の進め方を聞かれる事はあります。

 

 

また、自分の実力を話すという所で長めにくどく話してしまう可能性もありますが、手短にシンプルに話すことがコツになります。

 

 

営業の仕事をしていた場合、販売していた商品のほかに、その商品を売る為の活動の方法、独自のノウハウ、そしてその商品の顧客対象、受け取った顧客の数、それに覆面自分自身の実績なども具体的に話すような形になるでしょう。

 

 

これを話す時に、ただ数値を述べるだけでは回りくどくなります。自分の訴求ポイントをしっかりと考えて事前に用意しておくのがコツです。

 

 

業界の間で使っているような業界専門用語、業界単語なども極力避け、だいたい長くても1分以内に収める感じでいいかと思います。

 

 

また一般的に直近(前職、もしくはもう一つ前の仕事)の仕事内容について話すのが基本です。

 

 

しかし応募先の業務に関連した実務経験が今までにあれば、そちらをクローズアップする方が良いでしょう。未経験の場合も同じです。

 

 

30代や40代の方は即戦力が求められます。大事な所は、新し転職先で本当に利益をもたらすことが出来るのか?前職のスキルを、どこでどのようにして志望先で役立つスキルに変えることが出来るのか?になります。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

面接で前職の仕事内容について答えるときのケース

 

それでは、色々なケースに於いてどのような部分を訴求していくのか?を書いてみたいと思います。

 

前職と関係ない未経験の職種に挑戦する場合

 

 

30代や40代の方であれば、このようなケースは稀だと思いますが、第2新卒者の方についてはこのような場面もあるでしょう。

 

 

コツは、前職の自分が学んだスキルの守備範囲の中から、役立つスキル、新しい職場で使えそうなスキルをアピールする事です。

 

 

同じ職種に応募するのであれば、共通する大事なスキルをしっかりと伝えます。例えば、販売や営業であれば、アプローチの工夫や実績の数値などを加味しながら、しっかりと訴求します。

 

 

異職種の場合は、入社後にすぐ役立つスキル(パソコンスキルやネットリテラシー)、事務系の担当業務などなどアピールします。

 

 

もちろん、このような説明の為には、しっかりと応募先の仕事内容や、業界の流れを知ることが基本です。

 

 

そしてその会社で、どのようなスキルが求められているのか?どのような人材が求められているのか?という所を感じ取ってください。

 

 

そしてその様な部分を加味して、アピールポイントを漏らさないように、前職の仕事内容の使えるところも考えながら説明をしていきます。

 

 

今までの仕事内容の自分自身のスキルの棚卸し、そして転職先がどのような人材を求められているのかの洗い出しが大事になります。

 

キャリアを活かしたステップアップの転職

 

 

30代や40代の方に多いのがこのケースだと思います。前職での経験を活かし、優遇部分を前の会社よりも良くしたい…或いはステップアップをしたり…という気持ちでの転職です。

 

 

ですのでしっかりとアピールポイントもあると思います。大事な所は職業履歴(職歴)の棒読みだけではなく、自分自身の訴求ポイントのトークをプラスする事です。

 

 

決して「色々な所があって、短く自分の事を言うのは難しいのですが…」というように回りくどく言ってはダメです。

 

 

また表現の仕方にも注意が必要です。「一通りの事は経験があります」と言うような言い方です。何でも出来るという部分を伝えたいのでしょうが、相手からすれば何でも屋的な受け取り方をされます。

 

 

これは具体的な事を聞きたい面接官との意思のズレであり、全く回答になっていない状態であり、印象も良くありません。

 

 

どのような職種であったとしても、10年近く仕事をしているのであれば、自分自身の訴求ポイントはおのずと広くなっていく為、相手に伝える事が難しくなるのが一般的です。

 

 

ぶっつけ本番では絶対に自分の訴求ポイントをアピールする事は出来ません。ですので、しっかり事前トレーニングをして、自分自身の訴求するポイントを考えておきましょう。

 

 

一連の仕事内容にプラスして、このような経験を結果としてどの様に新しい会社に活かしていけるのか?どういった方向で進んでいく事を考えているの?が相手に伝わるようにしてください。

 

アルバイトからそのまま同じ業界に就職したい場合

 

 

フリーターやアルバイト、或いは派遣会社で働いていた場合、将来の不安を感じてそのまま社員になりたいと思っている方も多いでしょう。

 

 

その様な場合「分かる、知っている」という所ではなく「できる、経験済み」という所が一番の訴求ポイントです。

 

 

専門職の就職の場合、雇用形態を問わずに、現場実務をしているかどうか?実際にトレーニングを積んでいるのかどうか?だ評価の対象になります。

 

 

例えば料理人であれば、包丁1本で色々なホテルを渡り歩く職人さんもいます。

 

 

厳密にいえばその様な職人さんは正社員ではありません。しかし経験値はいたるところで詰んでいる為、各ホテルが引く手あまたなんです。

 

 

ですので、ずっとフリーターで働いていたとしても、実務経験がしっかりとあれば、転職先でも評価されることは確実になります。

 

 

幾ら専門の資格を持っていても、現場にも出ていないような人材であれば、フリーターやアルバイトで働いていた実務経験のある人材の方を取ると思います。

 

 

業種によって、職場の特色や、どんな上司の下で修行したのか?を伝えると良いでしょう。

 

 

また、「役に立つかどうかわかりませんが、一応一通り習いました」と言う様な謙遜した言い方はマイナス評価になる為注意です。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め