スポンサードリンク

退職理由について問われた時の返事

こんにちは。転職活動頑張っていますか?転職面接をする際に、必ず聞かれる事「退職をなぜ決心したのですか?」「転職をしようと思った理由は何でしょうか?」があります。

 

 

本音と建前という部分があるのはわかります。30代や40代の方であれば、色々と退職の思い.転職にかける意気込みはあると思います。

 

 

このような事をすべて伝えるのではなく、ある程度本音の部分、建前の部分、そして何よりも採用面接官がどのような意図でこの質問をしているのか?を感じることが大事です。

 

 

この「どうしてこの質問をしているのか?」という部分は、転職面接、転職活動において絶対に外せない所です。この微妙な空気感を感じることが出来るかどうか?で、採用されるかどうかがかかっています。

 

 

なぜこういった事を聞くのか?それは採用したらしっかりと勤続出来るかどうか?が知りたいからです。

 

 

そして、退職や転職をする決断という心で、仕事に対する取り組み、また応募者が現場に期待している事をあぶり出し、自分の会社とマッチングするかどうか?を知りたいわけです。

 

 

転職したしっかりとした理由、また志望動機に繋がる前向きな理由、そして、前の職場で不可能だった、仕事上の目標をしっかりと持っているのか?という所が基本になります。

 

 

そして注意しておくべきことは、この質問に対する回答というのは+の評価ではなく、減点評価となる事です。

 

 

退職した会社に対するマイナス思考の発言、また前の会社の経営方針や、上司や同僚に対する不満や愚痴、そして人間関係のトラブルなどに触れることは大変危険です。

 

 

理由は、どんな会社においてもこういった人間関係のトラブルというのは抱えています。ですので、応募先があなたの考える許容範囲内であるかどうか?というのは分からないのです。

 

 

担当面接官、転職先の会社からしたら「人間関係のトラブルで退職した場合、新しい職場では人間関係のトラブルで辞めない理由をしっかりと説明してください」という気持ちです。

 

 

ですので、このような部分はできるだけ表に出さない方が良いでしょう。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

ポイント1
ステップアップで転職を考えた

 

30代や40代の方であれば、自分のスキルをステップアップ、スキルアップしたいという気持ちで転職を考えてる方は普通にいます。

 

 

ですのでスキルのグレードアップや、仕事のスキルアップを図りたいと思って転職をする、以前の会社を辞めたというのは正当な理由となります。

 

 

しかし、転職面接では、前の会社でステップアップが不可能な理由、そこを明確に述べる必要があるでしょう。納得出来ないような理由であれば、「それであれば前の会社を辞める必要はないのではありませんか?」と言われるでしょう。

 

 

マニュアルに書いてあるよな「キャリアアップを目指し.更なる活躍の場を求める為」と言うような言い方では響きません。

 

 

前向きな発言に聞こえるでしょうが、30代や40代の方であればもう少し具体性が欲しいでしょう。

 

 

前の職場では評価をされずに、キャリアアップが出来なかった残念な人と思われる可能性もあります。

 

 

また、やりがいのある仕事が欲しかったと言う様な言い回しもよくあります。前職の職場が「やりがいがない」と言っているようなもので、どんな職場でも同じように辛い部分はある為、すぐに職場を変わる方と思われる可能性もあります。

 

 

前の職場では、精一杯の努力をしたものの、希望や目標を達成するのが難しかった状況があれば、しっかりと説明してください。

 

ポイントに
前職の経営不振の中で転職を決心した

 

前の職場が経営不振で、仕方なく転職をしてしまう方も多いです。

 

 

しかし大事な所は、前の職場の業績不振を他人事にとらえるのではなく、その業績不振をどのように自分の糧にするのか?をしっかり伝える事です。

 

 

このように、会社の経営不振や人員の整理、また倒産といったやむを得ない事情で転職をする場合、ありがちなのがお涙頂戴の発言をする事です。そして同情を求めるような口調で、あたかも他人事のように振舞います。

 

 

会社の業績不振を、他人事のように話したり、自分を被害者のように話す人というのは、会社に対する意識や、仲間と一緒に成長する姿勢が期待出来ないと思われてしまいます。

 

 

幾ら自分に責任がなくても、自分自身の努力が足りなかったところ、反省すべきところをしっかりと伝える事です。

 

 

困難な状況をどの様にして受け止め、また新しい仕事に対してどの様に取り組むのか?という部分を伝える事が大事です。

 

ポイント3
正社員としての長期勤務、安定した待遇条件を希望している場合

 

派遣社員で働いていたり、長年正社員になれなかった方が、新しい転職先では長期勤務や、安定した福利厚生を願って転職活動をしているケースがあります。

 

 

しかし、待遇的な問題点を色々言うのではなく、応募先で実現出来る内容を中心に話すようにします。

 

 

契約社員や、派遣スタッフというのはメリットのある働き方である為、自分自身が雇用形態の問題点を転職事由に話しても説得力がない事を覚えておいてください。

 

社会保険が全くなかった
正社員への登用制度がなかった

 

例えば、新しい転職希望先でこのような条件があるのなら問題ありません。しかし応募先で実現出来る内容でないならば、待遇面の事ばかりクローズアップしてもダメです。

 

 

自分の都合を優先する人
権利ばかり主張する人
不満が多い人

 

と言うふうに思われてしまいます。

 

 

例えば正社員になった後どのような目標になるのか?正社員になって、どのような事をしたいのか?という所をしっかりと伝えます。

 

 

「正社員になりたい」という部分だけを伝えても絶対に上手くいきません。

 

本音と建前のしっかりと意識しておくこと

 

退職理由は色々あるでしょう。言いたくない事もあるかもしれません。

 

 

うそをつくのは良くありませんが、伝える必要がない場合はあえて言わないのも転職面接でのコツです。

 

 

転職エージェントなどを利用する事で、エージェントが自分自身を有利にする為には、どのような事を採用人事に伝えればよいのか?を教えてくれます。

 

 

人事に関係ない事は極力言わない事。これが大事です。

関連ページ

エントリーシート(ES)の書き方や、考え方のコツなど
面接でよくあるエントリーシート(ES)での質問ですが、意識する所はどういった所でしょうか。
エントリーシートの書き方、矛盾をなくして自己PRをしっかりとする方法
エントリーシートと面接での答えが違う人が多いですが、それは致命的です。しっかりと自分のやりたい事をアピールすること。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートに自分の過去に夢中になったこと、打ち込んだことが思いつかない
部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
自分を大きく見せる為のエントリーシートの書き方|嘘でも大袈裟でもなく、上手く書く方法
エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
エントリーシートのアピールポイント|趣味や特技で好印象ゲット
エントリーシートの書き方によって、随分と印象が変わります。内定率がアップするエントリーシートの書き方はあるのでしょうか?
就職活動での自己表現、自己PRの書き方|内定を取りやすくする為には?
就活マニュアル通りにやるのではなく、独自の観点で就活を行う方が絶対にライバルに差を付けることが出来ます。
読みやすい資料やビジネスメールの為の文章力をつけるのはビジネスマンとして必要スキル|転職にも絶対有利なので覚えておくと便利
読みやすい資料やビジネスメールなどはしっかりとつくれるようにしておくと、転職や今の職場で有利に働く事が出来ます
雇う側の気持ちを汲み取った自己PR、書類作成について
どの様な人材を求めているのかを明確に知ることが、転職を上手く行っていくには必要です。
30代、40代だからこそしっかりと履歴書を作成する|履歴書の常識
履歴書自体を書くのが久しぶりという方も多いと思います。しかし、履歴書は面接にいくまで非常に大事な部分なのです。
履歴書の本人希望欄で権利ばかりを主張しない事
本人希望欄で権利ばかりを主張しない事が大事です。
企業指定のエントリーシートやキャリアシートの書き方について
自分だけの事例を書き込むことで、個性を打ち出すことが出来ますので、有効に使っていきましょう。
30代、40代の有効的な自己PR欄の書き方について
有効的な自己PRの書き方があるのをご存知でしょうか?30代、40代の方だからこそ出来る書き方があります。
30代、40代の自己表現。効果的な志望動機書の書き方
ビジネスプランやコミットメントをしっかりと書く事で、さらに訴求することが出来ます。志望動機書も有効な自己表現方法となります。
ビジネスマナーとして、添え状(カバーレター)の基本、やってはダメな事
ただでさえ読んでもらえない30代、40代の書類。添え状をしっかりと書く事は基本。応募書類を読んでもらう為の先導役が添え状となります。
応募書類の送り方について|30代、40代の転職で注意すべき所
以外に分かっていない書類の送り方。応募書類の送り方一つで常識を問われる。
30代、40代の転職|仕事のやり方についての質問をされた時の回答
面接で仕事のやり方について質問された時の回答の仕方について。どういった答え方がベスト?
面接で応募理由を聞かれた時の答え方|当社に応募した理由を聞かれた
当社になぜ募集したのですか?と聞かれた場合、どういった感じで答えるのがベストでしょうか?
面接、仕事を選んだ理由を聞かれた場合の回答でベストなものは?
この仕事について、、選んだ理由はどうしてですか?と言われた場合、どういったふうに答えればいいでしょうか?