スポンサードリンク

面接での答え方、当社に応募した理由を聞かれた時

こんにちは。転職活動頑張っていますか?面接のときによく聞かれる代表的なものとして「なぜ当社に応募したのですか?」と言う質問があります。

 

 

基本的に面接において相手が理想とする返事を答える方法は「相手が何を聞きたいのか?」と言うような、質問に対する本質の部分を考えることが大事です。

 

 

 

単純に「営業でずっと働いていたので、経験者の募集だったので応募しました」と言うような答え方はご法度です。

 

 

どうしてこの会社を選んだのか?この会社でなければいけない理由は何なのか?という所をしっかりと伝える事が大事です。

 

 

つまり「あなただけ」という風に思わせることが大事になります。

 

 

この応答に置いて一番チェックをする部分はどこか?それは入社の意欲です。

 

 

本当にしっかりと働いていきたいと思っている応募者であれば、会社の選び方も慎重なのは間違いありません。転職出来ればとこでもいい…入社出来ればどこでもいい…というような姿勢が感じられた時点で採用されることはないことを覚えておいてください。

 

 

相手が求める答えを言う為には、事前に転職先の企業情報を集め、自分の会社選びを分析的に話すことが出来るのかどうか?が大事な所になります。

 

 

もしも差別化した発言が出来るようであれば、ライバルと差をつけることが可能です。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

色々な答え方について

 

では、当社に応募した理由はなんですか?と聞かれた場合、どのような答えが望ましいのでしょうか?

 

 

色々なケースや、状況という部分で変わりはあると思います。

 

ポイント1
転職先企業で扱っている商品やサービスに興味を持っている場合

 

自分の好きな商品、自分の好きなサービスを行っているところに転職をしたいと思っている場合、しっかりとその熱意を伝えることが大事です。

 

 

色々なライバル商品もある中で、その商品が何で好きなのか?色々なサービスがある中で、なぜそのサービスが自分が魅力的だと思うのか?と言う様なところをしっかりと言葉にして伝えていきます。

 

 

「御社の商品に興味があります」などの転職マニュアルにあるような一般的な答えでは熱意が伝わりません。

 

 

興味や関心の対象が、その会社の授業の内容、経営方針、或いは成長性などであったとしても、基本的には同じ考えとなります。

 

 

マニュアルを読んで適当に言っているな…と面接担当官に思われた場合、「どのような所が?どういった部分で?」という事さえも聞かれず、うんざりして流されてしまいます。

 

 

また「(前職での)経験を活かす事が出来る」と言うようなあやふやな言い方もやれないほうがいいです。どのような経験を、どのような方法で、どういった場面で活かせるのか?という風に具体的にアピールする必要があります。

 

 

簡単なコメントを付け加えるだけでも、説得力のあるセールストークになるので、極力あやふやな表現方法を避けたり、マニュアル通りと思われないような話し方をしてください。

 

ポイントに
職場の雰囲気が自分にに合うように思った

 

商品や、サービスなど以外でも、職場の環境で惚れ込んで仕事をしたいと言う方は多いです。また面接担当官もその様な事を言われると嬉しいと思います。

 

 

ここにおいても実際に自分で職場の雰囲気を確認して、自分の意見として発言していると分かるように言うことが大事になります。

 

 

マニュアル通りに言っているだけだと伝わりません。

 

 

面接担当官は何十人、何百人という人を見ている為、心のこもっていない発言などは見透かされてしまいます。

 

 

基本的には、会社の雰囲気というのは入社をしてからでないとわかりません。ですのでこの部分を訴求するというのは稀にリスクは伴いますが、当たれば非常に大きいです。

 

 

働きやすい環境を提供しているのは事実であるが、転職活動を行っている方には入社をしてみないと実際に感じることは出来と思う…というのが本音。

 

 

ですのでマニュアルのように「御社の働きやすい雰囲気を」という風に伝えても無理という事です。つまり嘘臭いわけです。

 

 

求人情報などに書かれている「明るくてワイワイガヤガヤの楽しい雰囲気です」というフレーズをうのみにして、そのままの事を言うのも印象は悪いでしょう。

 

 

特に30代や40代の方であれば、言葉や人格に重みがないと思われてしまいます。

 

 

職場の雰囲気の事に触れる場合は、自分がそれをしっかりと確認したのが大前提になります。そしてその行動を行ったと言う事をしっかりとアピールして、仕事に関連付けた発言をするようにしてください。

 

ポイント3
求人広告に書かれていた給与額に惹かれる

 

給与の高さを訴求している求人広告も普通にあります。

 

 

その給与の高さに魅力を感じて転職希望を出しているのも普通です。しかし幾ら給与の高さが応募の理由であったとしても、また会社の方もそれを理解したとしても、お金の話に終始しないことが大事です。

 

 

他の応募者も同じ求人広告を見ていると言う点を忘れないでください。

 

 

例えば営業のモットーについて求人広告に書いたとします。営業モットーに心を奪われましたと言うような事を面接で言ったとしても、何十人もそのことについて触れた場合、担当面接官はうんざりするでしょう。

 

 

このような事を回避する場合、自分自身の言葉で+αを足すことが大事です。ライバルと違った印象を与えることが大事になります。

 

 

一般的に給料について触れることはタブーとされています。しかし本音の部分を述べるという事で、インパクトはあります。言い方の工夫をするだけで、素直な人間であると判断される可能性も高いです。

 

色々なケースによって対応する事が変わってくる

 

このように、色々な対応があります。色々な質問の仕方もあると思います。

 

 

大事な事は、マニュアル通りに言うのではなく自分自身の言葉や、前職での経験をプラスアルファとして伝える事です。

 

 

何十人も同じような書類を見せて、同じ広告求人を見ています。

 

 

マニュアル通りに答えたとしても、転職面接で失礼のない答え方というくらいで、担当面接官は「またこれかよ…」と思います。

 

 

転職エージェントなどを賢く使うことで、質問に対してどういった答えがベストなのか?相手の心をくすぐる答え方はどのようなものなのか?が分かると思います。

関連ページ

エントリーシート(ES)の書き方や、考え方のコツなど
面接でよくあるエントリーシート(ES)での質問ですが、意識する所はどういった所でしょうか。
エントリーシートの書き方、矛盾をなくして自己PRをしっかりとする方法
エントリーシートと面接での答えが違う人が多いですが、それは致命的です。しっかりと自分のやりたい事をアピールすること。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートに自分の過去に夢中になったこと、打ち込んだことが思いつかない
部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
自分を大きく見せる為のエントリーシートの書き方|嘘でも大袈裟でもなく、上手く書く方法
エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
エントリーシートのアピールポイント|趣味や特技で好印象ゲット
エントリーシートの書き方によって、随分と印象が変わります。内定率がアップするエントリーシートの書き方はあるのでしょうか?
就職活動での自己表現、自己PRの書き方|内定を取りやすくする為には?
就活マニュアル通りにやるのではなく、独自の観点で就活を行う方が絶対にライバルに差を付けることが出来ます。
読みやすい資料やビジネスメールの為の文章力をつけるのはビジネスマンとして必要スキル|転職にも絶対有利なので覚えておくと便利
読みやすい資料やビジネスメールなどはしっかりとつくれるようにしておくと、転職や今の職場で有利に働く事が出来ます
雇う側の気持ちを汲み取った自己PR、書類作成について
どの様な人材を求めているのかを明確に知ることが、転職を上手く行っていくには必要です。
30代、40代だからこそしっかりと履歴書を作成する|履歴書の常識
履歴書自体を書くのが久しぶりという方も多いと思います。しかし、履歴書は面接にいくまで非常に大事な部分なのです。
履歴書の本人希望欄で権利ばかりを主張しない事
本人希望欄で権利ばかりを主張しない事が大事です。
企業指定のエントリーシートやキャリアシートの書き方について
自分だけの事例を書き込むことで、個性を打ち出すことが出来ますので、有効に使っていきましょう。
30代、40代の有効的な自己PR欄の書き方について
有効的な自己PRの書き方があるのをご存知でしょうか?30代、40代の方だからこそ出来る書き方があります。
30代、40代の自己表現。効果的な志望動機書の書き方
ビジネスプランやコミットメントをしっかりと書く事で、さらに訴求することが出来ます。志望動機書も有効な自己表現方法となります。
ビジネスマナーとして、添え状(カバーレター)の基本、やってはダメな事
ただでさえ読んでもらえない30代、40代の書類。添え状をしっかりと書く事は基本。応募書類を読んでもらう為の先導役が添え状となります。
応募書類の送り方について|30代、40代の転職で注意すべき所
以外に分かっていない書類の送り方。応募書類の送り方一つで常識を問われる。
30代、40代の転職|仕事のやり方についての質問をされた時の回答
面接で仕事のやり方について質問された時の回答の仕方について。どういった答え方がベスト?
面接、仕事を選んだ理由を聞かれた場合の回答でベストなものは?
この仕事について、、選んだ理由はどうしてですか?と言われた場合、どういったふうに答えればいいでしょうか?
退職を決心した理由を面接で聞かれた時、どう答える?
退職を決心した理由を聞かれた場合、どう答える?