スポンサードリンク

面接で「時間をかけて分かってもらう」と思わない事

こんにちは。転職活動,っていますか?

 

 

書類選考が終わった後、面接があるのですが、面接というのは激戦区です。転職面接のスタイルは色々あります。

 

 

個人面接の会社もあれば、グループ面接の会社もあります。

 

 

さらに言えば、面接担当者の役職や人数、面接の回数なども求人企業ごとによって異なります。

 

 

それぞれに特徴があり、それぞれの面接に対する対応の仕方も変わってくるので注意が必要です。

 

 

 

あらかじめ書類選考が終わっている人材が集まるのが面接となります。ですので、面接に集まるのは強力なライバルばかりとなります。

 

 

それぞれのレベルが均衡している状態となっています。この中から企業に合った人材が選ばれる為の面接になる為、しっかりと気持ちを落ち着かせて取り組む必要があります。

 

 

実力はお互い申し分ないわけですので、あとは面接によって、その人の人間力やその他の総合力を判断するような形になります。

 

 

つまり、レベルが近いゆえに、評価判定が限定方式になる傾向があります。人物のイメージや、就業への適用力などを見る質問には注意が必要です。

 

 

あまり考えずに適当に答えていると、せっかく実力では申し分がないのに落とされる可能性があります。

 

ケアレスミスや、意識していないことで落とされる場合もありますので注意が必要です。普段で十分なマナーを行っていると思いますが、採用人事によっては「意地悪な質問をされた時、ムキにならずにどのような対応をする事が出来るのか?」という風な事を知りたい為に、開いて意地悪な質問をするケースがあります。

 

 

このような質問があっても、心の動揺がないように十分な配慮を行ってください。

 

書類選考がなく、直接面接のケースについて

 

書類選考が終わった後、面接があるケースがほとんどだと思います。

 

 

しかし、企業によっては、書類選考が全くなく、いきなり面接から始まるものもあります。

 

 

応募の倍数が高かった最近は、事前に書類で絞り込みを行う企業がほとんどでした。しかし最近では、職種や業界によっては、応募書類持参形式の面接が主流になっています。

 

 

この応募書類持参形式の面接の場合、書類選考がないという事ではない事を覚えておきましょう。

 

 

単純に通常の流れと違って、面接と書類選考を一緒に行うと言うだけです。

 

 

書類選考に落ち続けて、面接にこぎ着けない為に、応募書類持参の転職先を選んで受けたと言うような方がいます。30代40代の転職希望者の方であれば、このような経験もあるのではないでしょうか?

 

 

しかしこれは勘違いです。書類選考で落ち続けているのであれば、履歴書や職務履歴に問題がある可能性が高いです。

 

 

この部分を解決しておかなければ面接後の書類による絞り込み先行で普通に落ちることになります。

 

 

また、「直接話せばいい為、履歴書は適当で、今までと違って簡単でよい」と思っている方も要注意です。

 

 

書類を持参して行う面接には、色々なレベルの転職希望者が集まるのが普通です。

 

 

ですので、応募書類をもとにして進められる質疑応答の「持ち時間」というのは短いのです。

 

 

形式的な期日書類の場合、選考に必要な情報が少ないです。ですので基本事項を確認されただけで時間が終わってしまうというケースも少なくありません。

 

 

ポイントを抑えることが出来ず、だらだらと書いている書類も同様です。少しでも自分を売り込む時間を作る為には、履歴書や職業履歴(職歴)の内容や表現にも十分注意して配慮した応募書類の作成を意識してください。

 

 

転職エージェントなどを利用すれば、最適な書類の書き方について教えてくれます。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

様々な面接スタイルの心構えと注意点について

 

転職先の企業や、職種によって色々な面接スタイルがあります。様々な面接のスタイルがあるので、各企業に合わせた対応が必要になります。

 

2次面接、3次面接があるときの一次面接

 

 

数度の面接がある会社が多くなっています。一次面接はその際人事部スタッフなど、採用窓口の担当者が行うことが多くなっています。

 

 

現場の責任者や、役員などの面接の前に、まず転職希望者の人材が、応募条件をクリアして、相対評価の上で問題があるかどうか?という所をチェックします。

 

 

つまり複数回の面接があるときの一次面接の立ち位置としては「採用したい応募者を選ぶ」と言うよりも、「不適切な応募者をはじく」のが目的となります。

 

 

ビジネスマナーや基本動作には特に気を配る必要があります。

 

 

つまり、複数回の面接がある際の一次面接は、実力と言うよりもビジネスマナーや協調性、職場の適正能力を調べる為の面接です。

 

 

このような目的がある為、強烈な個性をアピールする事は冒険になる事を注意しておいてください。

 

複数の担当者と相対する面接について

 

 

基本的には、人事グスタフや、その他の役員、或いはその職場の責任者などが面接に当たっている事が多いでしょう。

 

 

このような複数人数に自分の事を面接される、ましてや30代や40代の転職希望者の方であれば、年下の人間に品定めをされているようで嫌な気持ちになるかもしれません。

 

 

でも、自分の人材を見てくれる人は多ければ多いほどいいと思うべきです。

 

 

応募者の為に時間を割いて集合してくれた担当者たちです。その様な担当者たちにしっかりと自分を売り込むことが出来る機会が与えられているのが面接です。

 

 

それぞれの立場から、適切に会社や仕事内容を説明してくれるというのは非常にありがたいことです。

 

 

色々な役員同士との会話を見れば、その会社の雰囲気もわかったりします。

 

 

受け答えをする場合、反応が良くて愛想の良い担当者に話掛けがちですが、まずは質問をした担当者の目を見て話すようにしてください。

 

 

担当者によって同じような質問をするケースもあります。「先程答えました」と言う様なことを言うのはNGです。

 

 

一人一人にしっかりと答えてください。

 

役員によるマンツーマンの面接

 

 

中小企業などの面接では、経営者の1回のみの面接も多いです。

 

 

経験やスキルが大前提になりますが、質疑応答のポイントは、実務の細かい部分よりも、応募者の熱意や仕事姿勢を確かめる所になります。

 

 

ですので、このような面接の場合、やりとりの中で使われる言葉はマニュアル通りの言葉にならないように注意してください。面接担当者から本音の話が出てくることも多いです。

 

 

つまり、面接担当者もあなたの本音が聞きたい、あなたの人間性が知りたいと言う様な気持ちで質問をしています。

 

 

ですのでよく質問の内容を理解して、自分自身の言葉で話せるようにしっかりと練習しておきます。

 

 

このようなマンツーマンの面接の場合、給与や待遇の条件などについても、具体的な金額が出てくる可能性もありますので想定しておきます。

 

グループ面接

 

 

グループ面接は、転職市場においても最近多く行われます。

 

 

グループ面接のねらいは短時間で大勢の応募者を評価することです。

 

 

1人ではなく大勢いる為、自分自身の考えを簡潔に述べるかがポイントになります。もしも言いたいことをライバルに言われたとしても焦ってはダメです。

 

 

順番でライバルが、自分の考えているような事を言っても「私も○○には賛成です。しかし△△については次のように考えています」という風に、自分の意見をしっかりと伝える事が大事です。

 

 

また自分が答えを言っていない時に、手遊びをしたり、ボーっとしていたり、関心のないような素振りをするのもマイナスです。

 

面接のスタイルは色々とあります

 

このように、現在転職市場においては色々な面接のスタイルがあります。

 

 

当日行ってみて慌てふためかないように、事前にしっかりと準備をしておきましょう。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

転職面接で専任の面接担当者がいる会社は少ない!
中途採用募集の面接での注意点。面接の望み方等についてです。
転職する際の面接での自分のアプローチの仕方、アピールの仕方
面接においては、アプローチが大事です。どういった感じでアプローチしていけばいいのか?しっかりと考えて戦略を立てること大事です。
面接に遅刻!!そんな場合でも内定はもらえる?遅刻した時の対処法
就職面談で遅刻した場合、絶対に駄目なのでしょうか?実は遅刻した際などのトラブルでも対処法が存在します。
30代、40代の転職面接テクニック|押さえるポイントについて
転職の際の面接で押さえるポイントを覚えておきましょう。しっかりと相手が聞きたいことを先回りしておくことが大事です。
30代、40代の転職では事前の徹底した面接対策が必須
採用試験というのは9割が面接で決まると言われています。事前のチェックが大事です。
30代、40代の転職の面接で職歴を聞く採用側の意図とは?
職歴の事実を知りたい採用側の本当の理由は?30代、40代の方を雇う本心を考えると答えが見える。
転職の面接で、過去の実績や成果を聞かれた時、社内表彰が無くてもアピールする
転職面接において、過去の職歴で誇れる実績や成果を聞かれる事があると思います。誇れる実績がない場合でも大丈夫??
管理職経験がない場合の面接での応対の仕方|30代、40代の転職
30代、40代であれば、マネジメント能力を問われる事は普通です。もしマネジメント経験がない場合、面接でどういった感じで答える事がいいでしょうか?
転職面接「なぜ弊社を志望されるのでしょうか?」と聞かれた場合
入社への思いを伝えることが大事です。その会社に入りたいという明確な理由をしっかりと伝える。
前職を退職した理由|ベストな返し方について
前職を退職した理由を明確に答える事が出来るのか?この部分が大事です。悪口や批評は絶対にNGです。
30代、40代において、前職を短期間で辞めた場合の理由を面接で聞かれた時のベストな回答
退職理由を聞かれる際、短期間で辞めている時は更に突っ込まれて聞かれるケースが多いです。この時、どういった答えを相手が求めているのでしょうか?
30代、40代の方が自己PRをする時、どういった事をアピールするべき?
応募の業務に対しての自分の貢献度があるのかどうか?について考えることが大事です。自己PRは大事ですが、ピントがズレると意味が全くありません。
転職面接で給料の希望はあるか?と聞かれた時の答え方
30代、40代の転職で、給料の希望を聞かれた時、どういった回答をすればいいのでしょうか?
他社の応募状況を転職面接で聞かれた時のベストな答え方
もし、転職面接の際、他社の応募状況を聞かれた場合、どういった答えをするのがいいのでしょうか?
転居をを伴った転勤は可能なのか?と転職面接で質問された時の回答
もし、転職先で、転勤が多い場合、どういった回答をすればいいのでしょうか?
会社の状態予想をされた場合、面接でどういった答えがベスト
面接の際、会社の予想を聞かれた場合、どういった答えをするのがベストなのでしょうか?
転職面接での質問、「あなたは弊社で何がしたいのですか?」の回答
転職面接の際に、質問される件で多いのが、弊社で何がしたいのか?という所です。具体的に30代、40代の転職希望者のベストの回答とは?
30代、40代の方の転職面接の質問「ストレスとの向き合い方は?」
ストレスとの向き合い方について聞かれた時、どういった事を答えるのがベストでしょうか?
過去の仕事でトラブルやミスがあった場合、経験をどういう風に伝えるか?
仕事のミスがあったとき、どういった対処をしたのか?どういった方法で回避したのか?を面接で述べる方法について。
転職面接で「仕事上の人間関係のトラブルは?」と聞かれた時の回答
面接で仕事で人間関係に困った事があるか?と聞かれた場合の回答について。
面接で転職の為に努力している事を伝える方法は?
面接で転職の為にどういった努力をしているのか?を伝える事は大事です。
転職面接で「長所と短所を教えて下さい」と聞かれた時の答え方
転職面接でよく聞かれる質問です。どういった回答がベストでしょうか?
転職面接で「いつから働けますか?」と聞かれた時の返答
入社のタイミングは非常に重要です。入社タイミングがずれて働けないケースもあるので注意して下さい。
転職面接でプライベートな質問を聞かれた時の答え方
転職面接等で、プライベートな質問を聞かれる事もありますが、どういった返事がベストなのか?
面接で転職先の業界予想を聞かれた時の回答はどうすればいい?
業界がこれからどうなっていくのか?という事を面接で聞かれた時、どういった回答をすればいいでしょうか?
転職面接で、病気や持病の事を聞かれた場合の答え方
転職面接で、現在の病気等について質問されるケースもあります。どういった回答をするのがいいでしょうか?
転職面接対策|質問で両親の介護に聞かれた時の回答について
転職面接で両親の介護について質問をされた場合の回答例について。
転職回数が多い理由を面接で聞かれた時のベストな回答は?
転職回数が極端に多い場合、マイナスイメージがつくかもしれません。
転職面接での質疑応答の順序|質疑応答の流れについて
質疑応答は有利に使うことも、印象を悪くする事も全ては自分次第です。しっかりと意識して有利に聞きたいことを聞いて下さい。
転職面接官は、応募者の応答のココを見ている!|面接の際の受け答え
面接担当者はどういった部分をみているのか?質疑応答に対する返答のどの部分を見ているのか?
転職面接の質疑応答で好印象を与える方法について
転職の面接で、質問の際に好印象を与える方法について。どういった所を意識する事で回避できるのでしょうか?
面接時の服装について|見た目は重要です
30代、40代の方は基本的に外見に無頓着です。注意が必要です。
転職面接、電話の面接のアポから選考が始まっている
電話で面接のアポを取る所から、面接は始まっていると思って下さい。ファーストコンタクトが大事です。
筆記テストや実技試験がある会社|面接時の採用テストについて
面接の際、採用テストを行っているところも多いです。筆記テストや実技のテスト等、様々なテストで人をみます。
転職先企業の情報収集が大事|会社情報の収集は不可欠
転職先の企業情報を調べる方法はどういった手段があるでしょうか?
転職面接の本当の話|固定概念は危険
転職面接というのは、基本的に色々とウワサと現実が違っていることが多いです。
転職面接は何故落ちるのか?|単なる自己アピールと思わない
転職面接はなんで落ちるのか?どういった理由で落ちるのかという部分をしっかりと考えてみましょう。
転職面接が終わったら「お礼のハガキ」は必ず出す事
転職面接が終わったら、それで終りではなく、しっかりと感謝の意を伝える事が大事です。
転職面接対策|ブランク期間が長い場合の説明や回答の仕方
ブランク期間が長い場合、どういった説明や回答をすればいいでしょうか?転職と転職のブランクが長い方はしっかりと意識するポイントです。
面接で残業や出張があると言われた場合の回答
残業や出張がありますという事を言われた場合、どういった返し方をすればいいでしょうか?
転職面接で前職の給与、そして希望の給与を聞かれた時の回答方法
前職でもらっていた給料の金額を聞かれる意味は?また、給料の希望額はドコまで本当に伝えればいいのでしょうか?
面接官に長所と短所を聞かれた時、どういった答えがベスト?
転職面接、長所や短所を聞かれた場合、どういった答え方をするといいでしょうか?
面接で「当社の事をどれ位知っていますか?」と聞かれた場合の答え方
当社の事をどれ位知っているのか?と面接で聞かれた場合、どういった答え方が出来るのか?について。