スポンサードリンク

面接の常識と非常識についての確認

こんにちは。転職活動頑張っていますか?面接の基本マナーについてです。今まで常識だと思っているような事が、非常識と言うケースも多いです。

 

 

特に30代や40代の、キャリアがある方、今まで常識と思っていたことがNGな行動だったりするケースもあります。しっかりと自分の常識や非常識について確認もしてください。

 

 

転職面接では、一般常識やビジネスマナーもしっかりと確認します。新卒採用の場合、ビジネスマナーの時間がかかります。中途採用を雇う理由としては、このような時間短縮の意味もあるからです。

 

 

ですので、中途採用にも関わらず、一般的なビジネス常識、一般的なビジネスマナー、敬語などが使えないような人材は、幾らスキルがあったとしても転職市場では必要のない人材と判断されます。

 

 

出来て当然という風に採用人事は思うのです。

 

 

気になる部分があればチェックをされます。そしてチェックをされた部分はマイナス評価に繋がります。総合評価とはならずに、マナーに自信がある人でも落ちるケースもあるのです。

 

 

キャリアがある30代40代の人材であれば、採用人事側も過度の期待をしています。期待値が高い為点数も厳しくつける傾向があります。

 

 

転職先の受け付けで応対する従業員や、面接担当官も年下であるケースがほとんどです。ですので、このような面接の場合についつい気が緩んで墓穴を掘る可能性も高いです。

 

 

例えばですが、受け付けのないような小さな会社であれば、面接の日に従業員に対して面接担当官を呼んでもらうようなことがあるでしょう。

 

 

その時に面接担当官に対してはしっかりと挨拶をしているけど、面接担当官を呼んだ従業員に対しては無愛想な態度をとったりして採用がダメになった方もいます。

 

 

誰に対しても裏表のないようにしっかりと対応する事を意識してください。

 

 

椅子の座り方一つで好感度が変わってくると言われています。基本マナーや基本動作というのをしっかりと覚えておくことが、転職面接で合格するコツです。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

色々な面接の作法について

 

基本的に色々な部分がありますが、面接の際に注意する事はどのようなところでしょうか?ここでは面接の常識や、非常識について書いてみたいと思います。

 

面接当日会場にどのくらいに着くのが良いのか?

 

面接当日、会場には早めに着くのは当然でしょう。ぎりぎりで行って汗びっちょりで面接をすると言うような事は、面接を受ける前に不採用になっているのも当然です。

 

 

実際に、会場に何分前に着くのが常識の範疇内でしょうか?

 

 

たまに誠意の表れのように、採用する会社のビックリするような時間に到着している方もいるようです。しかし、会社の方も仕事をしている合間の面接となります。

 

 

ですので一般的に面接の30分前に到着するようにするのが良いでしょう。お互いの都合を考えて決めたはずですので、1時間も前、2時間も前から会社に居座っていては迷惑になります。

 

 

30分以上前に来て「待たせていただきます」と言うのは、時間の概念がない証拠で相手に迷惑になる事を覚えておいてください。

 

 

一般的には、5分〜10分前くらいに受け付けを済ませるのが良いでしょう。交通機関などの都合で早めに到着しすぎた場合は、近くの喫茶店で待っておくなどの配慮をしてください。

 

面接待ち時間の使い方|控え室でおしゃべりはしないこと

 

面接者が多いとき、控え室で待つこともあるでしょう。居眠りや化粧直しというのはもちろんNGです。

 

 

他の応募者との会話はもちろんですが、喫煙や読書もやめておいた方が良いといえます。

 

 

応募先の会社案内、自分のノート程度にしておきます。雑誌や週刊誌を読んでいれば「時間つぶし」と思われますので非常識です。緊張感を持っていると言うのは当然ですので、雑誌などを呼んだりしないようにしましょう

 

敬語などはしっかりと使う

 

30代や40代の方に多いミスです。面接担当官が年下の場合、減量したり、フランクな感じで対応してくれることがあります。面接担当官も自分より年上という事は履歴書で確認しています。

 

 

キャリアなどを見て、フランクな感じで打ち解ける感じで話してくれる面接官も多いと思います。

 

 

しかしその面接官のフランクさにつられて自分も「うんそうそう」というように、会話の節々に敬語を使わないような話し方をしては絶対にいけません。

 

 

応募者をリラックスさせようとジョークなどを行ったりする面接担当官もいます。

 

 

フランクな感じはダメだと言って、笑顔一つ出さずに杓子定規で返答するのも厳禁です。面接はコミニケーションの場であります。

 

 

どのような対応をするかによって、それがクライアントに対してだったり、自分の会社の同僚だったり、先輩や後輩だったりにする態度を知ることが出来ます。

 

履歴書の渡し方について

 

当たり前の事ですが、むき出しの履歴書を担当官に出すのはNGです。

 

 

封筒に入れたまま手渡しするというのもダメです。

 

 

面接での履歴書の渡し方ですが、封筒に入れた状態でバックに収めて持参し、そしてその中から履歴書を取り出し、両手で手渡すとなります。

 

 

応募書類というのは自分の分身です。志望先の企業にも丁寧に扱ってもらうというのが重要な部分です。上着のポケットから裸で出すような男性もいます。

 

 

それは自分の分身をガサツに扱っていると言う事です。つまりそれなりの価値と思われるのを自分で行っているのです。

 

小さなバックは膝の上に置く|大きめなバックはどこに置く?

 

買い物ついでの面接と思われない為にも、持ち物一つにも気をつけたいところです。

 

 

何も持たずに来るのも常識知らずです。しかし余分な荷物は持たないのが常識で、バックは膝の上、腰と背もたれの間が定位置となります。

 

 

作品ファイルを入れたかばんなどがある場合は、その場所に置けない大きさだとしたら足元の床に於いてください。

 

 

かばんは応接ソファーやテーブルの上に乗せるのもマナーのない人間と思われます。

 

 

商談の時にガサツにテーブルの上にバックを置いたりする事も注意です。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

転職エージェントのメリットについて
30代、40代が転職をする際、転職エージェントに登録することは必須です。メリットについて書いています。
転職エージェントのデメリットについて
転職エージェントに登録するデメリットはあるのか?いいことばかりではない??
転職エージェントが無料の理由と、求人サイトとの違い
なぜ私たちは転職エージェントを無料で利用することが出来るのでしょうか?その仕組みと通常の求人サイトとの違いについて説明します。
転職エージェントは誰でも登録出来る訳ではない|拒否される理由
実は転職エージェントというは誰でも合格する、というわけではありません
転職エージェントが非公開求人が多い理由を教えます!
魅力的な『非公開求人』が転職エージェントには沢山。でも、キャリア豊富な人に知って欲しい求人が、なんで非公開求人なんでしょうか?
複数登録が基本!理由と選び方
転職エージェントの登録は複数が基本です。その理由と選び方について。
優位な転職をする為の五つの必勝パターンについて
転職活動は何も考えずにいきなり求人を調べても全く望みどうりにはなりません。、勝負に再び後悔しないようにする為にも、しっかりと転職で上手くいくためのポイントを押さえておきましょう
時間が無いのはライバルも一緒!転職では情報戦、価値のある情報を入手
時間がないのはライバルも同じです。多少の出費は惜しまず情報収集をすることは、かなりのメリットとなります。
転職先の応募は10社で足りる?転職エージェントの利用方法等
10社の応募して転職活動をしているけど、全く声がかからない、、というケースも多いです。転職エージェントについてもしかり。