スポンサードリンク

面接で普通にあるテストについて

こんにちは。転職活動頑張っていますか?

 

 

たまに転職活動をやっている方がビックリする事があるそうで、それは「面接に行ったら試験がてビックリして、気持ちが動揺した」と言うものです。今はほとんどの割合で、求人企業が面接のときにテストを行っています。

 

 

転職活動を行う年代では、ペーパーテストというのは珍しいと思います。ほとんどやっていないのではないでしょうか?満足な筆記用具さえ準備していない状態で、予測もしていないようなペーパーテストかあった場合、満足な回答が出来るはずはありません。

 

 

テストかあるかどうか?というのは、事前に問い合わせることで解決出来ます。しかし詳しい内容までは教えてくれないのがほとんどです。転職面接において、テストがあるという事を前提で挑むのが大事です。

 

 

よくある採用テストは、基本的に決まっている為しっかりと覚えておきましょう。

 

 

また転職の面接の際に行うペーパーテストですが、適性や一般常識を問う筆記問題の場合、入学試験などと違って上位得点者から順番に評価されるというわけではありません。

 

 

適性や一般常識の筆記テストの場合、応募者が多い為の絞り込みの理由がメインですので、一般的には面接を補填する為の選考材料の一つです。

 

 

よほど悪い点数を取らない限り、テストの成績だけで落ちると言う事はありません。事前に新聞などをよく読み、最近のニュースの用語、業界の流れ、それぞれの国の首都などについて勉強しておくとよいでしょう。

 

 

実技テストも同様で、選考に強い影響力を持ちますが、採用後の仕事に関係した基礎レベルの出題となります。

 

 

軽く考えるというのは危険ではあります。しかし条件に合う応募者であれば十分クリア出来る問題が一般的です。落ち着いて取り組むことでほとんどがクリア出来ると思います。

 

採用テスト|筆記テスト

 

筆記テストの一般的な一例として

 

  • 一般教養、常識テスト
  • 作文テスト
  • 専門知識に関するテスト

 

 

があります。

 

 

一般教養や常識テストは、職種を問わずによく見られるテストとなります。漢字の読み書きや、簡単な計算、時事問題、ビジネスマナーなどについての問題です。

 

 

難易度や出題傾向というのはそれぞれの企業によって変わります。しかし、社会人であるならば自然に身につく問題となります。

 

 

作文テストは、企画系、制作系の職種を対象によく行われる様です。

 

 

入社後にしたいこと、自分が作りたい製品は?など、与えられたテーマで600文字程度の作文を書きます。

 

 

与えられた時間内で、テーマについて書くこと、漢字の知識や、誤字脱字があるかどうかなと、物事の考え方や論理性、熱意や興味の方向性などについても確かめられます。

 

 

これは、転職面接の際、応募書類として提出を求められるケースもある為、事前に考えて準備しておくとよいでしょう。

 

 

最後の専門知識テストですが、技術職をはじめ、経理や貿易事務などの専門事務職などで使われるテストです。業界用語や、技術用語などについての問題があります。知識や表現力などを問われる問題となります。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

パソコン操作等の実技試験

 

実技試験などでよくあるのが、パソコンの操作に対するものです。例えばタッチブラインド一つにとっても、入力スピードが速いのか遅いのか?によって、仕事の効率も全く変わってくる為、専門スキルと同様に大事なビジネススキルとなります。

 

 

基本的にパソコン操作の実技試験には

 

  • 入力速度のテスト
  • 文書の作成力のテスト
  • それぞれのソフトの活用テスト

 

などがあります。入力速度テストでは、応募先企業のパソコンを使って、課題として与えられた伝票や文章の入力を時間内で行うというものです。

 

 

終了までの時間をカウントして調査します。

 

 

普段使い慣れないキーボードですので、ブラインドタッチOKの応募者でもミスをするケースもあります。

 

 

文章を作成テストにおいては、手書きのメモなどの出題文章を、応募先のパソコンを使って時間内で商業文書に仕上げるというようなものです。

 

 

誤字脱字など明らかな間違いが隠されていたり、「クライアントへの詫び状」など、テーマだけが与えられていると言う様な出し方もあります。書式やレイアウト、書体に配慮して適切で読みやすい文書に出来れば事務処理能力の証明になります。

 

 

次にソフトの活用ですが、企画やマーケティング食等においても行われます。与えられデータ数値や目的に合わせて、ワードやエクセル、その他のオフィスツールを使って時間内で整理するような問題です。

 

ロールプレイングの採用テスト

 

接客業などで行われるテストです。実技テストですが、色々な局面を想定して行われます。

 

  • 模擬接客
  • 電話応対
  • クレーム対応

 

などが一般的です。

 

 

販売や営業職サービス職などで行われるのが模擬接客テストです。事前に資料を渡されてその内容に応じてお客様の質問にどう答えるのか?などをテストします。

 

 

販売や業務目的の理解度などについても問われます。

 

 

電話応対テストですが、外出中の上司にかかってきた電話にどの様に対応するのか?等簡単な設定が多いですが、敬語の使い方やその他の言葉の配慮などが問われます。

 

 

簡単ですので「いないことを告げる」というだけの応募者、「帰社時間をしっかりと告げ、簡単な用件と折り返しの必要性を聞いたり、折り返しが必要な人であれば電話番号まで聞く」という応募者まで様々です。

 

 

レベルの格差が出やすい問題です。基本のビジネスマナー、コミニケーション能力など、簡単な問題ですがわかりやすい為に注意が必要です。

 

 

また最後のクレーム対応ですが、これは、模擬接客や電話応対のテストの変形のパターンとなります。

 

 

実際にお客様からクレームが来た場合、慌てずに、また不快にさせないようにどの様に対応するのか?を問う問題です。

 

 

「謝罪をしてはいけない」と言うような事前の条件があったりします。実際にクレームの原因究明や、上司への報告をする前に謝罪をするというのは絶対にダメですので注意をしてください。

 

 

臨機応変な態度が出来るかどうか?という所などを確認します。

 

業務実技なども行われます。

 

色々な業種によって変わりますが、実技の業務テストを行うところもあります。

 

  • 翻訳
  • パターンメイク
  • プログラミング

 

このような実技テストを行うケースがあります。翻訳の場合、語学スキルが条件の職場で行われます。

 

 

必要な語学力を判定する方法として最も手っ取り早く、レベルは色々あります。

 

 

英文メールの読解、決められた時間内に技術文書の一部を翻訳するなど、レベルは色々なものがあります。専門用語なども知識を試されるケースが多い為、事前に勉強しておくとよいでしょう。

 

 

パタンナー志望者の場合、制限時間内でパターンを起こすようなテストもあります。アパレル協会企業のほとんどが、専門職採用の時には行うテストです。

 

 

また、プログラマーやシステムエンジニアなどの転職企業先などで行われますのがプログラミング実技です。

 

 

プログラムを組むだけではなく、メンテナンスを考慮した見やすいもの、処理速度などをどの様にして高めるのか?という工夫が評価の対象になります。

 

テストがあっても慌てない事が採用面接でのコツ

 

このように、業種によっては色々なテストが事前に行われます。どのような問題があるのか?というのが事前にわかれば問題ありません。

 

 

しかし、突然の問題にも対応出来るようなスキルが知りたいから、という理由で行っている企業もあります。

 

 

ですので、内容は知らなくても、どの様に対応出来るか?という部分でしっかりと事前準備をする必要があるでしょう。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

転職する際の面接での自分のアプローチの仕方、アピールの仕方
面接においては、アプローチが大事です。どういった感じでアプローチしていけばいいのか?しっかりと考えて戦略を立てること大事です。
面接に遅刻!!そんな場合でも内定はもらえる?遅刻した時の対処法
就職面談で遅刻した場合、絶対に駄目なのでしょうか?実は遅刻した際などのトラブルでも対処法が存在します。
30代、40代の転職面接テクニック|押さえるポイントについて
転職の際の面接で押さえるポイントを覚えておきましょう。しっかりと相手が聞きたいことを先回りしておくことが大事です。
30代、40代の転職では事前の徹底した面接対策が必須
採用試験というのは9割が面接で決まると言われています。事前のチェックが大事です。
30代、40代の転職の面接で職歴を聞く採用側の意図とは?
職歴の事実を知りたい採用側の本当の理由は?30代、40代の方を雇う本心を考えると答えが見える。
転職の面接で、過去の実績や成果を聞かれた時、社内表彰が無くてもアピールする
転職面接において、過去の職歴で誇れる実績や成果を聞かれる事があると思います。誇れる実績がない場合でも大丈夫??
管理職経験がない場合の面接での応対の仕方|30代、40代の転職
30代、40代であれば、マネジメント能力を問われる事は普通です。もしマネジメント経験がない場合、面接でどういった感じで答える事がいいでしょうか?
転職面接「なぜ弊社を志望されるのでしょうか?」と聞かれた場合
入社への思いを伝えることが大事です。その会社に入りたいという明確な理由をしっかりと伝える。
前職を退職した理由|ベストな返し方について
前職を退職した理由を明確に答える事が出来るのか?この部分が大事です。悪口や批評は絶対にNGです。
30代、40代において、前職を短期間で辞めた場合の理由を面接で聞かれた時のベストな回答
退職理由を聞かれる際、短期間で辞めている時は更に突っ込まれて聞かれるケースが多いです。この時、どういった答えを相手が求めているのでしょうか?
30代、40代の方が自己PRをする時、どういった事をアピールするべき?
応募の業務に対しての自分の貢献度があるのかどうか?について考えることが大事です。自己PRは大事ですが、ピントがズレると意味が全くありません。
転職面接で給料の希望はあるか?と聞かれた時の答え方
30代、40代の転職で、給料の希望を聞かれた時、どういった回答をすればいいのでしょうか?
他社の応募状況を転職面接で聞かれた時のベストな答え方
もし、転職面接の際、他社の応募状況を聞かれた場合、どういった答えをするのがいいのでしょうか?
転居をを伴った転勤は可能なのか?と転職面接で質問された時の回答
もし、転職先で、転勤が多い場合、どういった回答をすればいいのでしょうか?
会社の状態予想をされた場合、面接でどういった答えがベスト
面接の際、会社の予想を聞かれた場合、どういった答えをするのがベストなのでしょうか?
転職面接での質問、「あなたは弊社で何がしたいのですか?」の回答
転職面接の際に、質問される件で多いのが、弊社で何がしたいのか?という所です。具体的に30代、40代の転職希望者のベストの回答とは?
30代、40代の方の転職面接の質問「ストレスとの向き合い方は?」
ストレスとの向き合い方について聞かれた時、どういった事を答えるのがベストでしょうか?
過去の仕事でトラブルやミスがあった場合、経験をどういう風に伝えるか?
仕事のミスがあったとき、どういった対処をしたのか?どういった方法で回避したのか?を面接で述べる方法について。
転職面接で「仕事上の人間関係のトラブルは?」と聞かれた時の回答
面接で仕事で人間関係に困った事があるか?と聞かれた場合の回答について。
面接で転職の為に努力している事を伝える方法は?
面接で転職の為にどういった努力をしているのか?を伝える事は大事です。
転職面接で「長所と短所を教えて下さい」と聞かれた時の答え方
転職面接でよく聞かれる質問です。どういった回答がベストでしょうか?
転職面接で「いつから働けますか?」と聞かれた時の返答
入社のタイミングは非常に重要です。入社タイミングがずれて働けないケースもあるので注意して下さい。
転職面接でプライベートな質問を聞かれた時の答え方
転職面接等で、プライベートな質問を聞かれる事もありますが、どういった返事がベストなのか?
面接で転職先の業界予想を聞かれた時の回答はどうすればいい?
業界がこれからどうなっていくのか?という事を面接で聞かれた時、どういった回答をすればいいでしょうか?
転職面接で、病気や持病の事を聞かれた場合の答え方
転職面接で、現在の病気等について質問されるケースもあります。どういった回答をするのがいいでしょうか?
転職面接対策|質問で両親の介護に聞かれた時の回答について
転職面接で両親の介護について質問をされた場合の回答例について。
転職回数が多い理由を面接で聞かれた時のベストな回答は?
転職回数が極端に多い場合、マイナスイメージがつくかもしれません。
転職面接の本当の話|固定概念は危険
転職面接というのは、基本的に色々とウワサと現実が違っていることが多いです。
転職面接は何故落ちるのか?|単なる自己アピールと思わない
転職面接はなんで落ちるのか?どういった理由で落ちるのかという部分をしっかりと考えてみましょう。
転職面接が終わったら「お礼のハガキ」は必ず出す事
転職面接が終わったら、それで終りではなく、しっかりと感謝の意を伝える事が大事です。
転職面接対策|ブランク期間が長い場合の説明や回答の仕方
ブランク期間が長い場合、どういった説明や回答をすればいいでしょうか?転職と転職のブランクが長い方はしっかりと意識するポイントです。
転職面接で前職の給与、そして希望の給与を聞かれた時の回答方法
前職でもらっていた給料の金額を聞かれる意味は?また、給料の希望額はドコまで本当に伝えればいいのでしょうか?