スポンサードリンク

転職の際の注意点について

こんにちは。転職活動かんばっていますか?30代や40代の方の転職活動の場合、年齢制限というのがかなりのネックになっていると思います。その他にも、色々な疑問などがあると思います。

 

 

今回は、30代や40代の方が、転職活動を行っている際に思う疑問などについて考えてみたいと思います。

 

 

一番多いのが年齢制限に関する部分です。今、法律上では、募集の際に年齢の上限を書くことはダメとなっています。

 

 

このような状況の中、企業は年齢で制限したいにも関わらず出来ないのです。ですので、ある程度ざっくりの年齢制限を設けているケースがほとんどです。

 

 

例えば求人情報において「30歳くらいまで」という風に明記されているとします。このようなケースであれば、41歳の転職希望者であれば不合格になるのでしょうか?

 

 

応募可能かどうかと言うのは、自分自身で自己判断をする事は厳禁です。実際にこのくらいの年代が欲しいという部分に於いて、企業側の思惑があります。

 

 

ですので勝手に自己判断をする事なく、応募先企業に問い合わせてみるのがいいと思います。

 

 

転職者を募集しているような企業としては、1回の募集で多くの人材を集めたいのが本音です。ですので、人材の分母確保、採用に関して、多くの人々に応募してもらうのが採用人事の使命なのです。

 

 

面接先の採用人事は、このような問い合わせに関してはしっかりと回答してくれるのが当然です。逆に言えば、杓子定規に返答するような会社であれば、転職面接活動をする際にはじくのも一つの手です。

 

 

応募者側は躊躇する事なく、しっかりと疑問に思った事を問い合わせてみましょう。求人情報の内容だけで判断せずに、可能であれば大丈夫なのか?という部分をしっかりと問い合わせてください。

 

 

例えば30歳くらいまでの「くらい」という部分が、どのくらいの年齢を指しているのかはわかりません。どのくらいの振り幅で言っているのかも分からないと言うことです。

 

 

例えばある企業によっては、30歳くらいまでとしていても「明確に30歳以下まで」と決めているかもしれません。あるいは別の企業であれば、「±5歳前後の振れ幅はOK、人材次第で年齢は二の次」と言う様なケースもあるでしょう。

 

 

問い合わせをせずに横暴を諦めるのはもったいない話です。もし自分が、その募集状況に合っていなければ、まず質問をすればいいと思います。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

在職中の転職活動について

 

30代や40代の方で、転職活動をしている方は、無職のケースはほとんどなく、基本的には在職中ではないでしょうか?

 

 

30代や40代ともなれば、在職中の職務と言うのも基本的にハードワークだと思います。ある程度管理職や、マネジメントの必要性がある為、職責という部分で負担がかかっているのではないでしょうか?

 

 

業務が多忙で、なかなか転職活動を勧めることが出来ずに悩んでいるケースも多いようです。

 

 

30代や40代という年代であれば、年齢的な部分で非常にデメリットも多いはずです。ですので本来であれば、ライバルに負けないように、転職活動においても情報戦が大事なのです。しかし、実際に在籍中の職務に追われ、ジレンマを感じている方も多いようです。

 

 

しかし、今の会社を辞めて転職活動をする事は基本的にお勧めしないのが本音です。

 

 

マネジメントの仕事も増える為、業務が多忙であることは間違いのない事実です。しかし応募書類の作成、或いはインターネットなどを使った転職活動を有効に利用すれば、空いている時間にでも出来るはずです。

 

 

転職活動をメインにする為に仕事を辞めたとしたら、失業保険を気にしながら転職活動をするような状況になるでしょう。妥協せずに転職をしたいにも関わらず、収入の不安があるが為に焦って目的じゃない所に転職するのでは本末転倒です。

 

 

生活基盤が危うくなってくれば焦りが生まれます。その様な焦りは、30代や40代の年代の方にはかなり危険です。

 

 

一か八かの賭けをして転職活動をしたケースもありますが、結果的に上手くいく事はありません。30代や40代の方は、色々なローンや支払いがあります。その様な状態で収入が絶たれていては、結果的にマイナスになっていきます。

 

 

今の会社を辞めても、自分のスキルであればすぐに転職先が決まるだろと言う様な安易な考えではダメです。最近の雇用の状態は非常に厳しくなっています。特に30代や40代というのは、即戦力が期待されている為、年齢的な部分で落とされる可能性のほうが高いです。

 

 

転職活動に時間がないのであれば、当サイトが勧めている転職エージェントなどを有効に利用して、インターネットを使った転職活動にシフトしていってください。

 

転職エージェントでは変なプライドは不要

 

今人気があるのが、当サイトがお勧めしているようなネットでエントリー出来る転職エージェントなります。

 

 

転職エージェントに登録する際、30代や40代の転職活動をしている方に注意しておいて欲しいことがあります。それは自分より年齢が若いエージェントがほとんどなので、不満を持たないようにする事です。

 

 

変なプライドを持ったり、年齢が若いからと言って馬鹿にしたような態度であればダメです。基本的には長期戦になる30代や40代の転職市場において、転職エージェントのエージェントとの折り合いがつかなくなれば、採用を勝ち取ることは難しいはずです。

 

 

若い担当者のエージェントだとしても、転職エージェントに登録しているという部分において、年齢は若いかもしれませんが転職市場に関してはプロなのです。

 

 

あなたの最大限の魅力を引き出して、企業へ紹介するのがエージェントの役目です。自分自身の転職活動を支援してくれるパートナーになるわけですので、年齢などはこの際目をつぶってください。

 

 

転職エージェントに対して、年齢が若いからと言って変なプライドを持ち、自分の都合の悪いことを言わないと言う様な事もダメです。これは、転職エージェントのエージェントと、企業が繋がっている部分はしていて、あえて秘密を言わないという事も同様です。

 

 

本音でエージェントとぶつかってみてください。相手も感情のある人間ですので、やはり本音で向かってくる転職希望者に対しては誠心誠意対応してくれるはずです。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め