スポンサードリンク

転職面接の逆質問について

こんにちは。転職活動かんばっていますか?転職の面接ですが、基本的には採用人事の面接官から一方的に質問されるのが普通です。

 

 

しかし、逆質問と言って転職面接の際に「何か質問はありますか」という風に聞かれます。ほとんどの企業が、転職面接の際にこのように逆質問が出来る状態を作ってくれます。

 

 

しかし、逆質問が出来るからと言って、何でも聞いていいというわけではないことを覚えておきましょう。

 

逆質問が面接の際に出来ると言う事は、今までベストな答えを出来なかった場合であっても、巻き返しが出来る可能性があると言う事です。

 

 

もちろん30代40代の方であれば、今まで転職活動で苦労をしていて、やっと掴んだ面接かもしれません。転職先の企業に対して、色々な事を聞きたいのは当然だと思います。

 

 

でも、与えられた面接時間や、面接官の色々な事情を考えた場合、転職面接の際の逆質問は、最高でも1個か2個ぐらいにとどめておくのがベターだとされています。

 

 

質問の内容としては、やはり転職先の仕事内容や、転職先の事業の内容に関するものがいいと思います。逆質問だからといって有休取得率とか、給料とか、福利厚生に関することを聞くというのは非常に失礼でタブーであると言う事を覚えておきましょう。

 

 

一般の生活に於いても「貯金はどのくらいありますか?」と言う事を聞かないのと同じです。逆質問だからといって、何でも聞いて良いという意味ではありません。

 

 

せっかく面接でで質問のチャンスをもらったにも関わらず仕事内容や会社の事を放置して、福利厚生ばかり聞く人というのは悪い印象しかありません。

 

 

福利厚生ばかりを聞く人材というのは、権利意識の高い人と認識され、働く義務もないがしろにして、権利ばかり主張する人間と判断されます。

 

 

働く上で色々大事な環境について聞く部分は沢山あります。その様な状態であるにも関わらず、給料の面やその他の福利厚生ばかり聞いていては、面接官の心証を悪くするのは誰が考えても明らかでしょう。

 

 

実際に転職が決まったわけでもありません。決まったわけでもないのに、逆質問で色々な福利厚生について聞くのはタブーと言うことを覚えておいてください。特に30代や40代の方であれば、一般常識や人間関係に対する意識の高さは大事な部分です。

 

 

このような権利意識の高いような方は、転職でせっかく職場が決まったとしても、今の会社よりも条件がよければすぐそっちに再度転職するとも思われるでしょう。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

転職面接、逆質問で「何もありません」は評価はされる?

 

逆質問の質問の内容は、何でも聞いていいと言う事ではありません。仕事の内容を最低でも1個か2個ぐらいにとどめておくのが良い。

 

 

では、あまり福利厚生などを聞きすぎないほうが良いと言う事がわかりましたが、転職面接の逆質問において「何もありません」というのは、面接官に対して印象は良いのでしょうか?。

 

 

この、「何か質問はありませんか?」という質問に対して、「特に何もありません」という受け答えは、一見権利を主張していない人間と思われてよさそうです。しかし転職面接の際の逆質問において、このような回答するのは模範的ではないのです。

 

 

せっかく逆質問が出来る環境を与えられているにも関わらず、何も伝えずに相手に返すというのは慇懃無礼と同様、非常に失礼だと思います。また勿体ないです。

 

 

消極的な回答をした場合、協調性としてとらえられずマイナスな部分で植えつけられるでしょう。

 

 

逆質問を与えられているにも関わらず、何も回答しないのであれば「この人は会社の仕事の内容とか、当社に対して全く興味がないのか?」ととらえられる可能性もあります。

 

 

質問はあらかじめ複数用意しておき、状況に応じてその中から1個か2個質問すると言う様なな彼が良いでしょう。

 

 

転職面接全体の流れが悪かったとしても、この逆質問への回答によって面接官に良い印象を与えることも可能です。

 

 

また、お互いのコミュニケーションが取れているような場合、「面接の中で私が聞きたいことはすべて聞きました。また丁寧に教えていただきましたので質問はありません」という風に答えるのもアリです。

 

逆質問が終わった後、相手に感謝の気持ちを伝える事

 

転職面接で、逆質問が終わった後、しっかりと感謝の気持ちを面接官に伝えましょう。質問をして、自分が疑問に思っていたことが晴れたのであれば、そのことについてしっかり感謝を述べます。

 

 

例えば、「本日は貴重なお時間を本当にありがとうございました。色々疑問に思っている事、不安に感じている事を面接でお伺いする事が出来ました。また質問のチャンスを与えていただき本当にありがとうございます。ますます本社へ入社したいという気持ちが高まりました。もし入社が可能になったときは、一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。」と言うような感じです。

 

 

逆質問を出来る環境を作ってくれてありがとうございました。またその逆質問のおかげで、今まで迷っていたことや、不安に思っていたことが解決出来ました、と言う様な部分をしっかりと自分の言葉で伝えてください。

 

 

入社意思の言葉をしっかりと伝える事で、面接官に良い印象を与えます。基本的に人間は、一番最初の印象と、最後の印象というのが大事と言われています。最後の印象を良くする事で、転職先の面接官に好印象を与えることが出来ることを覚えておいてください。

 

 

30代や40代の転職活動をしている方であれば、このような部分が出来ていないケースが非常に多いです。

 

 

変にプライドが高かったり、或いはどのような質問をしていいのか分からなかったりして、結果的に相手の求めている回答が出来ないケースが多いようです。

 

 

転職エージェントなどを利用して、しっかりとした質問を用意しておきましょう。

 

どんな企業でも使える逆質問で使えるテンプレート

 

テンプレートと言うと聞こえは悪いですが、どのような企業に対してもある程度聞きたいことは一緒だと思います。

 

 

このようなテンプレートを利用して、自分の業種やキャリアなどによって使い分けてください。すべてを質問するのではなく、転職面接の流れによって変えてみたり、或いは面接官の年代などを考慮して、この中から1個か2個くらいを選ぶようにします。

 

  • 御社で働く上で、一番重要な事はどのような事だとお考えでしょうか?
  • 私の部下となる社員数や、プロジェクトのメンバーの年齢やキャリアなど、公開出来る範囲で結構ですので教えていただけますでしょうか?
  • 人事の方々からみた場合、御社の社風や、御社の会社の雰囲気というのはどのような感じでしょうか?
  • 大まかで結構ですので、○○部門での一日のタイムスケジュールを教えていただけますか?
  • 仮に入社がかなったとして、業務遂行にあたって、社内や社外ともに、気をつけておくべきことはどのような事があるでしょうか?

 

このような感じである程度テンプレート決めておき、状況に応じて自分の聞きたいことを逆質問するようにしましょう。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め