スポンサードリンク

休暇扱い

こんにちは。転職活動かんばっていますか?当サイトでは転職希望の方に向けた情報を発信しています。しかし、現在ブラック企業で働いていて、一刻も早く転職したいと思っている方も多いと思います。

 

 

ブラック企業という概念は色々ありますが、今回は「休暇中や、有給を使っているケースににも関わらず、社用の電話を持たされて鳴り止まない」と言うような悩みを持っているケースについて考えます。

 

アドセンス

 

基本的にブラック企業といえば、休みがなく労働時間が非常に長いと言うのが定義ではないでしょうか。有給があると言うのだけでも奇跡かもしれません。

 

 

ただしブラック企業の場合であれば、万が一有給があった場合でも

 

  • 有給の申請は1ヶ月前からしないと認めない
  • 有給の理由を詳しく聞かれる
  • プライベートの用事であれば有給は使えない

 

等々、有給を使う為の条件が非常に厳しいです。

 

 

一般的に休みがある時期にも仕事をするのがブラック企業です。

 

 

最近問題にされているのが、有給中であるにも関わらず、社用電話を持たされている方が多いと言う事です。

 

 

有給を使っていたり、休暇を取っていたりしても、会社自体は営業しているケースがあります。サービス業なども基本的にはこのような業務体系だと思います。

 

 

完全に会社が休みでない為、普段通り仕事をするメンバーがいたり、或いはクライアントが休みでないなど、その他にも、チェーン店があったり。

 

 

こういったケースであれば、社用の携帯電話やメールなどにガンガン通知が来るケースがあります。

 

 

一般的に休みの時は、色々な精神的な部分の解放を望んでいる方が多いでしょう。精神的に疲れているからこそ、有給休暇などを使うと思います。有給中の時であればなおさら現実逃避をして、仕事のストレスから解放されたいと思っているはずです。

 

 

しかし有給を許してもらったのもつかの間、毎日数回上司からの電話。これではせっかくの休みも台無しと思うのも無理がないと思います。

 

 

では、実際問題として、有給中や、通常の休みの時、仕事の電話に対応したり、或いはクライアントにメールをしたりするのは休暇とみなされるのか?と疑問に思う方も多いでしょう。

 

 

休暇の定義とは、労働者に本来労働する義務がありながら、労働者の請求により、この義務を免除する日となります。

 

 

つまり、労働者が労働契約上、働く義務がない「休日」と区別されるという事です。

 

 

休暇として、労働基準法で認められているのが「年次有給休暇」と「生理日の休暇」の二つです。年次有給休暇というのは、年休とも言われ、労働者の健康やプライベートの生活を確保する為に認められている休暇です。

 


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑


 

ケースバイケースであるが、基本的に休暇中に対応する義務はない

 

「休暇」について言えば、労働者は労働する義務はありません。

 

 

労働者が労働をする義務を負っていないのが休暇となるわけですので、労働者が自分の意思で、電話やメールなどに対応をする義務はないとなります。

 

 

休暇は労働者は働く義務を負っていないわけですので、会社としては、例え電話に出なかったり、メールの対応をしなかったからと言っても、その労働者に対して文句や不満を言ってはダメとなります。

 

 

杓子定規で考えるとその様な事になりますが、せっかくの休みの時に電話対応をしたり、クライアントとメールのやりとりをするのは、精神衛生上よくないでしょう。

 

 

その様な事が当たり前に合っているという時点で、すでにブラック企業という事になります。基本的に休暇の時には、一切の仕事をさせないのが通常の会社となります。

 

 

休暇でありながら、メールをしなかったからと言って怒られたり、電話に出なかったからと言って、次の日に怒られたりするような会社はブラック企業と考えて間違いありません。

 

 

また、強制によって現実的に仕事をさせられた場合、休暇と評価出来ないケースもあります。このようなケースであれば会社が労働者に対して休暇を与えた事にはなりません。つまり別の日に有給休暇を再度与える必要があります。

 

ブラック企業は精神支配をしている

 

ブラック企業で働いている方の多くは、マインドコントロールをされている事を自分自身気づいていないところに問題があります。

 

 

例えば、休暇中にガンガン電話がかかってくるような会社はブラック企業です。しかし入社当時からこのような環境で仕事をしていた場合、休みの期間であっても電話を受けなければ怒られるという精神状態になります。

 

 

このような状態で仕事をしている、他の人もこのような状態で取り組んでいるのであれば、いくら法律的に違法であったとしても文句を言えない状態になります。

 

 

ブラック企業のほとんどが問題視されている現在でも、ブラック企業から逃れることが出来ないのは精神的にマインドコントロールされているからです。

 

 

「これはおかしい!」と言う事を、上司に言える環境を作らないのがブラック企業です。おかしいと思いながら、法律的に間違っているとわかっていながら従うのは、ブラック企業に馴染んでしまっているからです。

 

 

このような方は、いずれ精神的に追い詰められるケースも考えられますので、転職を視野に入れて行動すると良いと思います。

 

 

働いていながらでも、転職エージェントなどを利用すれば、あなたのキャリアにあった転職す希望先が見つかる可能性が高いです。ブラック企業に働いていてもいいことはありません。

 

 

人間らしく、自分らしく生活する為にも、しっかりとした環境で働きたいと思うのか当然だと思います。

 

面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

ブラック企業がなくならない理由、なぜブラック企業が栄えるのか?
ブラック企業が栄え続ける理由。それは特別な事をしているからでしょうか?
ブラック企業で過労死寸前!!早めに転職準備を!危険信号を察知する
23時帰宅、、、という社会人は多い様です。まず健康が一番です。
コンビニ業界は悪評高い?コンビニで正社員になる際の注意点など
小売業で比較的給料が高いコンビニですが、正社員として働くと思っている場合、注意する所などはあるのでしょうか。
ブラック業界の中のホワイト企業の探し方、ホワイトの会社はあるのか?
ブラック業界と言われている業界はありますが、その中でもしっかりとしたホワイト企業はあります。
外食産業などのブラック企業はびこる業界からの脱却と転職活動
労働環境がどんどん悪化していると言われている外食産業ですが、脱却方法は転職、もしくは別の職場となります。
飲食店はブラックが当たり前?飲食業界の知られざる常識について
接客業は基本的にみんなが休みのときに出勤したりとか、ブラックないイメージが多いのですが、実際のところ飲食業は本当にブラックなのか?
働きやすい企業とブラックの企業の見分け方|転職の際に注意すべき企業を見るポイントについて。
転職をする際注意するところをしっかりと意識してください。そうしなければうわべだけの判断でブラック企業に就職する可能性もあります。現状を良くしようと思って転職をしているのですから、焦らずに大事なポイントを押さえブラック企業に入れないようにしましょう。
ブラック企業で働いている人間はなぜ辞めないのか?過労死寸前まで行っているのに辞めない理由について考える
転職を考える理由としては、ブラック企業で働いてきたからと言うのがあります。ブラック企業と分かっていながらも、なぜみんな何でも働くのか?
ブラック企業あるある|ブラック企業が求人の際に使う手口
ブラック企業あるある、ブラック企業は言葉巧みに求人情報を行います。ですので、そういった言葉に惑わされない様にする必要があります。
ブラック企業について|ハードワーク=ブラックは正しい解釈?
ブラック企業の定義とはどういったものでしょうか?ブラック企業についての考え方です。