スポンサードリンク

柔軟性や環境適応性が問われる面接での答え方

こんにちは。転職活動かんばっていますか?面接でよく聞かれるのが「仕事のやり方について説明してください」と言う様な質問です。

 

 

30代や40代の方であれば、色々な経験があり、長い間職務経験に沿った自分自身の仕事の進め方や、部下の使い方、プロジェクトのやり方など、若い人にはない経験値に基づいたものがあるはずです。

 

 

このような質問をするという本質的な意味は、仕事のやり方は新しい職場でも通用するのか?を知りたいからにほかありません。ちゃんと機能するのかどうか?という所を知りたいので、どのような方法で仕事をしているのか?という部分を採用人事は知りたいのです。

 

 

自分自身が働いてきた職場と、新しい職場では全く仕事のやり方が違ってくると言うことが普通にあるのが現状です。自分が当たり前と思っているような事を、新しい職場で果たして通用するのか?という事も普通にあるので、転職する側も、採用する側もその部分を知りたいのです。

 

 

例えば、外資系と日系の職場では全く仕事でやり方が変わってきます。日系の職場の方は紙のやりとりが多く、色々な部分で慎重さが問われる為、外資系で働いていた方が非常に伴うでしょうし、逆に日系の職場から外資系に行った場合も戸惑うでしょう。

 

 

採用人事というのは、このような部分をあらかじめしている為、仕事のやり方について尋ねて、本当に順応性があるのかどうか?を知りたいわけです。働きながら考えるタイプなのか?それとも考えながら動くのか?と言う性質的な部分によって変わると思いますが、やはり新しい会社に対して順応性があるのかどうか?が重要になってきます。

 

 

応募先の企業、転職先の会社が、動きながら考える人材を求めているのか?それとも、考えながら動く人材を求めているのか?という部分を判断出来ることが先決ですし、それに合わせた回答をするべきです。

 

 

どちらの人材を求める社風なのか?という部分をしっかりと管理しながら的確に回答する必要があります。

 

 

自分の仕事のやり方や、取り組み方の姿勢が、そのまま転職先の企業で活かす事が出来れば全く問題ありません。しかし、業種や勤務先が変わることによって必要となる、それぞれの職場での柔軟性や、会社に合わせた環境適応性が足りない場合、30代や40代の人材であればなおさら合格する事は難しくなってきます。

 

 

採用人事が、「この人は柔軟性や環境の適用能力が全くないな…頭デッカチで応用が利かないな…」と思うような面接の受け答えであれば、採用されることは難しいでしょう。

 

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

 

どのような回答が面接ではベストなのか?

 

それでは、仕事のやり方について問われた時、どのような答えが相手の求めているモノなのでしょうか?

 

 

採用人事には、自分が柔軟性がある人材であると言う事をアピールする必要があります。ですので、今まで自分自身が養ってきた仕事の進め方をしっかりとアピールしながら、これに加えて、30代や40代の人材の懸念材料である「柔軟性や適用性があるのかどうか?」という部分の懸念を払拭させるような回答をする必要があります。

 

 

色々な部分でグローバル化が進んでいる為、30代や40代の方が頭デッカチで色々な部分に改革が出来ないようでは、それは転職先でもネックになる人材になる可能性があるのです。

 

 

自分自身が色々なものにトライして、新しい職場でもしっかりと対応出来ると言うことをアピールする必要があります。

 

例えば、仕事をする上で自分自身が信条としているような事を伝える事も大事です。「プロである故、仕事では絶対に失敗をしないように心がけています」と言うような部分をアピールする事で、仕事に対してプロ意識があるという事を伝える事が出来ます。

 

 

そして、なぜこのようなプロ意識になったのか?前職でどのような経験をしたのか?という部分をしっかりと伝える事で、エビデンスに沿った絵に描いた餅ではない自分の心情を伝える事が出来るでしょう。

 

 

単純に失敗をしないというのは誰でも言えるような事です。しかしどのような方法で注意して「失敗しないように意識しているのか」という部分を面接で伝える事で、具体的な自分自身の仕事のやり方をアピールする事が出来ます。

 

 

仕事上で大事にしている事のエピソードも添えると効果が高くなります。例えば人間同士のつき合いなので、部下や上司とのコミュニケーションを意識して取っているとか、自分自身がどのような所に注意して仕事を勧めているのか?という部分は、30代や40代の人材にとって、会社を円滑に進めていく為には必要な能力となります。

 

 

大したことじゃないと思うかもしれませんが、職場の人間とコミニケーション能力を高めていく事は非常に重要なのです。職場を円滑に進める為に、どのような環境作りに取り組んでいるのか?自分がどのような部分を意識しているのか?という事をしっかりと伝える事が大事です。

 

 

当サイトが勧めている転職エージェント等のエージェントを利用する事で、自分をアピールする為の大事な所を知ることが出来ます。

 

 

このような部分を自分自身で探すことは難しいと思いますが、効果的に自分を売り込む為にもぜひ転職エージェントを使って効果的な転職活動をしてください。

 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 


 

関連ページ

エントリーシート(ES)の書き方や、考え方のコツなど
面接でよくあるエントリーシート(ES)での質問ですが、意識する所はどういった所でしょうか。
エントリーシートの書き方、矛盾をなくして自己PRをしっかりとする方法
エントリーシートと面接での答えが違う人が多いですが、それは致命的です。しっかりと自分のやりたい事をアピールすること。
エントリーシートで書いた事を話すべき?面接の自己PRについて
面接の際、自己表現する時、エントリーシートで書いたことをそのまま話してもいいでしょうか?
エントリーシート(ES)で海外留学など自己アピールする時のポイント
海外留学の経験を自己アピールとして伝える事は大事です。そういった自己アピールの書き方について。
エントリーシートは期間ギリギリまで粘ってOK!消印有効は当日OK
エントリーシートは期間ギリギリまで熟考しても大丈夫です。エントリーシートの締め切りをしっかりと確認して有利に進めましょう。
エントリーシートに自分の過去に夢中になったこと、打ち込んだことが思いつかない
部活、趣味など学生時代に1つや2つ打ち込んだ事がある人、ない人ではエントリーシートに書く内容が変わってきます。書くことが無い人の為はどういった事を書けばいいのでしょうか?
エントリーシートの書き方|禅問答の様な質問『自分を漢字一文字で』などの対処の仕方
最近、エントリーシートではトンチ形式の頭を使わせる、ひねっている様な質問があります。新卒社員などの場合、多くがパニックを起こします。
自分を大きく見せる為のエントリーシートの書き方|嘘でも大袈裟でもなく、上手く書く方法
エントリーシートなどの記入で、嘘でもなく、しっかりと自分の特徴を書くという事が大事です。経験が無くてもしっかりと作り上げる事でいいエントリーシート、注目されるエントリーシートがかけるようになります。
エントリーシートの『自分の長所と短所』の書き方|正直に書くべき?
エントリーシートの長所や短所。長所は勿論しっかりと書くべきでしょうが、短所というのはどの位書けばいいのか、、分からないと思います。
エントリーシートのアピールポイント|趣味や特技で好印象ゲット
エントリーシートの書き方によって、随分と印象が変わります。内定率がアップするエントリーシートの書き方はあるのでしょうか?
就職活動での自己表現、自己PRの書き方|内定を取りやすくする為には?
就活マニュアル通りにやるのではなく、独自の観点で就活を行う方が絶対にライバルに差を付けることが出来ます。
読みやすい資料やビジネスメールの為の文章力をつけるのはビジネスマンとして必要スキル|転職にも絶対有利なので覚えておくと便利
読みやすい資料やビジネスメールなどはしっかりとつくれるようにしておくと、転職や今の職場で有利に働く事が出来ます
雇う側の気持ちを汲み取った自己PR、書類作成について
どの様な人材を求めているのかを明確に知ることが、転職を上手く行っていくには必要です。
30代、40代だからこそしっかりと履歴書を作成する|履歴書の常識
履歴書自体を書くのが久しぶりという方も多いと思います。しかし、履歴書は面接にいくまで非常に大事な部分なのです。
履歴書の本人希望欄で権利ばかりを主張しない事
本人希望欄で権利ばかりを主張しない事が大事です。
企業指定のエントリーシートやキャリアシートの書き方について
自分だけの事例を書き込むことで、個性を打ち出すことが出来ますので、有効に使っていきましょう。
30代、40代の有効的な自己PR欄の書き方について
有効的な自己PRの書き方があるのをご存知でしょうか?30代、40代の方だからこそ出来る書き方があります。
30代、40代の自己表現。効果的な志望動機書の書き方
ビジネスプランやコミットメントをしっかりと書く事で、さらに訴求することが出来ます。志望動機書も有効な自己表現方法となります。
ビジネスマナーとして、添え状(カバーレター)の基本、やってはダメな事
ただでさえ読んでもらえない30代、40代の書類。添え状をしっかりと書く事は基本。応募書類を読んでもらう為の先導役が添え状となります。
応募書類の送り方について|30代、40代の転職で注意すべき所
以外に分かっていない書類の送り方。応募書類の送り方一つで常識を問われる。