スポンサードリンク

応募業務に合っている自己PRかどうか?

こんにちは。転職活動かんばっていますか?転職の際の面接において、「自分自身の自己PRを行ってください」という質問も鉄板中の鉄板となります。

 

  • あなたの強みは何ですか?
  • あなたの自分自身のセールスポイントはところでしょうか?

 

このような事を聞かれますが、これは結局自己PRというところで一致します。自分自身を転職先にアピールするには非常に重要なポイントになります。

 

 

自分自身を商品に例えた場合、転職活動というのは自分自身をいかに高値で判断してもらえるか?という所が大事で、自分自身という商品を売る為の営業活動になるわけですので、応募先の企業に、自分自身の魅力や、その自分の特性について的確に伝える事が最優先であり、一番大事な部分になります。

 

 

この質問をする事において、転職先の面接官は、転職希望者に対して自分自身をフリーでめいいっぱいアピールする時間を与えている訳ですので、ここの部分でどのくらいの時間を使えるのか?どのくらい濃い内容で相手に伝える事が出来るのかが重要になってきます。

 

 

この自己PRの使い方、自己PRの表現の仕方次第で、転職先に就職出来るかどうか?というのが決まってくるのです。

 

 

30代や40代の転職希望者が、この自己PRってとこの部分をアピールするのか?という事は非常に大事で、それは転職先がどのような人材を求めているのか?を知ることが最優先です。

 

 

大なり小なり、色々な人材を求めていると思いますが、結局自分の会社に対して即戦力として働く事が出来る人材なのかどうか?を知りたいわけです。

 

 

転職先の会社が、30代や40代の人材を雇いいれる事で

 

  • その会社にどのようなメリットがあるのか?
  • その人材はどのような貢献が出来るのか?
  • 若手とどのような部分が違っているのか?

 

というメリットが分かるかどうか?が大事ですし、そこの部分を最も採用人事は知りたいのです。今まで自分が前職で培ってきた職業の経験から、実際に転職先にもたらすメリットなどをしっかり具体性を持たせ、数字やエビデンスなどを多用しながら、実際に裏付け出来るように、採用人事が納得出来るように話すことがポイントになります。

 

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

明確に自己アピールをする方法

 

30代や40代の転職希望者の方であれば、前職で色々な経験やスキルを持っている方がほとんどったと思います。

 

 

しかし新しい会社に全く関係のないようなスキルや実績というのは、採用人事は知りたくもないし、別に知らなくてもいい事実となります。ですので、自分自身の自己PRの内容が、転職先の企業の方々の職種にマッチしているのか?このような部分を常に考えながら、面接官に話すことが大事です。

 

 

この求められている部分というのは、転職の求人情報にしっかりと書かれている事もありますし、逆に書かれていないケースもあります。

 

 

しかし相手が求める人材とは何か?を考えた場合、掲載がなくても、求人情報を精読すればどのような人材を求めているのか?というのは基本的に外れることがなくつかめるはずです。

 

 

つまりこの求める人材という部分を理解して、そこに合わせて自分自身を売り込む必要があるのです。これ以外の事を幾ら訴求したとしても、転職では全く有利にならない事を覚えておきましょう。

 

 

的外れな自己PRばかりをしていては、面接官が知りたいことは通って話すことはできません。

 

 

また、精神論的な部分や、余りにも抽象的な根性論の理論ばかりに徹して話してしまえば、結局相手が知りたいことを話すことも出来ませんし、自分自身が転職企業先に何を伝えたいのか?も分からなくなってきますし、自分自身が分からないという事は、転職先の採用面接官も「この人は一体何を伝えたいのか?」という所が分からなくなるのです。

 

 

ですので、まずしっかりと結論から伝え、そして色々な物的証拠などを並べながら、面接官にしっかりと伝わるように自己アピールを行ってください。

 

 

つまり自己PRをするというのは、まず自分のPRするポイントを先に述べ、そしてその理由やエピソードを伝えるようにするのです。そうすれば、面接官も訴求ポイントがハッキリとわかり、非常にわかりやすい自己PRになります。

 

どのような部分を自己PRするのか?

 

30代や40代の方であれば、転職先は即戦力として人材を求めている為、チームマネジメント能力などをしっかりと伝える事は非常に重要な役割であり、また非常に効果的な部分でもあります。

 

 

自分が前職でどのような具体的な制度を導入したのか?そしてそれをしっかりと運営出来たのか?またどのような成果が生まれたのか?成果の生まれる途中でどのような工夫をしたのか?などを明確に伝える事で、自分自身のマネジメント力を相手に伝える事が可能になります。

 

 

また応募条件を満たしていないケースもたまにあるかもしれません。その様な応募条件を満たしていないような場合でも、しっかりとフォローする事が大事です。応募条件で足りていない部分を、今までの経験年数を伝える事で、採用面接官に安心させることも出来ます。

 

 

また、新しい転職先で資格が当たり前になっているのであれば、現在それを持っていないことを素直に伝え、しかし必要性があることは十分知っていると言う事も伝えて、今しっかりと勉強をしている事をアピールするのも大事です。

 

 

自己PRというのは非常に重要な部分ではありますが、これが出来ていない方というのは非常に多いです。特に30代や40代の方であれば、自己PRが出来るかどうか?によって自分を売り込むことが出来るのか?が決まってきます。

 

 

もしも前職をやめることが出来ないまま転職活動をしている場合であれば、転職エージェントのエージェントを有効に使いながら、しっかりとこのような自己PRの部分をあぶり出すことが大事です。

 


 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

転職する際の面接での自分のアプローチの仕方、アピールの仕方
面接においては、アプローチが大事です。どういった感じでアプローチしていけばいいのか?しっかりと考えて戦略を立てること大事です。
面接に遅刻!!そんな場合でも内定はもらえる?遅刻した時の対処法
就職面談で遅刻した場合、絶対に駄目なのでしょうか?実は遅刻した際などのトラブルでも対処法が存在します。
30代、40代の転職面接テクニック|押さえるポイントについて
転職の際の面接で押さえるポイントを覚えておきましょう。しっかりと相手が聞きたいことを先回りしておくことが大事です。
30代、40代の転職では事前の徹底した面接対策が必須
採用試験というのは9割が面接で決まると言われています。事前のチェックが大事です。
30代、40代の転職の面接で職歴を聞く採用側の意図とは?
職歴の事実を知りたい採用側の本当の理由は?30代、40代の方を雇う本心を考えると答えが見える。
転職の面接で、過去の実績や成果を聞かれた時、社内表彰が無くてもアピールする
転職面接において、過去の職歴で誇れる実績や成果を聞かれる事があると思います。誇れる実績がない場合でも大丈夫??
管理職経験がない場合の面接での応対の仕方|30代、40代の転職
30代、40代であれば、マネジメント能力を問われる事は普通です。もしマネジメント経験がない場合、面接でどういった感じで答える事がいいでしょうか?
転職面接「なぜ弊社を志望されるのでしょうか?」と聞かれた場合
入社への思いを伝えることが大事です。その会社に入りたいという明確な理由をしっかりと伝える。
前職を退職した理由|ベストな返し方について
前職を退職した理由を明確に答える事が出来るのか?この部分が大事です。悪口や批評は絶対にNGです。
30代、40代において、前職を短期間で辞めた場合の理由を面接で聞かれた時のベストな回答
退職理由を聞かれる際、短期間で辞めている時は更に突っ込まれて聞かれるケースが多いです。この時、どういった答えを相手が求めているのでしょうか?
転職面接で給料の希望はあるか?と聞かれた時の答え方
30代、40代の転職で、給料の希望を聞かれた時、どういった回答をすればいいのでしょうか?
他社の応募状況を転職面接で聞かれた時のベストな答え方
もし、転職面接の際、他社の応募状況を聞かれた場合、どういった答えをするのがいいのでしょうか?
転居をを伴った転勤は可能なのか?と転職面接で質問された時の回答
もし、転職先で、転勤が多い場合、どういった回答をすればいいのでしょうか?
会社の状態予想をされた場合、面接でどういった答えがベスト
面接の際、会社の予想を聞かれた場合、どういった答えをするのがベストなのでしょうか?
転職面接での質問、「あなたは弊社で何がしたいのですか?」の回答
転職面接の際に、質問される件で多いのが、弊社で何がしたいのか?という所です。具体的に30代、40代の転職希望者のベストの回答とは?
30代、40代の方の転職面接の質問「ストレスとの向き合い方は?」
ストレスとの向き合い方について聞かれた時、どういった事を答えるのがベストでしょうか?
過去の仕事でトラブルやミスがあった場合、経験をどういう風に伝えるか?
仕事のミスがあったとき、どういった対処をしたのか?どういった方法で回避したのか?を面接で述べる方法について。
転職面接で「仕事上の人間関係のトラブルは?」と聞かれた時の回答
面接で仕事で人間関係に困った事があるか?と聞かれた場合の回答について。
面接で転職の為に努力している事を伝える方法は?
面接で転職の為にどういった努力をしているのか?を伝える事は大事です。
転職面接で「長所と短所を教えて下さい」と聞かれた時の答え方
転職面接でよく聞かれる質問です。どういった回答がベストでしょうか?
転職面接で「いつから働けますか?」と聞かれた時の返答
入社のタイミングは非常に重要です。入社タイミングがずれて働けないケースもあるので注意して下さい。
転職面接でプライベートな質問を聞かれた時の答え方
転職面接等で、プライベートな質問を聞かれる事もありますが、どういった返事がベストなのか?
面接で転職先の業界予想を聞かれた時の回答はどうすればいい?
業界がこれからどうなっていくのか?という事を面接で聞かれた時、どういった回答をすればいいでしょうか?
転職面接で、病気や持病の事を聞かれた場合の答え方
転職面接で、現在の病気等について質問されるケースもあります。どういった回答をするのがいいでしょうか?
転職面接対策|質問で両親の介護に聞かれた時の回答について
転職面接で両親の介護について質問をされた場合の回答例について。
転職回数が多い理由を面接で聞かれた時のベストな回答は?
転職回数が極端に多い場合、マイナスイメージがつくかもしれません。
転職面接対策|ブランク期間が長い場合の説明や回答の仕方
ブランク期間が長い場合、どういった説明や回答をすればいいでしょうか?転職と転職のブランクが長い方はしっかりと意識するポイントです。
転職面接で前職の給与、そして希望の給与を聞かれた時の回答方法
前職でもらっていた給料の金額を聞かれる意味は?また、給料の希望額はドコまで本当に伝えればいいのでしょうか?