スポンサードリンク

管理職経験がない場合の面接の答え方について

こんにちは。転職活動かんばっていますか?30代や40代の方であれば、転職先で必ず求められる人材として、マネージャー候補、つまり管理職経験があるかないか?という部分がありますし、若手に勝つ部分としてマネージメント管理というのは非常に重要な経験となります。

 

 

とは言っても、色々な業種や、色々な職種、また会社の人数的な部分の規模においても、管理職に就くというのはスピード自体が全く変わってきます。またマネージメント管理の責任範疇という部分においても、各企業においてそれぞれ変わってくる為、一概に管理職というのがマネジメント能力と直結しているとは限らないです。

 

 

実際、組織上の管理職に就いているからと言って、どのようなマネージメントをその会社で実践していたのか?単純に人数が少ないだけで管理職になったのか?というような部分が全く不明瞭になります。

 

 

ですので、マネジメント経験と聞かれた場合、前職で具体的な取り組みや実績も含めて、どのような中身を経験してきたのか?という所が重要なのです。その様な部分を面接ではしっかりと聞きたいわけです。

 

 

だからこそ、具体的な取り組みや実績、年齢にみあったマネジメント経験があるのか?という所を面接で答えることが出来なければ、30代や40代の方であれば転職活動は厳しいと思われます。

 

 

前職でマネジメントをやってきたと言うような場合であっても、本当に自分の会社で役に立つのか?という所を採用は見極めていたいのです。

 

 

マネジメントと一言で言っても、放任主義もありますし、徹底した統率をするという方法もあります。色々な会社のマネジメントが違う為、そこの会社のマネジメント方法で覚えた場合、果たして転職先で使うことが出来るのか?という部分が重要なポイントになります。

 

 

つまりそれぞれ置かれている状況が異なっており、マネジメントというのは一概に正解のない世界ですので、前職でどのようなマネジメント経験があったのか?自分が前職でやってきた具体的なマネジメントのやり方について、自信を持って面接採用官に伝える必要があることを覚えておきましょう。

 

 

自分のやり方を勧めていく中で、どこがよかったのか?どのような部分が効果があって作業がはかどったのか?と言う様なところをしっかりと事例を添えて説明出来ることが出来れば非常に効果的になります。

 

 

単純に年功序列で管理職に昇格したと言うようなケースもあります。このような管理職というのはお飾りに過ぎず、本当の意味でマネジメントというのは出来ていないと言うことになるという判断がされます。

 

 

高校卒や、第2新卒の方であれば、2年間正社員として働く事が出来れば、店長昇格というようなケースにもなりますし、大手の飲食店のチェーン店であれば、バイトリーダーからそのまま管理職になるケースもあります。

 

 

ブラック企業の飲食店の場合、店長というのは名ばかりで、単純に色々な場所に回されるような役割になる可能性もある為、本当に権利を持ってマネジメント出来ているのか?その能力はあるのか?という部分が転職活動では重要になってくるのです。

 

 

大企業であれば逆で、40歳を過ぎても管理職にさえなれないケースもあるのですが、それぞれの部署でマネジメントをやっていれば十分に実力はあるといえるでしょう。

 

 

つまり必ずしも管理職=マネジメント能力とは限らないという部分を面接官もしていると言う事です。非公式なものであったとしても、面接官が納得するような部分があるのであれば、立派にマネジメント能力が備わっていると判断されますので、このようなエピソードがある場合はしっかりとアピールする必要があります。

 

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

管理職経験がある40代の場合

 

管理職経験がある場合であれば、具体的に管理職としての職位と、在籍期間がどのくらいだったのか?を明確にする事で、前職でのマネジメント能力をしっかりとアピールする事が出来ます。

 

 

名ばかりの管理職という部分ではなく、具体的な自分自身の工夫の業務内容や、マネジメントスタイルをしっかりと話すことでリアリティのある回答が出来、面接官が納得する答えを伝える事が出来るでしょう。

 

管理職経験がない40代の転職の場合

 

実際の管理職をもらっていないという部分でデメリットに感じることがあるかもしれませんが、その部分はしっかりと公式な管理職経験がないと言う事をアピールする事が大事です。

 

 

そこでインフォーマルなマネジメント経験の事例があるのであれば、それを明確に伝えることで、面接官が納得するような答えを出すことが可能です。

 

 

30代や40代の転職希望者の方であれば、何らかの経験は絶対にあるはずですので、「ないです」で終わるのではなく、しっかりと過去の自分のPRをする事が大事です。

 

 

しっかりとアピールする事を忘れずにする事で、さらに今後の必要性を自分自身で自覚している事、そして意欲を伝える事で経験のなさをフォローするという部分をしっかりとアピールする事が出来ます。

 


今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

当サイト一押しの転職エージェントDODAについて


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス


DODAは全国各地に拠点を持つ転職エージェントの大企業で、非公開求人を驚くほどたくさん用意しており、給料やボーナス、年収や好待遇の企業の求人情報が集まっているというのが特徴ではないでしょうか。



それにより、待遇が良い転職先を調査することを希望するならうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。



大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇が良い働き口が当たり前で、加えて転職エージェントのサポート体制も書類作成は勿論の事転職の際の面接における受け答えに至るまでていねいに取り組んでくれます



加えて、転職先は前もって転職エージェントがチェックをやっている為に、離職率の目立つ企業とか労働環境に問題の考えられる企業、いわゆるブラック企業の求人情報に引っかかる危険性もないと言えます。



就職活動は心配になる事が多いと思いますし、右も左も把握していない状況の場合は、どう行動して良いかわからないもの。



安心できる転職エージェントに登録しておけば、担当である転職エージェントにいろいろとカウンセリングは勿論の事質問ができますから、メンタル的にもグッと気軽になるに違いありません。



また、非公開求人については優良求人が数多くありますので、DODAを活用する事で思わぬ転職先と出会える可能性も高くなります。


転職エージェントDODAの登録方法について


DODAに登録して使う際、公式WEBページから『登録する』を押した後、基本情報を入力していきます。



その後、直近の職務経歴を記載するのですが、前職の職歴を登録します。



業種・職種・年収の欄は、だいたいで構いません。



最後の欄に掲載されている『自由記入欄』の部分には、連絡出来る曜日・時間帯等についても書いておきましょう。



登録完了後、担当であるエージェントから電話orメールなどで連絡が入り、面談の日程を調整してサポートをしてもらうコトが可能となります。


転職サイトDODAで求人探し


:転職ならDODAエージェントサービス

関連ページ

転職する際の面接での自分のアプローチの仕方、アピールの仕方
面接においては、アプローチが大事です。どういった感じでアプローチしていけばいいのか?しっかりと考えて戦略を立てること大事です。
面接に遅刻!!そんな場合でも内定はもらえる?遅刻した時の対処法
就職面談で遅刻した場合、絶対に駄目なのでしょうか?実は遅刻した際などのトラブルでも対処法が存在します。
30代、40代の転職面接テクニック|押さえるポイントについて
転職の際の面接で押さえるポイントを覚えておきましょう。しっかりと相手が聞きたいことを先回りしておくことが大事です。
30代、40代の転職では事前の徹底した面接対策が必須
採用試験というのは9割が面接で決まると言われています。事前のチェックが大事です。
30代、40代の転職の面接で職歴を聞く採用側の意図とは?
職歴の事実を知りたい採用側の本当の理由は?30代、40代の方を雇う本心を考えると答えが見える。
転職の面接で、過去の実績や成果を聞かれた時、社内表彰が無くてもアピールする
転職面接において、過去の職歴で誇れる実績や成果を聞かれる事があると思います。誇れる実績がない場合でも大丈夫??
転職面接「なぜ弊社を志望されるのでしょうか?」と聞かれた場合
入社への思いを伝えることが大事です。その会社に入りたいという明確な理由をしっかりと伝える。
前職を退職した理由|ベストな返し方について
前職を退職した理由を明確に答える事が出来るのか?この部分が大事です。悪口や批評は絶対にNGです。
30代、40代において、前職を短期間で辞めた場合の理由を面接で聞かれた時のベストな回答
退職理由を聞かれる際、短期間で辞めている時は更に突っ込まれて聞かれるケースが多いです。この時、どういった答えを相手が求めているのでしょうか?
30代、40代の方が自己PRをする時、どういった事をアピールするべき?
応募の業務に対しての自分の貢献度があるのかどうか?について考えることが大事です。自己PRは大事ですが、ピントがズレると意味が全くありません。
転職面接で給料の希望はあるか?と聞かれた時の答え方
30代、40代の転職で、給料の希望を聞かれた時、どういった回答をすればいいのでしょうか?
他社の応募状況を転職面接で聞かれた時のベストな答え方
もし、転職面接の際、他社の応募状況を聞かれた場合、どういった答えをするのがいいのでしょうか?
転居をを伴った転勤は可能なのか?と転職面接で質問された時の回答
もし、転職先で、転勤が多い場合、どういった回答をすればいいのでしょうか?
会社の状態予想をされた場合、面接でどういった答えがベスト
面接の際、会社の予想を聞かれた場合、どういった答えをするのがベストなのでしょうか?
転職面接での質問、「あなたは弊社で何がしたいのですか?」の回答
転職面接の際に、質問される件で多いのが、弊社で何がしたいのか?という所です。具体的に30代、40代の転職希望者のベストの回答とは?
30代、40代の方の転職面接の質問「ストレスとの向き合い方は?」
ストレスとの向き合い方について聞かれた時、どういった事を答えるのがベストでしょうか?
過去の仕事でトラブルやミスがあった場合、経験をどういう風に伝えるか?
仕事のミスがあったとき、どういった対処をしたのか?どういった方法で回避したのか?を面接で述べる方法について。
転職面接で「仕事上の人間関係のトラブルは?」と聞かれた時の回答
面接で仕事で人間関係に困った事があるか?と聞かれた場合の回答について。
面接で転職の為に努力している事を伝える方法は?
面接で転職の為にどういった努力をしているのか?を伝える事は大事です。
転職面接で「長所と短所を教えて下さい」と聞かれた時の答え方
転職面接でよく聞かれる質問です。どういった回答がベストでしょうか?
転職面接で「いつから働けますか?」と聞かれた時の返答
入社のタイミングは非常に重要です。入社タイミングがずれて働けないケースもあるので注意して下さい。
転職面接でプライベートな質問を聞かれた時の答え方
転職面接等で、プライベートな質問を聞かれる事もありますが、どういった返事がベストなのか?
面接で転職先の業界予想を聞かれた時の回答はどうすればいい?
業界がこれからどうなっていくのか?という事を面接で聞かれた時、どういった回答をすればいいでしょうか?
転職面接で、病気や持病の事を聞かれた場合の答え方
転職面接で、現在の病気等について質問されるケースもあります。どういった回答をするのがいいでしょうか?
転職面接対策|質問で両親の介護に聞かれた時の回答について
転職面接で両親の介護について質問をされた場合の回答例について。
転職回数が多い理由を面接で聞かれた時のベストな回答は?
転職回数が極端に多い場合、マイナスイメージがつくかもしれません。
転職面接対策|ブランク期間が長い場合の説明や回答の仕方
ブランク期間が長い場合、どういった説明や回答をすればいいでしょうか?転職と転職のブランクが長い方はしっかりと意識するポイントです。
転職面接で前職の給与、そして希望の給与を聞かれた時の回答方法
前職でもらっていた給料の金額を聞かれる意味は?また、給料の希望額はドコまで本当に伝えればいいのでしょうか?