スポンサードリンク

30代、40代の転職希望者の職歴は事実が知りたいワケではない

こんにちは。転職活動かんばっていますか?30代や40代の方であれば、転職活動をするにおいて、色々な「聞かれて欲しくない事」というのもあるのは当然でしょう。

 

 

その中で最も言われて欲しくないものとして、過去の職歴についてがあるのではないでしょうか?年齢の割に何度も転職を繰り返してきている方というのもこの年代では多いと思いますので、そこの部分はできるだけない事にしたいと思っていても当然だと思います。

 

 

しかし、30代や40代の人材を雇うという事は、採用人事側としてはリスクが多いことであり、転職者が聞かれたくない事からまず聞いてくる可能性が高いのです。ですので採用面接の際に、聞かれて欲しくない事を聞かれた為、答えに詰まり不合格になるケースが非常に多いわけです。

 

 

転職企業側の採用人事としては、新卒や第2新卒の人材と違い、キャリア実績が十分な30代や40代の人材ですので、

 

  • 過去どのような業種や職種に就いたのか?
  • そこでどのようなスキルを身につけたのか?
  • その経験値や、仕事上のスキルは転職先でどの様に役に立つのか?

 

このような部分を聞いてくるのはほとんどです。事前に職業履歴(職歴)で概要をチェックしている為、質問するポイントというのもしっかりと面接官は把握しているのです。

 

 

過去の職歴を履歴書などでチェックして、その内容に対して、本当なのかどうか?曖昧な部分はないのか?という事を書類では分からない部分として聞き出そうとします。また履歴書に書いていないところで、聞き出せる有益な情報というのはないのか?と言う様なところも聞きたいわけです。

 

 

転職希望をしている応募者本人から、しっかりと説明されることを求めているのです。

 

 

基本的な部分として当たり前の事ですが、転職崎の求人条件に、しっかりと自分の経験やスキルがマッチしている事をアピールするのは大事な部分です。

 

 

自分のキャリアの一番輝かしいところを、面接で一番に話したいと思っていても、その企業がそのスキルや実績を求めていないようなケースもありますので、全く意味がないと言うよりも、逆にマイナス効果になるケースもあります。

 

 

そこの空気感も非常に大事であり、転職企業が求めている事に関連しないことは、面接においてもさらっと流しておく必要があることを覚えておきましょう。

 

 

30代や40代の転職希望者がよくしてしまうミスとして、聞かれてもいないこと、転職先で全く役に立たない事を延々と長く説明することがあります。

 

 

転職回数が多い人であればあるほど、過去に働いてきた会社ごとの業務の内容について、詳細に述べることが転職回数が多いデメリットを潰すと思っているケースも多く、結果的に的外れな回答になったり、必要とされていないような情報を延々と話して、結果的に面接の時間が終わってしまうというケースも多いです。

 

 

これでは、本当に転職先で求められている事を述べることが出来ず、自分のスキルを訴求する事もなく終わってしまうことがほとんどであり、関係のない所は思いっきり削ることで、訴求したい部分をコンパクトにまとめることが出来ます。

 

 

一般的に転職の際の面接で、一つの質問に対して回答する時間のボリューム的なものは1分程度が妥当といえます。今までの職歴を語る部分ですので、1分以上かかっていいかもしれませんが、しっかりとねえ明確に説明する事が大事です。

 

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

事実だけを伝えるではなく、しっかりと相手に合わせた回答が大事

 

例えば経理の経験が、過去の職業履歴(職歴)の中で一番長いとしても、新しい転職先では全く違う職種に行く場合であれば、経理の経験や、過去の経理の実績というのは軽く流す程度で構いません。

 

 

新しい転職先で、どのような部分が必要とされているのか?という事を考えた時、自分の前職のキャリアはしっかりと打ち出すべきなのか?或いはさらっと流すべきなのか?という所をしっかりと考えておく必要があるでしょう。

 

 

ここで経理の事をウダウダと長く話したとしても、転職先の職種とは全く関係がない為、採用人事も全く知りたくないケースになるわけです。全く知りたくない情報を延々と話していたのでは、面接時間はどんどん減っていく為、自分自身が転職先で最もいかせることが出来るだろうという職業履歴(職歴)を訴求することが大事になってきます。

 

 

新しい転職先の採用人事が、一体どのような情報を欲しいのか?どのような人材を求めているのかを知ることで、なぜ職業履歴(職歴)を聞いているのか?という部分がおぼろげに見えてくると思います。

 

 

その様な事が分からないのであれば、転職エージェントのエージェント等をしっかり打ち合わせをして、自分自身がどの職業履歴(職歴)に対して訴求すべきなのかをしっかりと考えておく必要があるでしょう。

 


今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

関連ページ

転職する際の面接での自分のアプローチの仕方、アピールの仕方
面接においては、アプローチが大事です。どういった感じでアプローチしていけばいいのか?しっかりと考えて戦略を立てること大事です。
面接に遅刻!!そんな場合でも内定はもらえる?遅刻した時の対処法
就職面談で遅刻した場合、絶対に駄目なのでしょうか?実は遅刻した際などのトラブルでも対処法が存在します。
30代、40代の転職面接テクニック|押さえるポイントについて
転職の際の面接で押さえるポイントを覚えておきましょう。しっかりと相手が聞きたいことを先回りしておくことが大事です。
30代、40代の転職では事前の徹底した面接対策が必須
採用試験というのは9割が面接で決まると言われています。事前のチェックが大事です。
転職の面接で、過去の実績や成果を聞かれた時、社内表彰が無くてもアピールする
転職面接において、過去の職歴で誇れる実績や成果を聞かれる事があると思います。誇れる実績がない場合でも大丈夫??
管理職経験がない場合の面接での応対の仕方|30代、40代の転職
30代、40代であれば、マネジメント能力を問われる事は普通です。もしマネジメント経験がない場合、面接でどういった感じで答える事がいいでしょうか?
転職面接「なぜ弊社を志望されるのでしょうか?」と聞かれた場合
入社への思いを伝えることが大事です。その会社に入りたいという明確な理由をしっかりと伝える。
前職を退職した理由|ベストな返し方について
前職を退職した理由を明確に答える事が出来るのか?この部分が大事です。悪口や批評は絶対にNGです。
30代、40代において、前職を短期間で辞めた場合の理由を面接で聞かれた時のベストな回答
退職理由を聞かれる際、短期間で辞めている時は更に突っ込まれて聞かれるケースが多いです。この時、どういった答えを相手が求めているのでしょうか?
30代、40代の方が自己PRをする時、どういった事をアピールするべき?
応募の業務に対しての自分の貢献度があるのかどうか?について考えることが大事です。自己PRは大事ですが、ピントがズレると意味が全くありません。
転職面接で給料の希望はあるか?と聞かれた時の答え方
30代、40代の転職で、給料の希望を聞かれた時、どういった回答をすればいいのでしょうか?
他社の応募状況を転職面接で聞かれた時のベストな答え方
もし、転職面接の際、他社の応募状況を聞かれた場合、どういった答えをするのがいいのでしょうか?
転居をを伴った転勤は可能なのか?と転職面接で質問された時の回答
もし、転職先で、転勤が多い場合、どういった回答をすればいいのでしょうか?
会社の状態予想をされた場合、面接でどういった答えがベスト
面接の際、会社の予想を聞かれた場合、どういった答えをするのがベストなのでしょうか?
転職面接での質問、「あなたは弊社で何がしたいのですか?」の回答
転職面接の際に、質問される件で多いのが、弊社で何がしたいのか?という所です。具体的に30代、40代の転職希望者のベストの回答とは?
30代、40代の方の転職面接の質問「ストレスとの向き合い方は?」
ストレスとの向き合い方について聞かれた時、どういった事を答えるのがベストでしょうか?
過去の仕事でトラブルやミスがあった場合、経験をどういう風に伝えるか?
仕事のミスがあったとき、どういった対処をしたのか?どういった方法で回避したのか?を面接で述べる方法について。
転職面接で「仕事上の人間関係のトラブルは?」と聞かれた時の回答
面接で仕事で人間関係に困った事があるか?と聞かれた場合の回答について。
面接で転職の為に努力している事を伝える方法は?
面接で転職の為にどういった努力をしているのか?を伝える事は大事です。
転職面接で「長所と短所を教えて下さい」と聞かれた時の答え方
転職面接でよく聞かれる質問です。どういった回答がベストでしょうか?
転職面接で「いつから働けますか?」と聞かれた時の返答
入社のタイミングは非常に重要です。入社タイミングがずれて働けないケースもあるので注意して下さい。
転職面接でプライベートな質問を聞かれた時の答え方
転職面接等で、プライベートな質問を聞かれる事もありますが、どういった返事がベストなのか?
面接で転職先の業界予想を聞かれた時の回答はどうすればいい?
業界がこれからどうなっていくのか?という事を面接で聞かれた時、どういった回答をすればいいでしょうか?
転職面接で、病気や持病の事を聞かれた場合の答え方
転職面接で、現在の病気等について質問されるケースもあります。どういった回答をするのがいいでしょうか?
転職面接対策|質問で両親の介護に聞かれた時の回答について
転職面接で両親の介護について質問をされた場合の回答例について。
転職回数が多い理由を面接で聞かれた時のベストな回答は?
転職回数が極端に多い場合、マイナスイメージがつくかもしれません。
転職面接対策|ブランク期間が長い場合の説明や回答の仕方
ブランク期間が長い場合、どういった説明や回答をすればいいでしょうか?転職と転職のブランクが長い方はしっかりと意識するポイントです。
転職面接で前職の給与、そして希望の給与を聞かれた時の回答方法
前職でもらっていた給料の金額を聞かれる意味は?また、給料の希望額はドコまで本当に伝えればいいのでしょうか?