スポンサードリンク

長くなるだけでは不十分、面接の際のテクニックなど

こんにちは、30代や40代の方の面接というのもポイントがあります。基本的に転職市場では不利な年代というのは間違いがない為、面接まで行くと言うのは非常に困難をきわめています。

 

 

しかしその部分を理解しながら、しっかりと職業履歴(職歴)などを書くことで、やっと転職先の企業との面接までこぎつけることが出来るのです。

 

 

しかし面接自体で失敗するケースも多く、転職市場において、現役でバリバリと言っているキャリア組の人材よりも、20代前半の若年層の方の方が面接力は上と言われています。

 

 

理由としては、就職活動と違い、面接に関する有益な情報などを入手出来ないという事も第1にあると思います。独自の情報で面接を受けた場合、基本的に失敗するケースが多く、落とされる原因が分からないまま何度も面接をする為、何も改善せずにどんどん面接の数だけが増えるというケースが多いわけです。

 

 

30代や40代の方が面接でやってしまう失敗として、話が長くて、結局何が言いたいのか要点が絞られていないがあります。過去の業務経験、社会経験が豊富な為.有利に転職をしようという気持ちから、話がどんどん長くなってまとまらないと言う様な部分が原因の一つとなります。

 

 

面接独自のコミニケーション術がある

 

通常の会話や、仕事上の会話の流れとは違い、面接には面接独特のコミニケーション術が必要であると考えられています。

 

 

面接に重要な部分として、プレップ法というものがあります。

 

  • 結論
  • 理由
  • それに関する例えの話
  • まとめ

 

 

これは結論から先に言う話し方となります。まず結論から話すというのがポイントなのです。通常の会話の中では、今日の天気や、一般的な部分から話す掴みと呼ばれるものが重宝されますが、基本的に面接では一切不要となります。

 

 

すべての質疑応答に対して転職面接の際はまず結論から先に話すという事を頭に入れておきましょう。質問に対して結論から話すことで、反応がいい人という事が面接官に伝わりますし、逆に面接官が聞きたいこともすぐに分かる為有利なのです。

 

 

面接に関して言えば通常の起承転結の話し方はダメと言うことが重要になります。

 

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

転職面接テクニック|イエス〜バット法が有利

 

30代や40代の面接になると、転職に不利になりそうな聞かれたくない質問に対する返答の仕方が分からず、結果的に口ごもってしまうというケースも多いです。

 

 

30代や40代というのは、年相応のキャリアもありますし、何かしらの失敗もあって当然です。通常この部分を触れられたくないというのは当たり前の事かもしれませんが、面接のときには避けて通れないという所も覚えておきましょう。

 

 

例えば

 

  • 転職回数があからさまに多い
  • リストラや解雇などのキャリア
  • 転職するまでの期間が長すぎる

 

このようなキャリア上のマイナス部分は、転職の際には面接官は必ず聞いてきますので、ネガティブな質問を事前にリストアップして、その回答を考えておくのが基本中の基本となります。

 

 

30代や40代の転職において、ネガティブな質問をどのくらいプラス方向に持っていくのかが合否を分けると言っても過言ではないのです。

 

 

そこでお勧めしたい面接の際の受け答えの方法として、営業などでよく使用されるYES〜BUT法という方法をお勧めします。これはどのような方法かといえば、

 

  • 「はい確かに」で相手の指摘をしっかりと受け取る
  • 「しかし」「ただ」と言う所で、自分の意見をしっかりと主張する

 

と言う様なやり方です。

 

 

例えば、

 

「○○という製品をメインで扱われた営業をされていましたが、弊社では△△という商品がメインになります。」と言う事を面接で言われるとした場合、通常であれば「そうですね」としか言い返すことが出来ず、面接では不利になるのは明らかです。

 

 

しかしYES〜BUT法を意識してこの部分を答えるとすれば、

 

「はい、確かにおっしゃるように私は○○製品しか経験がありません。でも、△△の製品にしても、○○の製品にしても、生産過程や品質管理、納期管理や在庫管理というものに関して言えば共通のものが多いと考えています。ですので、△△商品特有の部分については、入社後にしっかりと勉強し、知識を貪欲に吸収していきたいと考えています。ですので△△商品についての知識がないという部分は、自分的には十分に盛り返すことが出来ると言う事を考えています」

 

 

と言うふうな感じになり、自信を持って答えることが出来る為、採用人事を納得させることが出来る可能性も出てくるわけです。

 

 

ですので、ネガティブな質問で問われた場合に関して言えば、しっかりとYES〜BUT法て答えるようにしてください。基本的に言えば、採用人事側としても、あらかじめネガティブ要素を質問するように持って行っている傾向もある為、この質問を問われなければいいけど…と言う様な気持ちで転職に挑むよりも、YES〜BUT法をしっかり覚えて、ある程度先回りして答えを考えておくのがベストな方法になります。

 

 

質問の主旨を全く理解せず、相手が求めている情報を話すことも出来ず延々と自分の話を繰り返すだけの人も30代や40代の方には多いようですが、質問に対してしっかりと的確に答えることが出来れば、その部分で非常に有利に進めることが出来ます。

 

 

上記の面接の際の質問のテクニックというのは、30代や40代にとって必ず有利な方法になる為、絶対に覚えておくことが必要です。

 

 

また転職エージェントなどをしっかり利用して、エージェントに自分の有利な部分を探してもらって、面接の際に失敗しないようにするという事も大事な事です。

 


 

今よりも好条件の転職をしたいなら転職エージェントを利用しましょう

転職 理由

転職を効率よく実行するのであれば転職エージェントを利用することこそがベストだと考えられます。


転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

関連ページ

転職する際の面接での自分のアプローチの仕方、アピールの仕方
面接においては、アプローチが大事です。どういった感じでアプローチしていけばいいのか?しっかりと考えて戦略を立てること大事です。
面接に遅刻!!そんな場合でも内定はもらえる?遅刻した時の対処法
就職面談で遅刻した場合、絶対に駄目なのでしょうか?実は遅刻した際などのトラブルでも対処法が存在します。
30代、40代の転職では事前の徹底した面接対策が必須
採用試験というのは9割が面接で決まると言われています。事前のチェックが大事です。
30代、40代の転職の面接で職歴を聞く採用側の意図とは?
職歴の事実を知りたい採用側の本当の理由は?30代、40代の方を雇う本心を考えると答えが見える。
転職の面接で、過去の実績や成果を聞かれた時、社内表彰が無くてもアピールする
転職面接において、過去の職歴で誇れる実績や成果を聞かれる事があると思います。誇れる実績がない場合でも大丈夫??
管理職経験がない場合の面接での応対の仕方|30代、40代の転職
30代、40代であれば、マネジメント能力を問われる事は普通です。もしマネジメント経験がない場合、面接でどういった感じで答える事がいいでしょうか?
転職面接「なぜ弊社を志望されるのでしょうか?」と聞かれた場合
入社への思いを伝えることが大事です。その会社に入りたいという明確な理由をしっかりと伝える。
前職を退職した理由|ベストな返し方について
前職を退職した理由を明確に答える事が出来るのか?この部分が大事です。悪口や批評は絶対にNGです。
30代、40代において、前職を短期間で辞めた場合の理由を面接で聞かれた時のベストな回答
退職理由を聞かれる際、短期間で辞めている時は更に突っ込まれて聞かれるケースが多いです。この時、どういった答えを相手が求めているのでしょうか?
30代、40代の方が自己PRをする時、どういった事をアピールするべき?
応募の業務に対しての自分の貢献度があるのかどうか?について考えることが大事です。自己PRは大事ですが、ピントがズレると意味が全くありません。
転職面接で給料の希望はあるか?と聞かれた時の答え方
30代、40代の転職で、給料の希望を聞かれた時、どういった回答をすればいいのでしょうか?
他社の応募状況を転職面接で聞かれた時のベストな答え方
もし、転職面接の際、他社の応募状況を聞かれた場合、どういった答えをするのがいいのでしょうか?
転居をを伴った転勤は可能なのか?と転職面接で質問された時の回答
もし、転職先で、転勤が多い場合、どういった回答をすればいいのでしょうか?
会社の状態予想をされた場合、面接でどういった答えがベスト
面接の際、会社の予想を聞かれた場合、どういった答えをするのがベストなのでしょうか?
転職面接での質問、「あなたは弊社で何がしたいのですか?」の回答
転職面接の際に、質問される件で多いのが、弊社で何がしたいのか?という所です。具体的に30代、40代の転職希望者のベストの回答とは?
30代、40代の方の転職面接の質問「ストレスとの向き合い方は?」
ストレスとの向き合い方について聞かれた時、どういった事を答えるのがベストでしょうか?
過去の仕事でトラブルやミスがあった場合、経験をどういう風に伝えるか?
仕事のミスがあったとき、どういった対処をしたのか?どういった方法で回避したのか?を面接で述べる方法について。
転職面接で「仕事上の人間関係のトラブルは?」と聞かれた時の回答
面接で仕事で人間関係に困った事があるか?と聞かれた場合の回答について。
面接で転職の為に努力している事を伝える方法は?
面接で転職の為にどういった努力をしているのか?を伝える事は大事です。
転職面接で「長所と短所を教えて下さい」と聞かれた時の答え方
転職面接でよく聞かれる質問です。どういった回答がベストでしょうか?
転職面接で「いつから働けますか?」と聞かれた時の返答
入社のタイミングは非常に重要です。入社タイミングがずれて働けないケースもあるので注意して下さい。
転職面接でプライベートな質問を聞かれた時の答え方
転職面接等で、プライベートな質問を聞かれる事もありますが、どういった返事がベストなのか?
面接で転職先の業界予想を聞かれた時の回答はどうすればいい?
業界がこれからどうなっていくのか?という事を面接で聞かれた時、どういった回答をすればいいでしょうか?
転職面接で、病気や持病の事を聞かれた場合の答え方
転職面接で、現在の病気等について質問されるケースもあります。どういった回答をするのがいいでしょうか?
転職面接対策|質問で両親の介護に聞かれた時の回答について
転職面接で両親の介護について質問をされた場合の回答例について。
転職回数が多い理由を面接で聞かれた時のベストな回答は?
転職回数が極端に多い場合、マイナスイメージがつくかもしれません。
転職面接対策|ブランク期間が長い場合の説明や回答の仕方
ブランク期間が長い場合、どういった説明や回答をすればいいでしょうか?転職と転職のブランクが長い方はしっかりと意識するポイントです。
転職面接で前職の給与、そして希望の給与を聞かれた時の回答方法
前職でもらっていた給料の金額を聞かれる意味は?また、給料の希望額はドコまで本当に伝えればいいのでしょうか?