スポンサードリンク

コンサルタントに対する業界経験や専門性がある事が必須

こんにちは。転職活動かんばっていますか?コンサルタント業というのも最近は非常に注目されている職業となります。基本的には成果報酬だったり、どのような事をする事が出来るのか?という部分が大事になってきますが、基本的に会社の中身を俯瞰して見ているという部分において、内部の人間が手の届かないような部分を気づいてあげるのもコンサルタントの仕事となります。

 

 

同じ業務内にコンサルタントをする方がいたとしても、それはどうしても客観視しにくい部分が出てきますので、やはりコンサルタント業務という部分で独立している方が客観的にアドバイスを出来る為非常に求められる職業になります。

 

 

実際に、コンサルティング業務というものは、契約しているクライアントの企業先に対して、色々な指導やアドバイスをして報酬をもらうシステムでです。これはコンサルする部分に対しての知識や、その仕事をしていると言う様な経験がなければ、基本的にはアドバイスをしにくい部分であり、コンサルする領域の知識やスキルや経験がなければ転職自体は難しいです。

 

 

例えば、20代前半の出来る人間がコンサルタントをする事がある場合、例えその20代の方がすぐれたコンサルタントであったとしても、ジェネレーションギャップというものがあり、コンサルタントをアドバイスする役員や社長というのが、基本的には自分の父親と同じ年代というケースが多く、社長や経営者というのが素直に助言を受け止めてくれない、またクライアントに対して明確な意見を言うことが出来ないと言う様なデメリットがあります。

 

 

ですので、このクライアント業務という部分に関して言えば、年を重ねた30代や40代という人材がぴったりとハマる職種ということもいえます。しかし、30代や40代の方であれば、当然知識も必要であり、その年代に合っている過去のスキルや、今までのコンサルタントの経験が中途半端の場合であれば、基本的にはコンサルタント業務への転職は厳しいと思っていてもいいかもしれません。

 

 

30代や40代の方であれば、例えコンサルティングの経験が今までなかったとしたとしても、自分の得意とする教会、或いは特定の業界でしっかりと実務の経験を積む、という事が必須条件になります。

 

 

そして、その業界でしっかりと実務経験をこなした後に、そこの部分に対して十分に活かせる知識を持ち、コンサルタント業務に転職するというのが基本的な流れになります。

 

 

キャリアチェンジのコンサルティング職への転職もケースの場合であれば、コンサルファームが求めるスキルや、自分の経験に合わせたという形で、その業界での豊富な知識やスキル、またそこで培った高い専門性の知識、そしてこのような部分を応用してどのようなコンサルティングやアドバイスが出来るのか?という所をアピールするのが最も重要なポイントであり、逆にこのポイントを訴求出来なければコンサルティング業務への転職は非常に難しいと思います。

 

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

30代や40代の経験を活かし、コンサルティング業務をする

 

この業界経験や、知識を持ち、業界に対する高い専門性があるのであれば、30代や40代であっても、採用される可能性というのは非常に高くなり、転職市場でも求められる人材であるといえるでしょう。

 

 

さらに言えば、コンサルティングの業務に役立つ、自分の今までの過去の経験があるのであれば、職業履歴(職歴)の中で具体的にアピールをする事により、より自分を売り込むことが出来ると思います。

 

 

コンサルティング業務において保有資格の記載の部分で悩む方もいるかと思いますが、転職先の企業の業務に関係のあるもの、また難易度の高いものでない限りは評価をされることはないと言う事は覚えておく必要があるでしょう。

 

 

また一般的な職業と違い、コンサルティング業という職種の特性上として、学歴(出身大学)が重視される傾向があることも挙げておきます。

 

 

例えば某外資系の企業であれば、最終学歴が「○○大学卒まで」と言うように明確にハードルを与えているところもあります。その大学を卒業していなければ、転職では不採用にするという意味です。

 

 

コンサルタント業務においては、「今の時代学歴なんてあんまり関係ないし、どこの大学を出たのかと言うのは転職においてはあまり関係ないだろう…」という考えでは甘いと言うことを知っておいてください。

 

コンサル職に転職する場合、アピールするところはどのような所か?

 

コンサルというのは、クライアントにアドバイスや色々な指導をする立場となる為、その業種に高い専門性とスキルが求められます。

 

 

ですのでコンサルファームの求人内容をしっかりと把握して、そこにマッチ出来るかどうか?という部分をまず知ることが大事であり、そこに自分のマッチする強みをしっかりと具体的に書くことが大事です。

 

 

また広くて深い専門知識に加えて、その業界の企画や提案力、業務改善の為の方法などをアドバイス出来る力も求められます。さらに、コミニケーション能力や、プレゼンテーション力、さらに、お客さんと信頼関係も作る為のビジネススキルなどもしっかりと持つ必要があります。

 

 

また職業の特性をしっかりと知ることも大事です。この職業では勉強をしていると言うのは当たり前の事であり、業務に関連する書籍をどのくらい読んでいるのか?もう十分にアピールポイントになります。

 

 

その業界に関連するセミナーや、色々な研修の参加なども十分な訴求ポイントになる為しっかりと職業履歴(職歴)に書くと言うのも重要です。

 


面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
クリエイティブ職向けの職歴の書き方|30代、40代のベストな書き方
クリエイティブ職に転職したい人材は、どういった職歴を書き、どういった部分をアピールするといいのか?