スポンサードリンク

過去に作った作品があるのか?が重要

こんにちは。転職活動かんばっていますか?クリエイティブ職の転職を考えている方は、今まで作品を持っているのかどうか?が重要になります。

 

 

クリエイティブ職種の範囲というのは非常に広くて、自分自身がどのフィールドなのか?という所が明確にしていなければ、転職先の求人もわかりませんし、自分自身のメリットというところも訴求出来ません。

 

 

クリエイティブというのは非常にわかりづらい表現の一つですので、自分自身のスキルの部分と、転職先が求めている部分というのを明確にする必要があります。

 

 

実際の所、求人情報誌等においては、

 

  • 出版、印刷関連
  • 映像や音響、イベントや芸能関連
  • インターネット関連
  • ゲーム、マルチメディア関連
  • ファッション、インテリア、店舗、工業製品間で

 

このような感じでくくりを分けて、その中でのクリエイティブ職というのを求人にしています。

 

 

クリエイティブという便宜的な名目を説明するのは難しいのですが、自分自身で創造的な創作業務を行うという部分についてのクリエイティブとして考えることが重要です。

 

 

クリエイティブ職という部分を、言葉で端的に言えば、自分自身が今まで作った作品があるのかどうか?になります。つまり作品を生み出す実力を示すには、今まで自分自身がどのような製品を作ってきたのか?を相手に説明する事が一番の自分自身の売り込みになるわけです。

 

 

クリエイティブな求人応募があれば、職業履歴(職歴)と一緒に、自分の代表作品や作品集があればその様なものを一緒に送ることが一般的なアピールとなる為、もしも転職を予測する行動をとるのであれば、その様な作品をすぐに提出出来るようにしておくことが一番です。

【今よりも確実に収入アップ!】自分の実力を最大限に評価してもらう為には転職エージェントを使うのが転職者の常識です^^


↑↑当サイトオススメの転職エージェントです↑↑

 

ずっとクリエイティブ職で働いていた方であれば、30代や40代の年代であれば、過去の作品というのも沢山あるのではないでしょうか?このような部分を加味して、転職先の候補企業が求めている、転職者に対する人材像や感性、また方向性などがマッチするような作品をセレクトしたり、しっかりと準備していく事が重要なポイントになります。

 

 

自分自身の作品については、色々な特性があると思います。

 

 

例えば動画の場合であれば、相手に見てもらうのに1時間以上かかったりする事もあるかもしれません。ですのでしっかりとまずはどういった動画なのか?という部分で内容をしっかりと伝えるなどの工夫が必要になります。

 

 

動画を全部見てほしいと思っていると思いますが、そんな時間があるのか?と考えた場合、まずは自分の作品をみてもらう工夫をする必要があります。先品の素晴らしさを伝える為にどういったみやすさを工夫するのか?という事が大事です。

 

 

今までの作品がない場合であれば、いい作品を生み出せるチカラがあるのか?能力があるのか?という所をしっかりと伝える必要があります。

 

  • 美大を卒業した
  • 過去○○という所でクリエイティブな事を学んだ

 

という部分はかなりのウリになると思いますので、そういった部分は積極的にアピールする事が大事です。また著名クリエーターの元で修行した等の事もかなりのウリになるので、そういったアピールポイントがあるのかを探して転職活動で活かして下さい。

 

 

そして、自分の感性が転職先の企業とフィットするのか?というところが大事になります。クリエイティブ職というのは、業務評価が凄くシにくいし、定量化出来ませんし、数値化しにくい部分もあります。

 

 

ですので、その企業と自分が出来ること、自分が出来る部分が活かせるのか?という所をしっかりと確認して、ベクトルが合っているかどうか?という所を意識してください。


面接で失敗しない!webレジュメ、エントリーシート、履歴書の書き方で止まらない!転職エージェントを利用しましょう

転職 プライド 40代



30代、40代の方であれば、少しでも有利に転職しないと、ラストチャンスかもしれません。

  • 面接の「逆質問」で聞いて良い事が分からない
  • webレジュメを分かりやすく書けそうにない
  • 面接で失敗しない方法を知りたい
  • 面接で自分の訴求ポイントが分からない
  • 履歴書、エントリーシートの魅力的な書き方が分からない
  • 若い人と比べてもキャリアも魅力もない。
  • 履歴書やエントリーシートにアピールする方法が分からない。
  • アナログ人間なので、ネットを使った転職活動が出来そうじゃない。
  • しっかりと転職先を探したいが、今の仕事が忙しい、辞めることが出来ない。
  • 自分で探しているが、条件に合う所が全くない。

こういった方は、絶対に抑えておくべきサービスだと断言します。
転職エージェントは、無料で活用出来て、皆さん自身に合った良質な転職先を案内してくれるサービスとなります。


転職エージェントは求人情報を出している企業からギャランティを受け取っていますので、活用は無料です。


転職エージェントに登録を行うことで、書類作成は勿論の事就職面接ノウハウ、転職先の選び方に至るまで、転職のプロフェショナルから直接助言がいただける為に、転職に於いて成功できない確率を下げる事が可能になります。


しかも、転職エージェントは企業の内部実情に詳しく、具体的に言うと激務な企業や、離職率の高い企業と想定されているものは予め言及してもらえます。


よって、先に「残業時間が月10時間以下の仕事場を願望」など言っておけば、それに合致した働き口に絞って紹介していただけます。


転職経験の浅い人とかビギナー、未経験業種に対する転職に対しても全力でフォローしてくれる為に、あなた自身で転職活動を行うと比較してみてもグッと効率よく転職ができるような仕組みになっています。


転職に於いて失敗しないためにも、転職エージェントを活用するという考え方が最もベストな方法ではないでしょうか?


:

転職エージェント お勧め



 

 

例え転職する所で条件が良いと思っていても、その企業とのベクトルが合わないのであれば、採用されても続けることが出来ないと思いますので注意が必要です。

関連ページ

事務職の職務経歴書の書き方|差が付けにくい職種なので工夫する
事務職の職務経歴書の書き方は差が付けにくい職種なので工夫する必要があります。
営業職の方の職務経歴書の書き方は?
営業職の方の職務経歴書の書き方など、どういった部分を注意して書くべきでしょうか?
衣料販売店職務経歴書の書き方は?販売数字、店舗マネジメント、人材育成の3つが鍵
衣料販売店などへの転職の場合、人材も大事ですがマネージメント力等が求められている事が多いです。
技術職の職務経歴書の書き方|応募先求人の条件にマッチしていることを証明
技術職というのは30代、40代でも問題なくいい条件で転職出来る可能性が高いです。職務経歴書の書き方もしっかりと書いていきましょう。
法人向けの営業職の職歴のアピールポイントについて
法人向けの営業職に対するアピールポイントについて。どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?
個人向けの営業職の転職への職歴の書き方
個人に対する営業職の場合、どういった点に注意する必要があるのでしょうか?
ルート営業の職歴の書き方について|顧客との関係が一番
ルート営業の営業の転職の際の職歴の書き方について。どういったコツがあるのか?
店舗販売職の職歴の書き方について|30代、40代に求められるのはマネジメント能力
店舗販売向けの職歴を書く場合、マネジメント能力や店舗での販売数字をしっかりと書く事が大事。
一般事務への転職|職歴の書き方のポイントやドコを訴求するか?
一般事務は差が付きにくい、今の時代30代、40代の事務職への転職のアピールポイントについて。
営業事務職の転職、職歴の書き方、アピールポイント
営業事務職の転職で注意する所はどういった所でしょうか?アピールポイント等について。
人事職向けの職歴の書き方|30代、40代の転職のコツ
転職の際、30代、40代の方が理想とする人事職向けの職歴の書き方について。
経理職にむけた職歴の書き方|ポイントについて
30代や40代の経理職の効果的な書き方についてです。ポイント等はどういった部分でしょうか?
30代、40代の総務職向けに対する職歴の書き方
総務職にむけた職歴の書き方、30代、40代がアピールするべき所はドコなのか?
商品企画職へ転職したい方の職歴の書き方について
商品企画職へ転職したい方の場合、どういった部分を注意して職歴へ書くのが最善でしょうか?
マーケティング職向けの職歴の書き方のポイントについて
マーケティング職を希望する方がどういった部分を意識して職歴を書くのか?どういった部分を意識して取り組めばいいのか?
システムエンジニア(SE)の職歴の書き方|注意点等
システムエンジニアの職歴の書き方についてです。どういった部分を意識して書けばいいのでしょうか?
研究や開発職等へ転職したい方の職歴の書き方|30代、40代のアピールポイント
30代、40代の方であれば、どういった部分をアピールする事で有利に進めることが出来るのでしょうか?
コンサルタントへの転職、職歴の書き方について
コンサルタント業務についての転職の際、30代、40代のチェックすべき職歴の書き方について。